機動戦士ガンダム特集【メカ入門】

UPDATE:2013.6.28

モビルスーツの基本をはじめ、特徴や魅力を徹底紹介!これを読めばバトル映像も魅力倍増!


ガンダムとは何か?モビルスーツとは?今さら聞けないメカの基本。これを読めばバトル映像も魅力倍増!
  • 主役はモビルスーツだ
    「モビルスーツ」は『機動戦士ガンダム』に登場する人型兵器の総称。メカで強化された装甲服のイメージだから「スーツ」なのだ。モビルスーツは銃やバズーカ、ミサイルなどさまざまな兵器を手に持ち、戦士的な印象をもつ。リアルな歩兵戦、そのサイズを拡大した迫力が、そこに生まれている。モビルスーツは地上のみならず、宇宙や空中、水中などさまざまな舞台で活躍。以後、ガンダムシリーズではモビルスーツのデザインや戦いが、大きなみどころに発展していったのだ!
  • MS-09R リックドム
  • MS-06FZ 最終生産型ザクII
  • 初代ガンダムはこんなメカ!
    RX-78ガンダムは、地球連邦軍が開発した試作モビルスーツ。同時期に開発された機体よりも圧倒的な高性能をもつ。その設計思想は量産仕様のジムに受け継がれてジオン軍との戦いを勝利へ導いた。オリジナルのガンダムは大破したが、終戦後にその名は神格化。以後、ガンダムの名前は挑戦的でエポックメイキングな新型モビルスーツに贈られるようになる。歴代ガンダムはそれぞれ違った出自を背負って登場。そこにも注目して、ドラマを深く楽しんでみよう!
  • RX-78 ガンダム
  • RGM-79 ジム
  • これさえ守ればガンダムになる?
    歴代ガンダムのデザインは、初代のRX-78から次の要素を受け継いでいる。(1)頭部にV字の意匠(主にアンテナ) (2)目は2つ (3)全身はトリコロール(白、赤、青)に黄色のポイント 規格外に見える「∀」でさえガンダムに見えるのは、この原則を守っているからだ。1作品にガンダムが大量に出る場合、色に関しては必ずしも守られていない機体もあるが、主役のガンダムは必ずこの3要素を備えている。
  • RX-178 ガンダム Mk-II
  • WD-M01 ターンエーガンダム
  • モノアイは量産機の象徴
    ガンダムに対抗する敵モビルスーツの代表はザク。量産兵器としての押し出しが強いメカだ。その最大の特徴はモノアイ(単眼)である。機能としてはメインカメラで、首を動かさずモノアイだけがレールで移動するなど、メカとしての表情をもつ人気メカだ。以後、敵側のモビルスーツではモノアイが伝統となっていく。「モノアイ=量産機」という発想には変身ヒーローものでいう「戦闘員」的な役割にも通じる。それは敵味方共通で、連邦軍がガンダムを量産したジムも同様なのだ。
  • RX-78 ガンダム
  • MS-06 ザクII
  • 兵器としての魅力はリアルさにあり!!
    かつてロボットアニメは「無敵のスーパーヒーロー」であった。だが『機動戦士ガンダム』ではモビルスーツを「戦争のための兵器」と規定。ビーム・ライフルの撃てる回数にも制限があり、頻繁に破損や故障もする。このリアルな考え方は、ガンダムシリーズ全体に影響している。その「戦記もの」的なリアルな兵器運用を発展させることで、ミリタリー色の強い外伝も生まれた。リアル、ヒーローとバランスを幅広く自在に取れるのが、ガンダムシリーズの魅力なのだ。
  • RX-79 陸戦型ガンダム
  • RX-78GP01 ゼフィランサス
  • 巨大化するメカ、モビルアーマー
    モビルスーツは基本的に「人型」をしているものを指す(例外もあり)。さまざまな用途に合わせてモビルスーツが発展・進化し、巨大化したものをモビルアーマー(MA)と呼ぶ。ことに一年戦争末期、追いつめられたジオン公国軍が逆転のさまざまな可能性を求めて開発したモビルアーマーには、ユニークな形状・性能をもつものが多い。変形するモビルスーツの場合、変形後を「モビルアーマー形態」と呼ぶ機体も多数存在している。
  • MZ-333 αアジール
  • RX-78GP03 デンドロビウム
  • 歴代受け継がれるライバル機のイメージ
    『ガンダム』の人気には、好敵手シャアの格好良さが大きく貢献している。その対比でガンダムとアムロが際だったとさえ言える。「赤い彗星」と異名をとったシャア専用のザクは、額にマークをつけボディは赤くペイントされた特別製。以後、シャア専用機は主に赤くペイントされ、『Z』では金色の百式に乗るなど「戦場で目立つカラーリング」が伝統となっていった。『W』におけるゼクスのガンダムエピオンの赤い色、『SEED』におけるアスラン機の赤味など、伝統は後のガンダムシリーズにも継承されている。
  • MS-06C シャア専用ザクII
  • OZ-13MS ガンダムエピオン
©創通・サンライズ ©創通・サンライズ・MBS
▲TOPへ戻る