2009年12月10日時点の情報です。

まだ見たことがない人でも大丈夫! 話題に乗り遅れるな!「ひぐらしのなく頃に」ってなに??

「なく頃に」シリーズ 第3弾 配信中! うみねこのなく頃に
本編の購入・視聴はこちら

惨殺の繰り返し、、、それはゲーム的なリセット現象? それとも・・・・・・?

TVシリーズ 第1期「ひぐらしのなく頃に」

TVシリーズ 第2期「ひぐらしのなく頃に解」

運命の果てにある最終章! 第3期シリーズにあたるOVA

OVAシリーズ「ひぐらしのなく頃に礼」

原作は有名なノベルゲーム
2002年夏、「コミックマーケット」竜騎士07という作家によって1本の同人PCゲームがリリースされた。それが『ひぐらしのなく頃に 鬼隠し編』である。美少女ゲームのようにほのぼのした世界を入り口としながら、一転して猟奇殺人の世界が展開する。このギャップの感覚が驚きだった。本作は通常のノベルゲームと違って選択肢が存在せず、ひたすら文字と音で恐怖を体験する。しかも、本作がブレイクするのは続編リリースが重なってからだった。新作がリリースされるたびに前の謎に関する恐ろしい真相が明らかになるが、かえって謎が深まる面もある。病みつきになったファンはネットで全貌の推理の意見交換を始めるが、それは「正解率1%」と言われるほどの難易度であった……。
惨劇の繰りかえし、それ自体が「謎」
アニメ版は、この複雑なエッセンスをそのままに映像ドラマとして再構成している。第1シーズン全26話は原作の発表順に「鬼隠し編(全4話)」「綿流し編(全4話)」「祟殺し編(全5話)」「暇潰し編(全2話)」「目明し編(全6話)」「罪滅し編(全5話)」の6編を取りあげている。このうち最初の4つは「出題編」と呼ばれ、雛見沢連続怪死事件が描かれている。ひとつの編が終わると、同じ設定・同じ季節から物語が再開するため、前の編で死んだ人間も最初から再登場し、微妙に違う物語が始まる。それはゲーム的なリセット現象? それとも……? この構成自体が「謎」なのだ。
連鎖する謎と手がかり 想像して推理する楽しみ
「目明し編」以後の原作は『ひぐらしのなく頃に 解』となり、いわゆる「解決編」である。たとえば「目明し編」では「綿流し編」で起きた事件を登場人物の視点を変えて語り直されるのだが……。「解決編」とはいえ、推理小説のように探偵が起きた事件を分かりやすく解説したりはしない。重要なのは、あちこちに散りばめられた断片的な情報。そこから全体像を想像するというアプローチで観てほしい。微妙な感情のすれ違いで、起きる出来事や殺される人間も変わっていく。しかし、登場人物たちの背負った宿命や性格、発生する感情は一貫している。巧妙なトリックによってすり替えられ、隠蔽された「本当の気持ち」。それを想像しながら感情移入したとき、あなたは人の心に潜む「真の恐怖」を、感動とともに体感するはずだ。

登場キャラクター

前原圭一(まえばら けいいち)
前原圭一(まえばら けいいち)
都会から雛見沢に越してきた少年。好奇心旺盛、行動派で4人の少女たちと「部活遊び」を楽しむ。だが、ささいなきっかけで繰りかえされる「惨劇」の「謎」に近づいていく……。
(CV:保志総一朗)
竜宮レナ(りゅうぐう れな)
竜宮レナ(りゅうぐう れな)
本名は「礼奈」。雛見沢出身で一時期村を離れていたが、圭一の一年前に戻ってきた。カワイイものを見つけると「お持ち帰りモード」に。「~かな、かな」というのが口癖。
(CV:中原麻衣)
園崎魅音(そのざき みおん)
園崎魅音(そのざき みおん)
圭一たちより年上のクラス委員長で面倒見のいい姉御肌。それもそのはず実家はヤクザで、雛見沢御三家をまとめる頭首の家だ。詩音(しおん)という一卵性双生児の妹がいる。
(CV:雪野五月)
北条沙都子(ほうじょう さとこ)
北条沙都子(ほうじょう さとこ)
年下のクラスメート。高飛車な「お嬢様言葉」の口調で部活ではトラップの名手とされている。ダム誘致派だった両親は死亡し、兄の悟史も失踪した後は梨花と2人ぐらし。
(CV:かないみか)
古手梨花(ふるで りか)
古手梨花(ふるで りか)
オヤシロさまを祀る古手神社の一人娘。落ちついた言動をする中で、ときおり他人をなでたりして、周囲を悶えさせる。だが突如、口調が変わって悟った言葉を発することも……。
(CV:田村ゆかり)
羽入(はにゅう)
羽入(はにゅう)
不思議な力をもつ少女。怪死事件、謎の中核を握っているのか……!?「ひぐらしのなく頃に 解」より登場。
(CV:堀江由衣)

基礎用語

雛見沢
雛見沢
自然豊かな寒村で、人口は2,000人未満。かつては鬼ヶ淵村と呼ばれていた。児童の通う分校の他、診療所や古手神社などがある。
綿流しの祭
綿流しの祭
雛見沢村の祭り。毎年6月後半の日曜日に行われ、古手神社の巫女によって布団の綿を取り出して川に流す。ただし、かつて「ワタ」には別の意味があったともいう……。
オヤシロさま
オヤシロさま
古手神社に祀られる守り神。かつて鬼ヶ淵沼の人喰い鬼を改心させたという。ただし、村の戒律を破った者には容赦なく「オヤシロさまの祟り」と呼ばれる神罰が下る。
ダム建設計画
ダム建設計画
ダム建設で雛見沢村を沈める計画が持ち上がったとき、村人たちは猛烈な反対運動をおこした。あまりにも過激であったため、「ダム戦争」とまで呼ばれている。
雛見沢連続怪死事件
雛見沢連続怪死事件
ダム計画中止直後の昭和54年から、毎年「綿流しの祭」の日に起きる原因不明の死亡事件。
1人の死体が発見され、もう1人が行方知れずとなる。失踪者は「鬼隠し」にあったと噂されている。
御三家
御三家
雛見沢の実権を握る公由家、園崎家、古手家の総称。公由家は村長をつとめるが、魅音の園崎家は暴力団を営み、実権を握っている。梨花の古手家は神社の家系だが、昭和56年の綿流しの日に父は死亡、母は行方不明となっている。
部活
部活
魅音がリーダーとなって放課後に行っているゲーム。内容はトランプ、カードゲームから水鉄砲によるサバイバルゲームまで多種多様。

ページTOPへ