動画が再生できない場合はこちら

フランダースの犬

12

0

0

1

1

1

パトラッシュ、とうとうぼくは見たんだ…ルーベンスの二枚の絵を…。

1870年頃のベルギー・フランダース地方でのこと。ネロはおじいさんと貧しいながらも幸せに暮らしていました。ある日、ネロは道端に捨てられていた犬のパトラッシュを見つけ、家に連れて帰り看病します。元気になったパトラッシュは牛乳運びの仕事を手伝ったり、いつもネロと一緒に過ごすようになりました。ところが、おじいさんが無理をして働いたために体を壊し、やがて亡くなってしまいます。それから次々と不幸な出来事が訪れます。ネロはパトラッシュと共に健気に立ち向かいますが…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(3件)

帳簿のくだりが気になる

パトラッシュとアントワープ聖母大聖堂にあるルーベンスの絵の前で亡くなるという有名なシーンはよく知られているところ。
原作は1872年で、ナポレオン戦争が終わり、産業革命で発展著しいヴィクトリア朝イギリス出身の作家が、いわゆる近代国家=国民国家に移り変わろうとするヨーロッパを舞台に書いた作品。
原作は青空文庫でも読めます。

また、コゼツが帳簿を持って登場するが、大陸式の複式簿記ならばその照合機能からすれば、第15話のようにある取引のページが無くなっても、たとえあれが元帳だとしても仕訳帳や日記帳に日々の取引の記録があるはずだから慌てなくてもいいはずなのに、よほどいい加減な記帳なのかと。
興味のある方は、『帳簿の世界史』という本を一読ください。
主に、ルネサンス期から産業革命とアメリカ大陸横断鉄道あたりまでの帳簿と会計から見た世界史なのだが、アントワープも登場するので取り上げてみました。

子供の視聴はお勧めできないかも

この作品がアニメ化されたり、今も語り継がれてる背景として
日本人特有の美徳(言い訳しない・欲を出さない)と共感できる部分が多いから…
という事が考えられますが、この物語は、少年ネロが命を失った後に
全ての誤解や汚名がはらされ、成功への可能性を得る…という、なんとも切ないラストを迎えます。
大人視点では、ある程度のカタルシスを得られますが、
ひたすらネロに感情移入し、視聴するだろう子供にとっては
「頑張っても報われない事もある」というシビアな教訓を植えつける可能性もあり
個人的に、子供には見せたくない作品だと感じました。
ただ、ここまでの悲劇は、現代の娯楽性重視のアニメ業界では真似する事が難しく
非常に珍しく貴重な作品であるとも言えます。

ネタバレあり

美徳や思いが現実と噛み合わないという悲劇

主人公は数々の美徳を持っていますが、貧しい境遇やコゼツの親心が読めず上手い具合に噛み合いません
それが52話にわたって祖父と犬の貧しくもささやかな幸せの暮らしの裏で、フラグが積み重なっていき悲劇を迎えます
主人公は悪くなく凄く可哀そうなのですが、もっとしっかりしないのが良くないとも思いモヤモヤさせられます
嗚呼……

ネタバレあり
キャラクター

ネロ

絵を書くことが大好きで、将来は画家になりたいと思っている優しい少年。幼い時に両親が亡くなりおじいさんと二人で暮らしている。アントワープの教会にあるルーベンスの絵を見たいが、絵を見るためのお金がない。

パトラッシュ

金物屋に酷使された挙句に捨てられた労働犬。ネロとおじいさんに命を助けられてからは、仕事も手伝い常に二人と共にいる。金物屋に連れて行かれるが、隙を見て逃げ出してネロのもとに戻って来る。とても利口な犬。

アロア

ネロの幼なじみで明るい女の子。何の不自由もなく育てられたせいか、ややわがままな所がある。パトラッシュとも仲が良く、ネロたちと遊ぶのが楽しみ。

ジェハンじいさん

ネロの唯一の肉親。村からアントワープまで牛乳を運ぶ仕事をしている。若い時の戦争で受けた傷や年のせいで体調が余り良くない。画家になりたいというネロの願いを何とかかなえてあげたいと思っている。

コゼツ

アロアのお父さん。風車を持つ、村一番のお金持ち。貧しいネロがアロアと仲良しなのが許せないでいる。

エリーナ

アロアのお母さん。ネロのことを自分の息子のように心配してくれる。

ジョルジュ

ネロの友達の兄弟。ポールが運河に落ちてしまったところをネロが必死で助け、ジョルジュは感謝と尊敬の念を抱くようになる。

ポール

ネロの友達の兄弟。ジョルジュが鍛冶屋に奉公することになり、寂しがるポールにネロはアヒルのクロを預ける。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:ウィーダ(ルイズ・ド・ラ・ラメー) / 音楽:渡辺岳夫 / 場面設定:坂井俊一 / キャラクターデザイン:森 康二 / 美術監督:伊藤主計 / 撮影監督:黒木敬七 / 録音監督:佐藤敏夫+浦上靖夫 / 色指定・検査:保田道世 / 動画チェック:前田英美 / プロデューサー:中島順三+松土隆二 / 演出 黒田昌郎: /

キャスト
ネロ:喜多道枝 / アロア:麻上洋子/桂 玲子 / ジェハンじいさん:及川広夫 / コゼツ:大木民夫 / エリーナ:中西妙子 / ジョルジュ:駒村クリ子 / ポール:菅谷政子 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}