動画が再生できない場合はこちら

アルプス物語・わたしのアンネット

17

0

0

1

1

2

試練を乗りこえ成長していく、
アンネットとルシエンの友情の物語

アルプスの山と牧草地に囲まれた小さな村・ロシニエールに住むアンネットとルシエンは幼なじみ。兄妹のように仲良しだった二人でしたが、ある日ルシエンは、些細なことがきっかけでダニーが飼っていたオコジョのクラウスを谷底に落としてしまいます。そして、クラウスを助けようとしたダニーも谷に落ちてしまい、その時のケガがもとで、ダニーは一生松葉杖が必要な体になってしまいます。アンネットは激しくルシエンを憎むようになり、ルシエンもまた、村から孤立していきます。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(4件)

苦節のアルプス

アルプスの少女ハイジの後釜のようなポジションのアルプスアニメじゃないかと思います
 
ただハイジのストーリーに感動した視聴層が求めたのはハイジと同じ朗らかな生命の賛歌のようなアニメだったのではないかと思うのですがこの作品には「苦境を受け入れてそれでも生きていかなければならない苦しさ」に満ちています
苦境をはねのけるために力をかしてくれる先人やカトリック的な志向に救われて本当によかった

ネタバレあり

憤怒の少女

うわさを聞いて視聴したのですが
アンネット、予想以上に激しかったです
ルシエンの胸倉をつかんで絶対に許さないと言って睨み
カモシカ、ペンダント、方舟と木彫りは悉く投げ捨て
極めつけは、馬の木彫り破壊時のもの凄い兇相ですが
しかし、兇相が斜め上に行って顔芸になったりしないのは
さすが世界名作劇場です。ストーリーも問題無しです

実はアンネットよりも
15話、ダニーの凶報に接しても
恐ろしさに震えたり悲しみで涙することもなく
静かに席に着き手を組み祈り待つ大叔母さんの
ガチのキリスト者ぶりの方が怖かったです
これが畏怖なのかなと思いました

ネタバレあり

もう二度とアンネットは、ぼくに向かって笑ってくれないと思っていた

今作のハイライトのひとつである14話「おそろしい出来事」がすごすぎる。おぞましいとさえ言える。無垢なもの同士が傷つけあう様に、気がつけば手が震えていた。ダニーが谷から落ちた後、恐ろしさの余り、その場から逃げ、隠れ、震え慄くルシエンの様子は、もはや筆舌しがたい圧力をもって、わたしの心臓を揺さぶった。
児童文学とは存外残酷なものだ。しかし、子どもであればこそ、そのあまりに残酷過ぎる現実を直視した上で、ちゃんと乗り越えて行けるのではないか?という希望のメッセージだとおもうのだ。
とはいえ、「~わたしのアンネット」は、物語があまり暗くなり過ぎないように、些細なエピソードをはさむなどして、家族で見られるアニメに仕上がっているから安心してほしい。
まるで雪が溶けるかのようにじっくりとその関係を修繕してゆくアンネットとルシエンの心模様から目が離せない。名作です。

深夜アニメも目じゃない残酷な展開

世界名作劇場の中では異色の罪と許しをテーマにした作品。人間同士の憎しみと悲しみがこれでもかとぶつかりあうハードなストーリーです。555やスクールデイズとかドロドロが好きなら騙されたと思って見ましょう。
あまりに重くて放送当時は人気サッパリだったとか。
あ、一応ほのぼのとした回もあるし最後は名作らしく泣けますよ。

ネタバレあり
キャラクター

アンネット・バルニエル

スイスのロシニエール村に住む、おてんばな女の子。ルシエンとは大の仲良し。感情の起伏が激しくて、人を憎むと思いがけない行動に出る。亡くなったお母さんの代わりとなって弟のダニーを一生懸命に育てている。

ダニエル・バルニエル

アンネットの弟。いつも目を輝かせている可愛らしい子供。産まれた直後にお母さんが亡くなってしまう。それ以来、アンネットと遠縁のおばあさんのクロードに育てられる。オコジョのクラウスを飼っている。

ピエール・バルニエル

アンネットとダニーのお父さん。農業と酪農を営んで暮らしている、とても優しいお父さん。アンネットとルシエンが仲直りすることを望んでいる。

クロード

ピエールの叔母さん。信心深く、神の愛をアンネットたちに教える。アンネットにもっとおしとやかにするようにと、自分の手鏡をあげた。

ルシエン・モレル

アンネットと幼なじみの男の子。いつもアンネットと一緒に仲良く遊んでいるが、時々ケンカすることもある。アンネットと比べると気の弱い面もある。木彫りが得意で、ペギンに教わり益々上達していく。

ペギン

森の中の小屋で暮している老人。若い頃に銀行の金を盗み刑務所に入れられ、家族を苦しめたことを悔いて刑務所から出た後も家族と別れて一人で暮している。木彫りの名手でルシエンに木彫りの楽しさを教えてくれた。

クラウス

ダニーのペットのオコジョ。クリスマスの朝、ダニーが玄関先に置いていたスリッパに入っていた。とてもイタズラ好き。オコジョは季節によって色が変わり、冬は白色だが春から秋にかけては茶色になる。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:パトリシア セント ジョン「雪のたから」 / 脚本:吉田憲二 / 音楽:広瀬量平 / 場面設定・キャラクターデザイン:竹松一生 / 作画監督:竹松一生+佐藤好春+前田英美 / 美術監督:阿部泰三郎 / プロデューサー:松土隆二 / 監督:楠葉宏三 / 主題歌OP「アンネットの青い空」歌:潘 恵子 / 主題歌ED「エーデルワイスの白い花」歌:潘 恵子 /

キャスト
アンネット・バルニエル:潘 恵子 / ダニエル・バルニエル:室井深雪 / ピエール・バルニエル:小林 修 / クロード:沼波輝枝 / ルシエン・モレル:山田栄子 / ペギン:巌 金四郎 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}