動画が再生できない場合はこちら

若草物語 ナンとジョー先生

21

0

0

0

4

1

ジョーの教えを通じて、
ナンをはじめとする多感な子供たちの成長を描く。

「愛の若草物語」から十数年後のお話しです。マーチ家の次女ジョーはベアとの結婚後、マーサおばさんからプラムフィールドの屋敷を受け継ぎ、“勉強と保護と愛情を必要とする少年たちの楽しく家庭的な学校”にしました。そこへ“おてんばナン”と呼ばれる活発な少女が訪れます。ナンはやって来るなり学校の少年たちとにぎやかな騒動を起こします。どうやらここは普通の学校とは違うようです…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(5件)

自分の痛さを知らされる作品

本作はベア夫妻の教育と生徒達の巣立ちの物語なのですが
ベア夫妻を見ていると、私は育児や教育の経験が無いまま中年になって
歳だけ重ねて法的に大人カテゴリーに属しているだけなのを痛感しました
痛い……
あと、わが国でゆとり教育が実施され頓挫しましたが
プラムフィールドのようなものを目指したのでしょうねぇ
うーん……

第34話、亡くなったブルック氏を皆が偲ぶシーンで
お金持ちでもなく、世間をあっと言わせるようなこともしなかった
ただいい人だったと評された時
ベア氏は、だからこそブルック氏のことを誇りに思うと言います
なんという、中庸の極み……
「ちょっとくらい、いいやん!!!!」(熊@森の○藤)的に
私の心の片隅で飼っていた虚栄心?全能感?に鉄槌でした

本作は私が拘る大人要素が満載の作品ですが、少し過剰気味な感じです
あと、私的に痛い内容だったので
本作のおすすめ度数はハート4つとしました

ネタバレあり

理想郷的学園ですね

こんな全寮制学校があったなら自分も入りたい。そんな素晴らしい環境と人々の集まり。若草物語の続編のようですが、なぜナンが主人公なんだろう。個人的にはナットメインで綴られた内容だったらもっと深みが出たように思ったら、ウィキで「ナンを主役級に昇格させる」というオリジナル要素でした。その要素は私の評価としてはナンの喧しく、ウザったいキャラクターのせいで♥を一つマイナスにするものでしかなかった。
リズが死亡していたことやローリーの家庭教師だったメグの旦那さんが心臓病で亡くなるなどの前作のアニメの登場人物も原作と添ってなかったとしても出して欲しかったところ。
最後に関係ないけどテディ可愛かった♥

あっ、

キ〇だ。〇キがいる。

なれるまでに時間を要したけど

『愛の若草物語』が好きだっただけに、続編となるこの作品が気になっていました。
今回が初見です。

前作からの声優さんが、引き続き担当されていることは、このうえなくありがたかったです。
声って重要

ですが序盤、作品にのめりこむまで時間がかかりました。
その原因は前作の主人公ジョーにあります。
いかに声が同じとはいえ、顔といい容姿にまるで面影がないためです。その作画は別人にしか見えません
そのため、愛の若草物語に思い入れが強い自分にとっては、しばらくきつかったです。

他の登場人物は、前作の面影がのこっているというのに、なんでジョーだけ顔が別人に・・・

しかしやはりこの作品はいい作品でした。
見てよかった、本当によかった。

☆が4つなのは、最終話のえがきかたで肩透かしをくらった感が強く、がっかりしたせいです。
後日談が短すぎるでしょう。

大人になってからの1話分が欲しかった。

ネタバレあり

大好き!!

子供の頃にリアルタイムで見ていて、大好きでした。正直物語の詳細のすべては覚えていませんでしたが、歌って不思議です。オープニング、エンディング両方ともイントロが始まった途端、歌詞が自然と出てきました。「愛の若草物語」からジョーが成長したと同じくらい自分も年齢を重ね、ナンの目線からではなくジョーの目線で見ることができました。愛すること、信じることの大切さ素晴らしさを再確認させられる、後世に残したい素晴らしい作品です。

ネタバレあり
キャラクター

ナン

本名アニー・ハーディング。皆から“お転婆ナン”と呼ばれる明るく活発で正義感の強い11歳の女の子。一度興味を覚えると、仲間の誰よりも優秀な成績を修める利口な少女でもある。

ジョー・ベア

夫と共にプラムフィールド学園を運営する。二人の子のロブ、テディも学校で育てている。個性豊かな子供たちと悪戦苦闘しながら、日々を楽しんでいる。自分の少女時代の面影をナンの中に見出す。

ダン・キーン

ナットの紹介でプラムフィールドにやって来た。ナットと同様に身寄りがなく、小さい頃から否応無しに自立することを強いられた孤独な少年。皆から無法者と恐れられたが、テディにだけは愛情あふれる態度を示す。

トミー・バングズ

学校一番の腕白小僧。だが、気質は憎まれるタイプではなく、むしろお人好し。ナンにちょっかいを出してはけんかをしているが、どうやらナンが好きなよう。

ナット・ブレイク

流しの辻音楽師だった父の死後、プラムフィールドにやって来た。音楽好きが長じて一流のバイオリニストになる。デーズィに好意を持っている。

デミ(ジョン)・ブルック

ジョーの姉であるメグの長男。生まれつき想像力が強く、物を深く考える性格である。本が好きで、プラムフィールドの小さな哲学者という趣がある。

デーズィ・ブルック

デミの双子の妹。母親に似て家庭的なことが好きな、愛らしく心優しい少女。双子の兄デミを崇拝していて、デミを世界で一番素晴しい少年だと思っていたが、ナットが来てからは…。

フリッツ・ベア

ジョーの夫。ドイツ出身。姉夫婦がなくなり、孤児となったフランツとエミルの兄弟を養うためにアメリカへ来て、そしてジョーと出会った。たまにお転婆を発揮する妻を暖かく見守る。

チップマック

ポリアンナの大親友のシマリス。ポリアンナと行動を共にし、ハリントン家に引き取られた時も一緒についていった。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:ルイザ メイ オルコット「第三若草物語」 / 脚本:島田 満 / 音楽:デビッド シービルズ / キャラクターデザイン:佐藤好春 / 作画監督:佐藤好春+鷲田敏弥+井上 鋭+田中 穣+松本 清 / 美術監督:川口正明 / プロデューサー:鈴木吉弘+中島順三 / 監督:楠葉宏三 / 主題歌OP「明日もお天気」歌:小坂明子 / 主題歌ED「青空のDing-Dong」歌:伊藤薫&森の木児童合唱団 /

キャスト
ナン:松倉羽鶴 / ジョー・ベア:山田栄子 / ダン・キーン:林 延年 / トミー・バングズ:高山みなみ / ナット・ブレイク:池上麻里子 / デミ(ジョン)・ブルック:山田恭子 / デーズィ・ブルック:荒木香恵 / フリッツ・ベア:秋元羊介 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}