動画が再生できない場合はこちら

ToHeart

68

0

0

0

2

12

新しい時の中で 少しずつ大人になっていく
そんな時間を あなたと過ごしたい

PS版ゲームを原作とするTVアニメーション。全13話の物語の中、季節は秋から冬へと変わっていく。この半年間の学生生活を見せてくれるヒロインの神岸あかりはごくごく普通の高校生。彼女が体験したこと、感じたことがそのまま映像で表現される。物語はありふれた日常の1コマかもしれない。だけど登場する魅力的なキャラクターたちが「普通」を素敵な“出来事”にしている。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(14件)

普通

本作品の導入部、私との相性は最悪でした。

直ぐに教科書を拾え!ノートを拾え!と

20年も前の作品なのですから、当たり前なのですが、
作画は古いですし、
初回、また中盤でも、
実世界で私が会わずに済んで来た性格の生徒達も登場してきます。

最低の作品、それが視聴開始後の感想でした。

にも拘らず、評価が高い。 


最後まで視聴した今、
その理由が解ります。

とてもとても丁寧に作られた作品です。
そして、きっと、主人公が好きになる。

確かに、
オカルト、能力、人型、さえも登場して来るのに、
全てを「普通」の温かな日常にしてしまう、
畏ろしい程の、主人公達の寛容さと、作風の丁寧さ!


成る程
HMXsと プラスティック・メモリーズやブレードランナー

他にも
あの動物役もこなす堀江由衣さん

最後の数話、制作に息切れが見られるのですが
協力に京アニの、、、


字数が全然足りません。

とても良い作品

手違いでRemember my Memoriesを先に視聴していました。
原作は未プレイなのでどの程度映像化できているのかは分かりませんが、一つの作品として13話で綺麗にまとまっていると思います。二期と比べると全体的に落ち着いている印象です。
しかし個人的に驚いたのは作画です。17年前の作品ですが今の作品と比べても全く引けをとらないように感じます。
エロゲ・ギャルゲ原作のアニメにたまに見られる謎のシリアス展開や超展開も無く、一話一話丁寧に作ったんだなぁというスタッフの心意気が感じられる良作品でした。

原作はPS版とあるが・・

言わずと知れたwin95版18禁ゲームで一世を風靡した作品。
このTVアニメ化自体も当時としては画期的だった。
作品の素晴らしさについては皆さん語っているとおりなので、どうでもよい事を記す。
・「剣風伝奇ベルセルク」の監督や作画監督が真逆のこの作品を作っていることに驚く。
・もう一人の幼なじみであるためこの構成では難しかったのか、レミィの当番回がないのが今も残念。
・当時放映されていた時のエンディング曲はSPYの「Access」だった。
・6話の理緒との待ち合わせ場所は宮前平駅だと一発で分かった。
・最終話のあかりの部屋でのやり取りがすたひろさんの同人漫画でかなり怖いことになっていた。
恋愛ゲーム原作の主人公としてはおそらくNO.1のイケメン主人公なのでストレスなく視聴できる
から最近の萌系作品では満足できない人にオススメ。

原作を改変して成功した稀有な名作

 主人公の浩之は「基本面倒くさがりだけど、面倒見はいい」という“気のいいあんちゃん”タイプ。幼なじみのあかりとの関係は大変落ち着いたもので、放送当時から「まるで熟年の夫婦みたいだ」と言われていた。
 この主人公のキャラ付けは、原作ゲームにはなかったもの(当時、アニメを見た原作ゲームのスタッフが「浩之はこんな性格に見えるのかな?」と驚いたくらい)だが、それを否定する声はほとんどなかったようにも思う。そのくらい、主人公が魅力的に描かれている。
 メイドロボなど一見設定はぶっ飛んでいても、物語は終始しっとりしているというギャップもまた魅力。今見るとさすがに一部設定や台詞回しに古臭さを感じる部分もあるけれど、同時に脚本とコンセプトは色あせないなとも感じる。「ハートフルな学園ラブコメ」の金字塔である原作ゲームの魅力を、丁寧に、この上なく引き出した名作。

いつまでも愛し続ける名作

淡々と話は展開されますが、なんだろう、このつくり手の愛情に満たされたやわらかい世界は。いわゆるドラマティックな展開がないのに、いじらしさとか思いやりとか、そういうものに触れてなぜか泣けてしまいます。是非、全話視聴してみてください。長く長く愛せる作品と、実感できると思います。

これが真の恋愛アニメ

何話観ても飽きないOPって初めてかもしれません。
キャラの設定もしっかりしていて、人間性も強いから、観ていてムカつくこともなく気持ちよく観れるアニメだと思います。
尚且つ、よくあるハーレム感はなく、主人公の人間性の良さで自然と友達が増えていくという流れがとても良いです。
ToHeart最高!!!

当時としては

エロゲ原作アニメとしては、当時としても奇跡の作品。
アニメに置ける多少の設定変更などはあるとしても、作画の安定感や演出など、良質ないい作品に仕上がってたと思う。
いま見てもそう見劣りするものではないので、未視聴なら是非。

これは、観なきゃ損

作画の高いクオリティーだけでも満足出来てしまう作品。
セル画の良さを凄まじく再認識しました。
ギャルゲーアニメやハーレムアニメに似つかわしくない粋な良主人公で、ヒロイン達が好意を寄せるのも納得してしまう。
五話のリレー競技、ひろゆきちゃんが登場する場面での演出は何度観ても素晴らしい。

ネタバレあり

いま見ても十分面白い

なんだかんだで後の恋愛ゲームに多大な影響を与えた作品な
だけあってキャラの魅力は未だに一線級。
最近の変に視聴者に媚びたアニメやゲームの萌キャラより余程
魅力的に感じます。

キャラクターに魅力がある作品

雰囲気的にはしっとりしていて、全体的に心が安らぐ様な物語です。
熱血でもなく、かといって捻くれ者でもない、一般人的な人物なのですが、
主人公が非常に魅力的に描かれています。

初めてやったギャルゲー

全体の雰囲気も主人公やヒロインの感じもやっぱこの位がイイナァ~、やっぱ当たり前だけど、今の作品とは何か違うなぁ~(^^;)

当時としては画期的

中学生日記(NHKの実写ドラマ)のような淡々としたつくりがベースの作品。
一話なんて「席替え」以外山場はないです、いや、あれが山場というほど盛り上がらない感じのフラットな話の展開は当時はない。
表現もアニメ的手法を極力排除した作品でしたような感じで例えば焦っている表現も「汗」を流す記号的表現でなく全部表情の変化など絵で表現しています
引きの場面で小さなキャラがちゃんと口パクしているしなんだかブレスも入ってる?など、アニメ的クオリティは間違いなくトップクラスです
そして「監修」が全面的にアクアプラス(原作)がやっているっていうのもかなり珍しい作品と言えます
絵の綺麗さと造り込みの細かさがあるけれども、過激なドラマもない…けれどもよく考えるとアンドロイド(ロボット)はいるわ、魔女はいるわ貧乏人はいるわ、格闘少女はいるわなのに、それでいて世界観がまとまってしまっているっていう作品です

原作との違い

原作の舞台の季節は春で、
春らしく、明るく元気で愉快な内容だったと記憶しています。
そして当作の季節は秋で、
秋らしいのか、地味で静かな内容に仕上がっています。
そのせいかキャラクター達の性格も若干異なって見えます。
主人公の性格はかなり違っているようです。
同じキャラクター達を使って、違う世界を表現したのだと思います。
地味な雰囲気のためか、キャラクターの心の小さな変化を追いやすい。

毎話違うヒロインがメインで話が進みますが、真の見所は
主人公のひろゆきちゃん。
無気力な一歩引いた小僧かと思いきや・・惚れます

最近の型通りな性格のキャラクターには疲れを感じていたので、
当作品には癒しを感じました。

人気を博した恋愛ADVのアニメ版

18禁カテゴリとして出たゲームのアニメ版です。
それまでの殺伐としたエロゲー界に颯爽登場(?)してアッと言う間に一世風靡して紳士たちの心を掴んだ和み系リビドー置き去り18禁ゲームの一つがToHeartです。
 
当時はまだ「萌えー」って言語が広く使われておらず、類義語は「はうー」とか「むほー」みたいな擬音語でしたがこの作品にはキャラ萌えとか設定萌えが確かにあります。
萌えアニメの始祖に限りなく近い作品の一つだと思うので、まだToHaertを知らない紳士は一度は見ておくべきかと思います。

昨今の萌えアニメとこの頃の作品のニュアンスや雰囲気の違いとか類似を意識してみると面白いですよ。

見どころ

原作は恋愛シミュレーションゲーム。幼なじみの主人公とヒロインを中心に、春うららかな学園を舞台に描かれる青春群像。原作ゲームでは選択肢によって、恋愛対象の少女を選ぶことができたが、アニメ化にあたっては、メインヒロインとの関係を主軸にしたストーリーとなっている。そのため、ヒロインの主人公への想いや心の揺れや、思春期の少女の繊細な恋心が丁寧に描かれている。また、各話ごとに、その他の少女たちにもスポットを当てているので、原作のファンは、自分が推すキャラがどこで登場するかがポイントとなっている。上質の青春ラブストーリーとしての完成度も高いので、ゲームを知らない人にもオススメしたい作品だ。【アニメライター:川田鉄男】

キャラクター

神岸あかり

高校二年生で、浩之の同級生。浩之の幼なじみ。控え目で大人しい性格。お料理クラブに所属している。クマのグッズが好きで収集している。浩之のことを密かに想っている。

藤田浩之

高校二年生。あかりと雅史と幼なじみで、志保も中学からの同級生。「だりぃー」などと言ったりしてやる気がない上に無愛想だが、困っている人を放ってはおけない性格。

長岡志保

高校二年生で、浩之の同級生。浩之やあかり、雅史と中学からの同級生。校内の噂話への嗅覚が鋭い。「志保ちゃんニュース」は時として様々な波紋を巻き起こす。

佐藤雅史

高校二年生で、浩之の同級生。浩之の親友で、彼やあかりの幼なじみ。落ち着いた穏やかな性格。サッカー部の所属している。性格良し、ルックス良しの好青年。

来栖川芹香

高校三年生で、浩之の一つ年上の先輩。大財閥の来栖川グループ会長の孫娘で、物腰も優雅。オカルト好きで、オカルト研究会に所属している。声がとても小さい。

保科智子

高校二年生で、浩之と同じクラス。学級委員長を務めている成績優秀な優等生だが、一人でその責任を背負い込んでいる。関西出身で話し言葉は顔に似合わず関西弁。

松原 葵

高校一年生で、浩之の一つ年下の後輩。綾香に憧れ「エクストリームファイト」を目指して空手部から離れた。格闘技同好会を作りたいと部員の募集活動を続ける。

マルチ

来栖川エレクトロニクスのメイドロボの試作型。データの収集と最終テストを兼ねて浩之たちの学校にやってきた。体験して学習し、人間のように感情を発揮する。

姫川琴音

高校一年生で、浩之の一つ年下の後輩。超能力者として生まれ、人の不幸さえも予知してしまい、心を閉ざしてしまっている。雅史をのことを密かに想っている。

宮内レミィ

高校二年生で、浩之の同級生。カリフォルニア出身の日系ハーフ。弓道部に所属している。日本語と英語の混じった独特の言語感覚と、明るく大らかな性格の持ち主。

雛山理緒

高校二年生で、浩之の同級生。弟の誕生日プレゼントを購入するために新聞配達を励んでいる。一年生にあった出来事がきっかけに浩之へほのかな想いを抱いている。

来栖川綾香

高校二年生で、芹香の妹。浩之とは別の学校である西音寺女学院に通っている。総合格闘技戦「エクストリーム」の選手で、葵の目標とし尊敬する少女である。

セリオ

マルチの同型機である来栖川エレクトロニクスのメイドロボの試作型。マルチとは違い、最終テストを西音寺女学院で行っている。常に冷静沈着で無口な性格。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:AQUAPLUS(PS版ゲームソフト『To Heart』より) / 監督・絵コンテ:高橋ナオヒト / シリーズ構成・脚本:山口 宏 / キャラクター原案:水無月 徹 / キャラクターデザイン・総作画監督:千羽由利子 / 製作:ケイエスエス /

キャスト
神岸あかり:川澄綾子 / 藤田浩之:一条和矢 / 長岡志保:樋口智恵子 / 佐藤雅史:保志総一朗 / 来栖川芹香:岩男潤子 / 保科智子:久川 綾 / 松原 葵:飯塚雅弓 / マルチ:堀江由衣 / 姫川琴音:氷上恭子 / 宮内レミィ:笠原留美 / 雛山理緒:大谷育江 / 来栖川綾香:岩男潤子 / セリオ:根谷美智子 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}