動画が再生できない場合はこちら

DD北斗之拳

25

1

1

4

0

2

199X年 世界は核の炎に…包まれなかった

連載開始から四半世紀を経て、あの伝説の漫画「北斗の拳」がギャグアニメ化。世紀末を生き抜いた北斗四兄弟は各々の特性を生かしながら平成の世を生きていた。長兄ラオウは建設現場で剛腕を振るい、次兄トキは整骨院で救いを求める人々のために働いていた。三兄のジャギは世界が変われど己の道を進み暴走族にいた。そして末弟のケンシロウはと言えば、慣れないながらも様々なアルバイトに挑戦し、失敗を繰り返しながらも自分の生き様を模索するのであった。東京は吉祥寺にあるアパート「あべし荘」を舞台に哀しくも可笑しい“まったく新しい北斗伝説”がここに誕生する。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)武論尊・原哲夫/NSP 1983,(C)NSP 2010 版権許諾証DB-101 製作 ノース・スターズ・ピクチャーズ

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(8件)

個人的には30分の方よりこちらの方が好きです。

ワンパターンな長時間バージョンよりこちらの方が気楽に視聴出来て好きです。

素人のコラ以下

ただただおもしろくなかった

笑いの秘孔をつかれました

好きですよ。こういうの。
この際、オリジナルの重厚さは忘れましょ(*^m^)o==3

ネタバレあり

和みました!!

なんかすごく懐かしいけど新しいww
この短さがまたいいですねvvあと千葉さんが楽しそうでなによりww

一気に見るときついです

 3分で毎週だったら面白かったと思うんですけど、一挙に見られるとキツいですねw 北斗の拳とタイトルではあるけど、殆ど原作の雰囲気と違います。
 元が勧善懲悪もので、悪には悪の美学があり、そこに共感しながらもケンシロウが強くなっていくのを楽しむものだったので、最初に原作とのギャップに戸惑います。
 そして、アニメの内容も北斗キャラが現代に生きたら・・・のもしもシリーズなんですけどそれが生かしきれてないんですよね。カリスマ美容師のユダとか、すぐ自分の世界に入って死にたがるユリアとかは面白かったんだけど、自称覇王のラオウと病弱なだけのトキ、刑事というよりスパイなシュウ、ドSなだけのシンとか出るキャラの何割か原作のキャラの設定を生かしきれてないんですよね。
 あえて、北斗の拳を全く知らない、またはほんの少し知ってる人なら楽しめるかも。逆にすごく詳しい、原作好きにはおすすめしません。
 

ネタバレあり

う~ん…

シンがホストだったり、サウザーが建設屋の社長だったりとキャラ設定は面白いと思ったけど笑いのツボが違うのかいまいちでした。
賞味3分の限界何ですかね?

ネタバレあり

これは

キャラがあまりにも違いすぎる。
世間とのズレやギャップを楽しむふうにするなのら、
キャラはリアルの方が良かったと思います。
低予算なので難しいとは思うが、声優さんも可能な限り
当時の方を揃えてたのならもう少し印象が違ってたかも

う〜む

これはこれで、、、。

見どころ

大ヒット作『北斗の拳』を元に製作されたギャグアニメ。199X年に世界が滅亡しなかった世界の吉祥寺を舞台に、『北斗の拳』で活躍する人気キャラクターたちの"その後"が描かれる。原作で主人公たちが残した数々の名セリフを、平和な世界で使ったときのズレた感覚を思う存分楽しむことができる。原作では、あれほど強かったキャラクターたちが、平和な世界ではちょっと時代遅れな人々になってしまうのが爆笑を誘う。また、それぞれのキャラのキャスティングも秀逸でギャグ作品とはいえ、深いこだわりと原作に対する深い愛情も感じさせてくれる快作だ。【アニメライター:川田鉄男】

キャラクター

ケンシロウ

北斗四兄弟の末弟。北斗神拳伝承者だが、その本領を発揮できず、その頑強な体を持て余している。そのために様々なバイトをしながら、夜には『フドウ・ザ・ブート・キャンプ』で汗を流す日々を送っている。

ラオウ

北斗四兄弟の長兄。覇王。建設現場で安全第一のヘルメットをかぶり作業に勤しむ毎日。本来なら現場監督になれたはずが、ちょっとのことでイラッとして周囲のものを全て壊してしまうため昇進が遅れている。

トキ

北斗四兄弟の次兄。アレルギー体質で、四六時中、苦しそうに咳き込む。無理の利かない体でありながら『北斗神拳を医療に役立てたい』と整骨院でマッサージの非常勤(アルバイト)をしている。

ジャギ

北斗四兄弟の三兄。暴走族“ブラッフ・エンペラー”のヘッド。時々、TVニュースの暴走族特集にジャギが登場するのを見て、他の三兄弟は、ジャギが達者で暮らしていることを知り、安心している。

リュウケン

北斗四兄弟が訪れる吉祥寺の屋台「北斗之軒」の店主で、第六十三代北斗神拳伝承者。実は、暗殺を請け負うリュウケンにとって、屋台は世をしのぶ姿。四兄弟はリュウケンのことを“オヤジ”と呼ぶ。

バット

吉祥寺の地元の高校3年の不良少年。いつも、妹のリンとコンビで街を徘徊している。解説魔で、目にしたキャラクターたちの行動(拳の技に限らない)をつい解説してしまう。

リン

吉祥寺の地元の高校1年の少女。いつも、兄のバットとコンビで街を徘徊している。兄のバットとは、血が繋がっていない。

ユリア

南斗最後の将。ケンシロウの将来のためと思い(思い込み)、いつも四兄弟の屋台の近くのクラブで働くフリーのママ。今は吉祥寺にあるクラブ「南斗」(偶然?)のママ代理を務めている。

サウザー

南斗六星拳。吉祥寺最大の建設会社“聖帝建設”社長。非情な判断力と、圧倒的な政治力で、一代でのし上がった。井の頭公園に南斗聖拳の記念博物館“聖帝十字陵”を建設するべく、市長に働きかけている。

シュウ

南斗六星拳。吉祥寺警察刑事。目が不自由な刑事。直感が異様に鋭いため、数々の難事件を解決。現在は、サウザーの贈賄事件を捜査中。気配を完全に消すことができるので、突然、現れて人を驚かす。

シン

南斗六星拳。クールで我がままな性格だが、何故かホストクラブ「ロンリーイーグル」人気No.1である。ドMの女性が、シンのクールで心を切り裂くトークに憧れ、毎夜来店する。あくまで、上から目線のホスト。

レイ

南斗六星拳。女と見まごう美貌とスラリとした体。ファッション誌の表紙に顔を見ない日はない人気モデル。冷静沈着でクールな性格だが、美人女子高生の妹アイリのこととなるとすぐに逆上する。超過保護のシスコン。

ユダ

南斗六星拳。カリスマス美容師。芸能人などの顧客が数多くいる。ただ、ひとたび、鏡の中の自分の顔に見とれると、手が止まってしまうために、非常に時間がかかる。唯一、レイの髪だけはカットできない。

リハク

南斗五車星。泣く子も黙るヤクザ“五車組”の親分。吉祥寺の繁華街がシマ。義理人情に厚く、弱きを助け強きを挫く、天然記念物なみの任侠の男。クラブ「南斗」のママの前では、ひざまずいて話をする。

ジュウザ

南斗五車星。流しのミュージシャン。アコギを背負い、美人と見れば声をかけている。繁華街を徘徊し、一晩分の女と酒の分だけ稼ぐ毎日を送っている。実は五車組の幹部だが、リハクでさえ、居場所はつかめていない。

フドウ

南斗五車星。リハクが最も信頼する“五車組”幹部だが、子供好きが高じて、今では“なんと幼稚園”の園長先生である。独自に編み出したフドウ体操『フドウ・ザ・ブート・キャンプ』は大ヒットしている。

シュレン

南斗五車星。井の頭公園で、炎を自由に操る大道芸人“ファイヤーマン”として休日には人だかりができるほどの人気。結構な額になる投げ銭を、五車組に上納している。五車組の切り込み隊長。

ヒューイ

南斗五車星。普段は鮮魚店をやっている。休日には、シュレンと同じく、井の頭公園で、驚愕の何でも切断ショーを繰り広げる人気大道芸人となり、五車組に上納している。五車組の構成員。

アミバ

フィジカルカウンセラーとして活動中。FNSワイドショーのワンコーナー。『今日の秘功』を不定期担当。トキを見ると、走って逃げる。時々、トキのフリをして整骨院で人知れず、実験を繰り返しているためである。

ウィグル獄長

吉祥寺警察署長。サウザーにたっぷり賄賂を貰い、サウザーの命にしたがって、どんな、つまらない罪でも投獄。ちなみに「ウィグル極長」は、役職名ではなく本名。ラオウの前に出ると、頭が上がらない。

ハート様

夜になると、アーケード街のシャッターの前に出没。皮細工やシルバーアクセを路上で売っている。もちろん、商品は100%バッタもん。慇懃無礼なほど腰が低いが、血を見ると、すぐに逆上して戦闘モードに入る。

トビー

ケンシロウに飼われている犬。ラオウにだけは、懐かず、すぐに噛みつく。ラオウもトビーを苦手としているが、手出しはしない。トビーが、深夜こっそりとクラブ南斗に通っていることは、ケンシロウは知らない。

黒王号

中央競馬界に彗星のごとく現れた漆黒の巨馬。ラオウの借金のカタにサウザーが取り上げた。G1レース9連勝中だが、黒王号が背中を許すのは、二人の覆面ジョッキーのみ。覆面ジョッキーの正体は明かされていない。

マッスル千葉

“ハイテンション・ニュース”で知られるFNSニュースの看板キャスター。吉祥寺のローカルニュースが主な担当。四兄弟は、彼の絶叫ニュースを通してこの世界に、何が起こっているのかを、知ることが多い。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:武論尊+原 哲夫 / 監督:カジオ / 脚本:梅村真也 / キャラクターデザイン:black-box / 音楽:KAZSIN /

キャスト
声の出演:千葉 繁 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}