動画が再生できない場合はこちら

アラタカンガタリ〜革神語〜

46

3

1

1

7

2

少年は、
神に選ばれ鞘(ショウ)となる――

舞台は異世界「天和国」。そこで剣の形をした神”劍神”を操る十二神鞘が起こしたクーデターに巻き込まれた“アラタ”は、秘女王殺しの罪を着せられ逃げ込んだ森で【異世界(天和国)⇒現代】へ飲み込まれる。一方、現代の高校生“日ノ原 革”は、新しい学校生活の中で親友の裏切りにあい、絶望の中【現代⇒異世界(天和国) 】へと迷い込む。現代の“革”と、天和国の“アラタ”が入れ換わることにより、革は“アラタ”として劍神「創世」の後継者となる。異世界の命運を背負い、革の戦いと冒険が始まる…。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)渡瀬悠宇・小学館/アラタカンガタリ製作委員会

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(14件)

この12話はプロローグですね

原作読んでませんが、ストーリー的にはこの12話でようやくスタートラインに辿りついたというところでしょうね。

だから掘り下げが甘いとか何をしたいのか不明という判断をするのは時期尚早かも。

続編に期待しましょう。

良いステレオで聴いたら最後の日の環のところドラマチックで良かったですよ。

何を伝えたいか不明?

脚本、構成が凝りすぎで駄作!

アニメ化失敗?脚本が駄目?

続編はよせなー、原作泣くぞ!
変なラスト(´・_・`)

門脇君の思い?

原作も出ている分までは全部読んでみました。
結局のところ門脇君が痛い子であることは変わり無いのですが
彼の思いはこんな感じぁなぁ?

元々父親がお偉いさん?で、周りの人々は彼を「先生の息子」
としてしか見ておらず、彼自身の人格に向き合ってくれる人が
いなかった。

そんな時陸上部で革に出会い、初めて自分を自分として見てくれる
人物に出会え、今までに無い喜びを感じた。
ところが二人で競争したしたとき、自分より実力のある革が彼に
負けたこと(多分訳有)を先生の息子だから「情けを掛けられた」と
感じ、今まで自分をただの1個人としてみてくれていた親友の筈の革も
他の人と同だったと勘違いし「裏切られた」感が爆発した。

その後虐めを始めても、革は自分に対してまともに向き合ってくれない
からだと思い込み、恨み感情を更に強めた。

それ故、「きちんと自分に向き合った革に勝つ事」に執念を燃やしている。

ネタバレあり

ちょっと…

1クールじゃあ無理が有りすぎです。
原作も連載中とは言え物語を描き切れてなく、とても残念です。

アニメ化失敗?(門脇君・・・)

視聴続ける中で作中の門脇君があまりにも痛い子なのに驚き、
ほかの方のコメント「原作と違いすぎる」を拝見したので、
原作にも目を通しました。

短い13話の中でなんとかうまくエピソードを盛り込まれているとは思いましたが、
人物描写や心理の掘り下げは失敗しているとしか思えません。
特に門脇君かわいそうです。


ネタバレあり

門脇くん・・・?

門脇を、このキャラにする理由がわからないけど、それ以外はきちんと背景が描かれていていいと思います。(いや、門脇が革を敵視する理由はもっと深いのかと思ったのですが・・・これから描かれるのかな?)

門脇君が・・・

正直、8,9、10話の門脇君が痛すぎて、もだえながら見てました
さんざへたれた後のドヤ顔がもう見ていられないです(;´Д`)
アラタの入れ替わりを知って「よくもだましてくれたな!」いや誰が誰を騙したの?
「あいつに勝つために!」(一緒にぼこりましょうって
と・・・彼の心情の突っ込みどころは多いです・・・
とはいえなんだかんだで、生暖かい目で今後の彼を見たいと思います

結局何が言いたいかというと、門脇君への評価がこのアニメを視聴するきっかけになりました(下の方)
なんなのこいつ?って思うより、あ~アホの子、今日も一生懸命だな~っと思いましょう

ネタバレあり

門脇くん、君は小学生か?

殺したいほど憎むその理由が、それですか? 
子供が思い通りにならずかんしゃくを起こし、八つ当たりに逆恨みしたまま、成長することなく年だけとって高校生になったガキですか? 
その器に物語全体が興ざめてしまいそうです。

期待してます

絵柄の違和感・・というか独特さは
JM ANIMATION(韓国)との共同制作のなせる業でしょうか?
2話まで見て、丁寧な仕上がりでしたのでよかったです。
ストーリーは続きが気になるし
主人公の心情が描かれているので好印象。
期待を込めて★5つで。

個人的趣味により高評価

原作ファンの方のコメントで納得しましたが、アニメは原作とは違い展開が早いようですね。
幸い、主人公の苦悩が描かれており感情移入は比較的容易いとは思います。繋ぎ方が強引に感じますが。

個人的に、コトハのデザインと声優さんが多段クリティカルヒットしたため今後に期待です(*ˇωˇ*)

でも、確かに少年漫画と言うよりは少女漫画だよなぁ。。。

まぁいいじゃないか

少女漫画っぽい雰囲気。だけど内容は良し。期待できる作品だ。これからもこの作品を見守ってあげよう。

やっとはじまった♪

原作ファンとしては、観るか観ないか意見の分かれるところかな、と思われますが。

ちょ~っと少女マンガの雰囲気過ぎる気がするのでオススメ度数はハート4つにしました。
もっと少年マンガっぽくても良いのに。サンデーだし。
でも渡瀬先生の作品らしいといえばらしいかな。

第一話でそこまで話持っていくとは思わなかった、くらい展開はやいです。
原作知らない方のご意見がききたいところ。

EDはなるほどと思われる対立構造仕立て。
OPは逆の雰囲気でいくのかな。

少女向けの作品。

この作品は、週刊少年サンデーで連載しているマンガらしいけど、このアニメのオープニングを見た限りでは、少年マンガというよりは、少女マンガではないかと思うくらい、登場する男性キャラクターがイケメンで、ストーリーも、少女マンガにありがちな、ファンタジー作品だからです。

ネタバレあり
キャラクター

日ノ原 革

正義感が強く、心優しい高校1年生。中学時代にいじめに遭い、高校でも友達に裏切られて絶望していたところ、アラタと入れ替わる形で天和国に迷い込んでしまう。伝説の劍神「創世(ツクヨ)」を目覚めさせる。

アラタ

快活で理不尽なことが嫌いな、まっすぐな心を持つ少年。秘女王交代の儀式で秘女王の暗殺現場と犯人を見てしまい、秘女王殺しの濡れ衣を着せられる。森に逃げ込んだ後、不思議な力で革と入れ替わってしまう。

コトハ

アラタに仕える少女。自分以外の人の傷を治せるという、不思議な能力を持つ。革をアラタだと思い込み、彼の旅のお供をする。戸惑いがちな革を持ち前の笑顔で優しくフォローする一方、頼もしい姿をみせることも。

カンナギ

十二神鞘の一人。火を司る劍神「火焔(ホムラ)」の持ち主であり、カグツチの領主。秘女王暗殺を企てて彼女に重傷を負わせ、その罪をアラタに着せた張本人。革が劍神「創世」を目覚めさせたことを知り、革を狙う。

門脇将人

革のクラスメイト。中学時代から革とは同級生で、同じ陸上部であった。あることをきっかけに革をいじめるようになり、彼を登校拒否にまで追い込む。高校に入学してからも、革を目の敵にしているようだが…。

アカチ

十二神鞘の一人。大地を司る劍神「地龍(オコロ)」の持ち主であり、ハニヤスの領主。秘女王が倒れた後の大王争いでは、冷酷な姿もみせる。カンナギとは旧知の仲のようだが…。

カナテ

罪を着せられて囚人の流刑地ガトヤに送られてきた元盗賊団の少年。常に前向きで明るい性格。弟分のギンチを守ることを心に誓っている。コトハのことが気になるようだが…?

ヨルナミ

十二神鞘の一人。水を司る劍神「哭多(ナキサワ)」の持ち主であり、ミツハメの領主。女性と見紛うほど美しい外見をしている。全てにおいて完璧を求め、部下の失敗も許さない完璧主義者。

キクリ(秘女王)

天和国を治める女王。天通力と呼ばれる特殊な力で全劍神を統治し、国に平和をもたらしていた。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:渡瀬悠宇 / 掲載:「週刊少年サンデー」 / 発行:小学館 / 監督:安田賢司+Park WooHyun / シリーズ構成:関島眞頼 / キャラクターデザイン:相澤伽月+Lee SeongShin / 総作画監督:大塚八愛+小倉典子+宮川智恵子 / 色彩設計:高木雅人 / 美術監督:Lee SeoGu / 撮影監督:植田真樹+Lee SooYeon / 編集:Lim HyunHee / 音響監督:高橋 剛 / 音楽:大谷 幸 / アニメーション制作:サテライト+JM ANIMATION / 製作:アラタカンガタリ製作委員会 /

キャスト
日ノ原 革:岡本信彦 / アラタ:松岡禎丞 / コトハ:高垣彩陽 / カンナギ:小野友樹 / 門脇将人:木村良平 / アカチ:鈴木達央 / カナテ:皆川純子 / ヨルナミ:保志総一朗 / ヒルコ:浪川大輔 / ヤタカ:宮野真守 / クグラ:井上 剛 / ハルナワ:石田 彰 / キクリ(秘女王):山村 響 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}