動画が再生できない場合はこちら

攻殻機動隊ARISE(HDクオリティ)

67

0

0

4

5

7

未来を、創れ――

A.D.2027。公安捜査の権謀術数に限界を覚える荒巻の前に現れた女、陸軍『501機関』所属・草薙素子三佐。最高度のフィジカルと電脳戦スキルを備える一方、向こうみずで世慣れぬ未熟さをあわせ持つ草薙は、荒巻と不即不離の関係をたもちつつ、次々と犯罪へと対処する。だがそれは、501機関との関係を問い直すことでもあった。困難な事件に立ち向かう中、個性的な人的資源と気脈を通じる草薙。荒巻といつしか共有していた目的である『犯罪に対し常に攻性の精鋭実力部隊』創設へ向け、草薙は彼らを糾合してゆくこととなる。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C) 士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊ARISE」製作委員会

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(16件)

記憶改変

今シリーズを貫くネタがその手のウィルスなのでしょうがないのだが、疑似記憶に騙されたり操作されるネタを何度も繰り返されると食傷気味。各回30分にまとめてテンポよく進ませて最後の劇場版で〆たほうが面白かった気がする

ネタバレあり

色々…

前作までの完成度などが大き過ぎて、色々と思われる方も多いと思いますし、それもめちゃくちゃ分かります。
とにかく完成度や満足度が高過ぎた故にってヤツですよね。

ただ…
サイトーが(;ω;)(笑)

原作、劇場版、テレビシリーズなど込み込みでのイメージが強過ぎて…。
最初はこのチョビモヒカンは誰だ!?ってなりましたが、やっぱり最後まで誰じゃって感じでした(笑)
まぁ世界観自体は嫌いではないので限りなく5に近い3ということで(笑)

ネタバレあり

皆さんの中の9課

クオリティは、相変わらず高いと思いますし脚本も先読みできない良い展開。
前作品との色々なギャップはありますが、それだけ皆さんの中にあるキャラ像が強烈かつ思い入れが強い証拠なんだと思います。
充分いやそれ以上にワクワクできる作品だと思います。
ただ、パズだけは・・・

割り切るしかない

旧作よりアニメの技術や世間一般のテクノロジーが進んでいるためか、旧作より電脳化されているように思う。スターウォーズの旧作に対してep1~3ってかんじ。ストーリーそのものは楽しめましたが声優さんがちょっと。トグサは違和感なかったですがやっぱ少佐が・・・・。色々な作品でついて回るオリジナル作品の声優さんの交代は仕方ないのでしょうが、坂本真綾演じる少佐は単に生意気な女に映ってしまいます。
あと、作品の内容とは関係ありませんが、HDクオリティといいながらノーマルと大差ありません。

これはこれで。

士郎正宗氏の原作漫画、押井守の映画版、パラレルワールド設定のSSSシリーズ、結果的には全て「別の」攻殻機動隊と考えるべきなんでしょうねぇ、各々で面白い訳だし。
原作ファンからすればフチコマ(タチコマ)につながる人物(?)も出てくるので内心ではクスッとしながら楽しめましたヨ。
しかし素子さん、必ず腕引っ張って壊しちゃうんだねぇ。

楽しめました、ありがとう

相変わらずの理屈っぽい内容ですが、攻殻機動隊ファンなら楽しめるはずです
希望としてはもっと続いてほしいです。

あくまでも個人的感想であり非難や失意ではありません。

やはり少佐の声は田中敦子氏の方がいい。坂本氏が悪い訳ではなく、低音部と指揮官としての声のイメージかな。やはり旧作のイメージが強く残っているのだろう。タチコマ(ロジコマ)の沢城氏は違和感を覚えず受け入れられた。
やはり、旧作の声優陣がすごすぎたのでそのイメージが強く残っているのだろう。

見事なストーリー

 border:3は面白かった。作品としての完成度が1,2以上に高いだけでなく、今まで分かりにくかったメインストーリーであるファイアスターターの物語としての骨格が分かりやすく説明されている。
 正直、border:1のストーリーが謎だらけで、あまり面白くなかったのですが、今回の話で大分理解でき、かつ、一気に面白くなってきました。超ウイザード級ハッカーであるはずの彼女が今まで防戦一方だった理由がようやく分かり、次回の最終決戦がどうなるのか今から楽しみです。

違和感

「甲殻」の中では一番古い時代設定なわけですが、トグサの子供が生まれるタイミングとなると一連のシリーズの5年程前となり、少佐もトグサも声を変えなければならない程の年代差ではないという事になる。
田中さん、山寺さんのリアルが作品に影響しているのであれば残念。
単品として見ればキャラとCVに違和感は無いが、一連の作品の一部として関連付けるとキャラとCVに違和感が・・・。
坂本さんがダメというわけではないんですが・・・。

ネタバレあり

タチコマの前期もイケています

中学時代の初代アップルシードからコノ作品まで長い時間を過ごしてきましたが、老いた私に続編を欲しさせるコノ作品、続きを見るまで死ねません!!!。声優が変わってもソノ世界観に飲み込まれるコノ作品を拡散して欲しい!!!!!!!!!!

世界中でこれしかない!!

 世界中どこにもこれほど作りこまれた表現世界はない。その中でリアルに人々が考え、悩み、決断し、行動する。近未来的な技術、戦闘はおまけに過ぎない。ハリウッドも、日本のドラマも、ガンダムも、「それは現実にはありえないだろ?」というインチキくささにあふれているが、そのいやらしさをあまり感じない。
 そんなインチキくささは私たちが日々受け取る情報にも言える。今、日本のマスコミ、ネットでは「韓国・中国はおかしい」、そして「日本は、日本人はすばらしい」という情報が連日垂れ流されている。何がほんとで何がウソなのかわからない不安を無意識に人々は隠し、目をそむけている。そしてそれを利用しようとする者がいる。そんな「現実には常に裏側があるのだ」と再認識させてくれる作品。
「うる星やつらビューディフルドリーマー」「パトレイバー1・2」、そしてこの「攻殻機動隊」。好きだなあ。

旧作と比べてユニークな電脳世界の描写

「1話完結で、裏の裏をかく展開の構成」と言う点ではborder:1から変わらずで、どう展開していくのかワクワクしながら視聴しました。1では素子の内側の世界を主に描き、2では素子の外側の世界を描いた感じでしょうか。

可愛いロジコマの大活躍や、公安九課(となる予定)の面々の一糸乱れぬ連携プレーと派手なアクションなども大いに見どころなのですが、個人的に気になったのは電脳世界の描画です。

旧来の光の線と幾何学図形を組み合わせた現実のコンピュータ画面の拡張表示としての描画をメインにしつつも、水中や空中といった有機的で幻想的な描画も加わっている点が、押井版、神山版と比べてユニークな点だと感じました。水中の描写はRD潜脳調査室の影響もあるのかな、などと考えてみたり。

border:3も楽しみです。



余談ですが、完全に「少佐の忠犬」となっていたパズさんには和みました。

ネタバレあり

うーん・・・

新しいスタッフ陣で、新しい試みをされているという事ですが、雰囲気やデザインが違うだけで、今まで制作されてきた作品の焼き増しだらけで、残念。

もっと期待していたのですが・・・

初めて攻殻を見る人にとっては、意味不明だろうし、もうちょっとなんとかならなかったのだろうか・・・

パラレル化するのは仕方ないとしても、時系列的に考えた時代設定やキャラ設定があると思うのだが、考慮しているように思えない。

神山監督や押井監督のように、深慮して作っていただいたとは思えませんでした。

少佐が・・・


今までの作品を見ていての少佐像とかなりの乖離がある様に思いました。若いから、まあ。とか思わなくも無いですが、旧作で見られた大戦時の少佐の方がもっと大人だったなあとか。
このシリーズそのものが好きだから良いけど。絵もキレイだし、声優さんの演技も旧作と遜色ないし。全体的にはまとまりのあるいい作品です。私は好きです。

ネタバレあり

うーん

うーーーん。

何だかリアル◎

色んな物がネットで端末の一つになる!最近ニュースでよく見る自動運転車の話を聞いてると本当にそう思います。人間も端末化してしまいそうで見ていてちょっと怖くなりました。。HDで一応見れましたが私のノーパソではちょっと・・それでも臨場感ありましたんで高スペックで大画面なら尚お奨めです◎続きが気になる!!

キャラクター

草薙素子

陸軍501機関所属の完全義体のサイボーグ。操作技術は他のサイボーグを凌駕し、ハッカースキルも超ウィザード級とされる。501機関からの独立を望んでいる。恩人である上官の容疑を晴らすべく捜査を開始する。

荒巻大輔

通称『部長』と呼ばれる公安9課の長。旧調査部出身。国家安全を脅かす凶悪犯罪を未然に防ぐために内閣総理大臣直轄の攻性の捜査機関設立を目論んでいる。軍人が収賄容疑中に殺された事件を捜査中、素子と出会う。

バトー

『眠らない眼』と呼ばれる義眼を持つ陸軍空挺特科第一出身の元特殊部隊員の大男。全身のほとんどを義体化している。戦闘経験を持ち、特に電子戦を得意とする。同僚を自走地雷で殺され、捜査の過程で素子を疑う。

トグサ

新浜県警刑事部の特捜刑事。電脳化はしているが体はほとんど生身のままであり、妻帯者である。刑事として状況の積み重ねによる推理考察を得意とし、弾詰まりなどの事故が少ないリボルバーを愛用している。

イシカワ

元軍属。電脳を使い情報の解析、捜査を得意とする。

サイトー

元海兵部隊のエーススナイパー。左目に遠距離狙撃を可能とする特殊な義眼を持つ。

パズ

陸軍警察の潜入調査員。階級は中尉。ナイフなどの近接格闘術を得意とし、内偵調査などで培った経験から、人を欺くことに長けている。旧態依然とした組織に身を置きながら自らの能力を生かす場を求めている。

ボーマ

元軍属。義眼の巨漢。爆発物の知識があり、電脳戦にも長ける。

ロジコマ

熱光学迷彩装備の歩兵兵站用輸送支援車両。型番はLCM22。指揮官を識別し自律支援する程度の発展型の人工知能は持ち合わせている。公安9課に試験配属されており、搭乗スペースは未搭載。

クルツ

陸軍501機関の長。義体化部隊を率いて国内外問わず、草薙素子と任務をこなしてきたが、上官の死により後任として指揮をとることになった。戦後の組織再編が進む中、解体の汀にある組織存続に尽力している。

ライゾー

陸軍501機関所属の戦闘サイボーグ。霧や水砲にスタンガンを組み合わせるという、対電子機器攻撃を得意としている。501機関の戦術教官の1人。

イバチ

陸軍501機関所属の戦闘サイボーグ。薩摩示現無双流棒術の達人で、501機関の格闘技研究機関の1人。寡黙で、不言実行を地で行く人物。肩甲骨部分に隠し火器を搭載している。

ツムギ

陸軍501機関所属の電子戦の戦術士官であるサイボーグ。一卵性双生児の2人の脳を1つの義体に載せた電脳を持ち、常に対話と思考をしているらしい。草薙が使う義体のチューニングやメンテナンスを担当している。

マムロ

元501機関の長である全身義体の軍人。草薙素子を育て上げた恩人とも言える人物でもある。高潔で不正とは程遠い、軍人らしい軍人だが、兵器密売に関わる収賄容疑が持ち上がる中で何者かに殺されてしまった。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:士郎正宗 / 総監督・キャラクターデザイン:黄瀬和哉 / シリーズ構成・脚本:冲方 丁 / 音楽:コーネリアス / メカニックデザイン:柳瀬敬之 / 3DCGI:オレンジ / 3DCG監督:井野元英二 / 美術:Bamboo / 美術監督:竹田悠介+益城貴昌 / 美術設定:加藤 浩(ととにゃん) / プロップ・美術設定:荒川直樹 / 撮影監督:田中宏侍 / 音響監督:岩浪美和 / 編集:植松淳一 / アニメーション制作:Production I.G /

キャスト
草薙素子:坂本真綾 / 荒巻大輔:塾 一久 / バトー:松田健一郎 / トグサ:新垣樽助 / イシカワ:壇 臣幸 / サイトー:中國卓郎 / パズ:上田燿司 / ボーマ:中井和哉 / ロジコマ:沢城みゆき / クルツ:浅野まゆみ / ライゾー:星野貴紀 / イバチ:間宮康弘 / ツムギ:野島健児 / マムロ:宮内敦士 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}