動画が再生できない場合はこちら

ウィザード・バリスターズ〜弁魔士セシル

87

1

1

6

4

10

世の中の怪奇事件は、法律と、魔術が、解決する…!

魔禁法。魔術および、魔術訴訟に関する法。そして、その事案は魔法廷で裁かれる。2018年、東京。人間と魔術使いが共存する世界。社会秩序を守るのは警察。魔術使いの被告を弁護するのは、弁魔士。これは、最年少弁魔士・須藤セシルと、彼女を取り巻く仲間達の物語である。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(22件)

法廷劇の雑さが気になりました

他の部分は面白いと思うのですが
法廷劇の場面になると途端に練りが足りないというか・・・一言で言うと「雑」です
ラスト部分をその雑な法廷劇に託してしまっているので見終わった後のカタルシス不足は否めないかと
そこを丁寧に作っていればもっといい作品になったと思いました
惜しい・・・

合技一本のはずが

数回目の視聴です。(序盤~中盤までを繰り返しみてました。)

昨今のアニメには時間の制約の都合上、そこまでの総集編的な話や使用済み画で繋ぎしのいでいる作品は多々あります。仮にそれが紙芝居だったとしても、原作や脚本が秀逸であれば何とか我慢はできます。

中盤以降力尽きた製作サイドに文句は言いません・・・・が、DVD・BRでは再収録がされているそうなので次回見放題再開時には、ぜひに美麗なセシル達が見たいと願っています。

さて本題ですが、魔術を使う法廷もので魔法バトルにロボットバトルと魅力的な人々によるオススメ要素満点のはずが・・・クライマックスが残念なのと、少し強引なラストの為マイナス2とします。

本当は満点なんですよ、ホントはさ。

うごく 綺麗 そしてかわいい

CGうまいんで、背景含んでばりばり動くのんよ。CG関係ないところでもうにょうにょ動くんよ。乳とか。動くだけじゃなくてテンポとかタイミングがよろしいのん。おはなしもちゃんと魔術と法曹のポイントおさえてるのんよ。いまどき女子がかわいいのは当たり前かもしれんけど、いちいちレイアウトとかばちっと決まってるのんよ。近頃ここまできちっとしたものづくりの作品を知らんかったんで深く反省。あと、舞台になってる上野はいい街だよね。飯はうまいし桜はきれいだ。

サービス精神有り過ぎ

設定、物語、作画、音楽
弁護士ものに魔法ものを相乗させて
色々出てくる、果てには”ロボット”まで、、、

もうサービス精神があり過ぎ!!!

出だしから中盤過ぎる頃までは、素晴らしい作品だったと思います。

結局、これらが、仇となったわけですが、、、

9話辺りまでは本当に喰い入るように見ていました。
話の内容としては、最終話も良かったです。
続編を予定していたのか、予定しているかの様に終わらせたのか、
どちらかは不明ですが。

SHIROBAKOを見ていて、やっとコメントする気が起こりました。

あ〜、返す返すも、10、11話前後の作画崩壊が、
とてもとても残念でなりません。

後で追加で修正して もう一回とかは、、、無理なのかなあ やっぱり。。。

ネタバレあり

うーん

最初はよかったんだけどね。キャラもカワイイし。だが後半はとても金のとれる画じゃない。
背景のスカイツリーの夜景の使いまわししなければならないくらい追い込まれたのはなんでなんだろうね。
紙芝居なら紙芝居で動かさない分作画頑張れ。
ストーリーと背景とCGは素敵でした。

ネタバレあり

2回目っw

 1回書いたんだが何が気に食わないのか、消されちまったぜぃw
 これから見ようとする人に向けての注意点は・・・後半、しかも物語のクライマックスでテンション駄々下がりの作画崩壊があるので気をつけてください。竜頭蛇尾をものの見事に表現しちゃっています(´-ω-`)
 さらには13話という尺のせいか、「すべて」解決しません。いろいろ残して、物語は終わります。
 他にもいろいろツッコミどころ満載ですよw

ネタバレあり

見てよかった

手を抜いた作品はもう我慢が出来ない。そんな方にはお勧めです。キャラ絵が崩れるときもありますが、大筋でハイクオリティですし、ストーリーも面白い。1クールでこれだけの要素を良くまとめていると感心します。前半は、方向性が発散しそうに感じましたが、勧善懲悪の基本路線を踏み外すことなく完結させています。振り返ってみれば色々と駆け足なわけですが、都度描かれる情景は緻密で目を奪われ、これが大変な説得力を持っていますから、リアルに感じます。こういうのはアニメ映画作品で良く受ける印象ですね。見る前は地味な法廷モノで少女の苦悩を描くと信じていましたから、タイトルで損をしている部分もあるように思えます。どちらかと言うとミニスカ魔法弁護士とかモーレツ魔法律事務所とかのほうがイメージが近かったかもしれません。こうしておけば、「お、あんな感じかも?」と考えてもらい、タイトル通りだったという印象を残したかも。良作です。

予備知識とか無くても充分に楽しめるが…

ほんの少し、本当に少しでいいから、法学、特に刑訴法について知識があればよりこの作品を楽しめると思う

おもしろかったねー

おもしろかったねー

良かった

作画のクオリティーたかい。
面白かった。

惜しい出来

梅津絵は非常に美麗でしたが、11話で作画チームが力尽きてしまったようで残念。
キャラクターは魅力的でしたが、物語は伏線を消化しきれず???な感じ。
色々と惜しい出来でした。

ちょぃハマり。

キャラの絵がきれいで、みんな個性的で。。
最初は現実世界をベースにSFのような展開で、どうなんだろう?と思ってましたが、謎解きのような展開にも入り、結局ハマってしまいました(笑)
最後、セシルの「もよよんの正体は?」の問いに、もよよんが何と答えたのか気になって仕方ない…自分で思っている答えはあるけど、あってるかな?
個人的に悪役というか、黒幕側キャラだと思ってたし、「天刀もよには気を付けろ」とシャークナイトのメンバーが言っていたので、途中で正体が露呈するんだと思っていたけど、普通に最後まで事務所にいたままだったし…謎だなー。
問うた答えが隠されちゃったので、非常にもやっとしています。気になる。。
上野辺りはよく行く箇所なので、「上中」の門をくぐるたびにセシルを思い出してます(^^*)

ネタバレあり

1話完結なら良かった

力を持つ者・持たざる者の偏見・差別により、歪んだ正義・認識が生まれ、無理矢理な魔法廷のシステムを確立。お互いの歩み寄りも乏しく、真の和解の道は遠く険しい。ふと「全ては〇き〇〇なる世界のために~」って謳い文句が脳裏を過ぎりました。

誰しも低質なものを良しとして作りたいとは思っていないし…現場ではいろいろとあるんでしょうが、視聴側としてはこんな時こそ「アニメーション制作進行くろみちゃん」を観て、多少は「クールダウン」してみてもよろしいのではないでしょうか。

ネタバレあり

精汁かわいい

前々から気になってましたが、何と無くスルーしてました。それが今回、めがぞーん23と出会い(遊び半分で再生したら、迂闊にもハマった)梅津さん繋がりということで視聴しました。正直驚き隠せません!こんな質の高い作品だったとわ!!メゾは1話で挫折したけど、こちらは最後まで視聴続けられそうです。迷ってる方は即視聴を。

観たらハマる

なんとなく観たらハマった(笑)

画が!

キャラの作画がよいです。
そこだけでも、見る価値ありますよ。
主人公さんの声がちょっと弱いのは、お愛嬌ですね。
あと、方言は広島?かな。荒川美穂さんとか、がんばって練習なされたようで、すごいです。

とにかくかっこかわいい

魔法に法廷にドラマにアクションにロボット。とりあえずやりたいこと全部突っ込んでみました的なノリが、実に梅津監督らしい。

この人の描くキャラクターはなぜこんなにかっこよく、そしてかわいらしいのか。作画スタッフの皆様、大変でしょけど頑張ってください。
関係ないですが、髪をアップにした梅津女性キャラの後頭部&足を見ると、胸がモヤモヤする変態は私だけでしょうか。

OPを何度も繰り返しみていますが、曲も良さもあいまって本当に飽きない。今期は、世界征服〜謀略のズヴィズダー〜のOPも見ていて楽しいし、当たりですね。

3話まで視聴しましたが、作画の崩れもなく毎週が楽しみです。

多少要素を盛り込みすぎて駆け足&消化しきれなさそうな予感がありますが、晩御飯にありつけなくなるのは嫌なので、全速力で追いかけます。

1話アバンとOPのアニメーションは必見

1話冒頭の電車シーンからド派手なスタート。やっぱり梅津監督の作品はアクションが映えます。
ストーリーの方は少々詰め込み過ぎ感があって不安ですが、まだ話数は十分に残ってますし、うまく伏線回収等でまとめられることを期待しています。
現在のところMEZZOの時にあったような大きな作画の崩れもなく非常に安定している、むしろいい部類に入ると思うので、絵が綺麗という点だけでもキャラの可愛らしさ、かっこよさを引き出せていて、見ていて満足です。
主人公のセシルがどう成長して他のキャラと絡んでいくのか、今後どういう展開になっていくのかが楽しみな作品です。

梅津さん関係の作品最近増えました?

梅津さん作品大好きなので嬉しいかぎりです直近の地上波ではガリレイドンナ
バンダイチャンネルではMEZZOと KITE LIBERATORどちらもちょっと前の作品なのでとても嬉しく思います。
個人的にはメガゾーン23partⅡの作画で梅津キャラの虜になったので
こうして昨今の萌えキャラには無い魅力たっぷりのキャラクターが出てくるのは大歓迎です。
今後が楽しみな作品なので、期待したいと思います。
バンチャさんガリレイドンナもお願いしますよ(笑

第一話を視聴して

この作品、すごいです。

何もかもが。

相当運の良いときにアタリで生まれたような。

クオリティも映画みたい。

OP、EDともに文句なしでした。

特にOPは何度も何度も見返したり。

歌をiTunesストアで探したけれど、さすがにないか。

魔術のデザインがとても良いです。放射状に広がる炎とか、OPで主人公が回し蹴りで炎を飛ばしたり、バイクで円陣描いたり、見ていて格好いい。

手抜きのない制作も、それぞれが持つキャラクターの魅力も、魔術の迫力、法律や意思の源泉、すべてが強い響きを持っている。

あふれんばかりのエネルギーを感じます。

最近、アニメも少し見飽きてしまっていたのですが、時々こういう質の高い作品に巡り会えるから完全に切るのは少し考えてしまいます。

つらい経験って、何だかんだで、やっぱり後に大きな恩恵をもたらしますよね。

起きることは、結局釣り合いとれているのでしょう。

ネタバレあり

これぞ梅津ワールド!

梅津泰臣さんのファンなら絶対に楽しめます!
ファンじゃなくても面白いと思うアニメですがw

なんか、不思議!!!

なんともいえない、不思議なストーリーですね。

ネタバレあり
キャラクター

須藤セシル

バタフライ法律事務所所属の史上最年少弁魔士。使用魔法は自然魔術。幼少時にカナダで生活していたが、11歳で帰国。17歳で司法試験に合格した努力家。本人も気づいていないが、大きな潜在魔力を持っている。

ナナジーニィ

使い魔。

穂樽夏菜

バタフライ法律事務所所属の新人弁魔士。使用魔法は自然魔術(砂塵使い)。セシルにライバル心を燃やしている。クールに仕事をこなすが、自己本位でチームワークを乱してしまうことも。

蜂谷ミツヒサ

バタフライ法律事務所所属。使用魔法は魔水使い。いつも沈着冷静。誰も笑ったところを見たことがない。ニックネームは、法廷のターミネーター。

天刀もよ

バタフライ法律事務所所属。セシルの良き相談相手。ケチャップ、ホイップクリームを持ち歩き何にでもかける異常な味覚の持ち主。

甲原角美

バタフライ法律事務所所属。使用魔法は自然魔術(魔風使い)。育ちが良く上品で、マイペースの天然女子。休日はコスプレイヤーとしてはじけまくる。

左反 衣

バタフライ法律事務所所属。使用魔法は予知魔術。陽気で下ネタ好き。霊感が強く、度々アソシエイトのピンチを救う。

蝶野アゲハ

バタフライ法律事務所のボス弁魔士。若く見えるが、実は整形。老化には異常なほど敏感。時に強引なやり方で弁護することもあるヤリ手。

蝶野セセリ

バタフライ法律事務所所属。使用魔法は自然魔術。面倒見がよく、思いやりがある。外見に似合わず繊細で几帳面。姉のアゲハより金銭面に厳しい。

鮫岡生羽

シャークナイト法律事務所のボス弁魔士。使用魔法は接触魔術。とことん美意識に拘る。やや軽薄そうなイメージだが、実は頭脳明晰。

柄工双静夢

警視庁捜査1課警部補。年下の上司に振り回されて毎日愚痴が絶えない。

江来利クイン

警視庁捜査1課警部。魔術使いを異常に敵視。チェーンスモーカー。縁起やゲンを気にしている。

工白志吹

シャークナイト法律事務所所属。使用魔法は言霊魔術。普段は腰が低く冷静だが、思い通りにいかないと逆上することも。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原案・監督・キャラクターデザイン:梅津泰臣 / シリーズ構成:梅津泰臣 / 脚本:伊藤美智子 / 総作画監督:外丸達也+松田勝己 / アクション作画監督:阿部 望 / エフェクト作画監督:橋本敬史 / アクション作監:阿部 望 / 美術設定:渡部 隆+成田偉保+横田晋一 / 美術監督:小倉一男(草薙) / CGディレクター:松井一樹(ダンデライオン) / CGスーパーバイザー:西川和宏(ダンデライオン) / 音楽:小西香葉・近藤由紀夫(MOKA☆) / アニメーション制作:ARMS /

キャスト
須藤セシル:田辺留依 / ナナジーニィ:若本規夫 / 穂樽夏菜:真堂 圭 / 蜂谷ミツヒサ:東地宏樹 / 天刀もよ:竹達彩奈 / 甲原角美:荒川美穂 / 左反 衣:大久保瑠美 / 蝶野アゲハ:恒松あゆみ / 蝶野セセリ:高木 渉 / 鮫岡生羽:諏訪部順一 / 柄工双静夢:小西克幸 / 江来利クイン:井上麻里奈 / 工白志吹:小野大輔 / 鎌霧飛郎:茶風林 / 抜田美都利:多谷結衣 / 麻楠史文:小山力也 / 細波サンゴ:ヤスヒロ / 海神往紗馳:原 英士 / 須藤芽美:見好りえ /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}