動画が再生できない場合はこちら

花物語

30

0

0

0

0

6

君を知り、解きはなつための物語。

西尾維新の大人気シリーズの「セカンドシーズン」の一つにあたる作品。今作のヒロインは、阿良々木暦の後輩でスポーツ少女の神原駿河。彼女はある日、“願いを必ず叶えてくれる『悪魔様』”の噂を耳にして……。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(6件)

期待外れにおもしろい♪

神原駿河メインではちょっと弱いかな?と思っていたけれど、見始めたらグイグイ引き込まれてしまいました。
女性への変化の一コマを垣間見たかのような気分にさせてくれるラストは素敵です♪

セカンドシーズンの徒花

パッケージではシーズン内の1編なのに別枠扱いの話。
自称”阿良々木先輩のエ〇〇隷”神原駿河のエピソード。
化物語、偽物語で鳴らした下ネタキャラが、実は甘えん坊キャラだった事が判明する話。
とはいえ、自室では基本全裸、ガチ百合、腐女子と変〇キャラなのは変わらない様で飛ばされるのもやむなしといった所。

ネタバレあり

「あぁ~これこれ、この感じ」

今回も「~らしさ」を堪能。

終始めまぐるしく移り変わる展開にもかかわらず、いつもの感じ(テンポ・画・セリフ)で魅せてくれるので、自然と二周目も視聴したくなる感じも併せて「~らしさ」が妙に心地いいというかニヤニヤします。

沼地の唐突な再会・存在に警戒し、やがて沼地の「真実」を知ることとなる駿河の真っ直ぐな対応に、逞しさ・清々しさを感じました。

お前の裸を見てもなんとも思わなくなってきた。

MXでの一挙放送以来の視聴。
阿良々木くん、最後においしいとこ持ってくけど、そのヘアスタイルと私服は似合わないw
貝木さん、あなた死んだはずじゃぁなかったっけ?自分が死んだこと忘れている、もしかして?
シリーズのファンとしては、相変わらずの映像表現と言葉のやりとりを堪能しました。
初めて見るのがこの作品という人は少ないだろうけど、楽しむなら化物語から順番に全部見ておきましょうと
念のため申し添えておきます。

ネタバレあり

やはり良い

有料で若干高いですが確かに面白かった。物語シリーズの花物語です。TV放映されたセカンドシーズンを見終わった直後の方にはお勧めです。思わず笑みがこぼれるでしょう。作風と演出は相変わらず。独特の語り調でコミカルに演出し、登場人物の個性や怪異といったネタを使いながら、人の欺瞞について辛らつな皮肉を浴びせていきます。「善良とは何か?偽善とは何か?」嫉妬や孤独に苦しむナイーブな少年少女の心。怪異を敵として共闘する姿を描きつつ、青春群像を現代風のテーストで仕上げます。本編主人公と設定が多くの読者を引き付けたのは言うまでもありませんが、少年が憧れる少女像を具現化できたことが本当の魅力でしょうね。ファーストシーズンは物語的に面白く、セカンドシーズン以降はスピンオフ的な色合いが強くなります。毎回他ジャンルの公式(お約束)を導入しています。そして本作品は?。とても良い話ですし、清々しい満足感が残りました。

銭の取れるアニメ。

次のエピソードへの引きがうまい。もう次話を買うしかないという気にさせられる。化物語の忍野メメがいなくなって語りのリズムが足りなくなっていたのが、セカンドシーズンからいろんなキャラが代わる代わる語り部を引き受けて再びいい感じ。終わってみるとそう緻密な話というわけではなくて、寄席に行って落語を聞いて出てきたら頭が空っぽだったとかそういう類かもしれないけれど。

キャラクター

神原駿河

猿に願った少女。暦達の1学年下で、スポーツ万能の元バスケ部エース。ひたぎに強い恋心を抱いていたが、今は阿良々木暦との仲を応援している。暦のことを尊敬していると言うわりに、言動は無礼。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:西尾維新 / 発行:講談社BOX/講談社 / キャラクター原案:VOFAN / 総監督:新房昭之 / 監督:板村智幸 / シリーズ構成:東冨耶子+新房昭之 / キャラクターデザイン・総作画監督:渡辺明夫 / 総作画監督:岩崎たいすけ / 美術監督:飯島寿治+内藤 健 / カラ-デザイン:滝沢いづみ / 色彩設計:日比野仁+渡辺康子 / ビジュアルエフェクト:酒井 基 / 撮影監督:会津孝幸 / 編集:松原理恵 / 音響監督:鶴岡陽太 / 音楽:羽岡 佳 / アニメーション制作:シャフト /

キャスト
神原駿河:沢城みゆき / 沼地蠟花:阿澄佳奈 / 神原遠江:根谷美智子 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}