動画が再生できない場合はこちら

宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海(HDクオリティ)

13

0

1

2

0

1

16万8千光年…。
イスカンダルへの旅路。

追加カット、新たな視点でTVシリーズ全26話を再構成した特別総集編。
西暦2199年。人類は絶望の淵に立たされていた。外宇宙から襲来した謎の星間国家<ガミラス>による遊星爆弾により地球は壊滅的な被害を負い、人類滅亡までの猶予はわずか1年…。残された最後の希望、それは、人類初の恒星間航行が可能な宇宙戦艦「ヤマト」で、ガミラスの攻撃によって汚染された地球を浄化再生するシステム「コスモリバースシステム」を受け取りに行く「ヤマト計画」だった…。人類の命運を懸けた16万8千光年の大航海を追想する。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(4件)

後悔

評判に流されて映画館で観なかったことを後悔した。
(1~7章)テレビシリーズの総集編になっているが、全体的に戦闘シーンが長く、登場人物のドラマが薄い。
薄いせいで節々の戦闘では心動かされることがなく眠くなるほど。

申し訳程度のガミラス情勢、2199のテーマ「相互理解」の象徴であるメルダの登場、クーデター、短すぎるデスラーのシーン、ラストで発覚する古代守の行方など、
どれも2199の大切な要素であるも、二時間という限りある時間の中では無くても良かったと思える。
しかし、この要素を完全に取り去ってしまっては、2199の骨しか残らなくなってしまうだろう。
「追憶の航海」というこの作品を記録とするならば、それでもいいかという気持ちにもなる。

そんな中で、唯一最高に評価できる点はイスカンダルから地球への帰還である。
25、26話の水着や茶番がないだけでこんなにも安心して観られるとは!

ネタバレあり

これ以上の編集を望むのは...

2199はバンダイチャンネルで1~7章視聴、BD7枚購入、TV版字幕付き全話録画、今作は映画館に行けないため、通販のBDを待ちきれなくなっての視聴です。ここのクチコミではあまり評判が良くないようですが、総集編と呼ばれる作品は数あれど、この作品は良い方だと思います。旧作に存在しない2199固有の見ごたえのあるシーンを最大限生かした上で、年末に予定されている新作に繋ぐための作品であると考えた場合、これ以上の編集は望めないと思いました。構成の森田さん、加戸さんのお二人はいい仕事をされていると思います(ただ一つ「この作品が初めてのヤマトです」という方には向かない作品である、というのが難点ですが...)。年末の完全新作劇場版を楽しみにしています。

ネタバレあり

微妙...

「星巡る方舟」で伏線回収するつもりなのか、何とも言えない編集でしたね。

13時間をこれだけ短縮するのにはキツイ作業だったと思います
音楽も使い所を絞ってるのかな?

映画館には行けないので此処で見たのですが
予告編やオマケ、画質が違うぐらいの内容では...
円盤化に期待しても無理かなあ。


ただ、むらかわさんのEDイラストは良かったですね
他の方のイラストや小説で補完をすることを考慮してください

ネタバレあり

宇宙戦艦ヤマト2199 追憶の航海

映像は素晴らしいのですが、ストーリー・演出は初代宇宙戦艦ヤマトの足元にも及びません。

冥王星海戦の、ゆきかぜ・古代守と沖田艦長での絶望、雪辱のストーリーがなし、波動エンジンの起動・ワープや波動砲の未知への不安・焦り・成功の驚きもなし。極め付けは、最後の地球を目の前にしたクルーたちの喜びの背景で起きる沖田艦長の死、そしてそれをクルーに伝えられない佐渡先生の配慮といった最大の盛り上がりシーンは映像のみで音声なし(エンディングの歌の単なる背景)。

期待していただけに、残念でなりません。

ディレクターズカット版がある事を期待しています。

ネタバレあり
キャラクター

沖田十三

宇宙戦艦ヤマト艦長。国連宇宙軍・連合航宙艦隊司令長官。階級は宙将(提督)。宇宙物理学博士号を持つ。常に沈着冷静で、強靭な意志と不屈の闘志を内に秘めた人物。古武士と老練な科学者という顔を併せ持つ。

古代 進

ヤマトの戦術科士官。戦術長。階級は一尉(一等宙尉)。主砲・副砲・対空砲・魚雷、そして艦首波動砲の各種武器、及び航空隊を指揮下に置く。甲板関係の掌帆長も戦術科の下にある。

森 雪

ヤマトの船務科士官。船務長。階級は一尉(一等宙尉)。情報・電測・船体消磁・通信・暗号・航空管制・電子機器整備等を統括。船務科はレーダーや無線通信など扱うため、第一艦橋では主任レーダー手も務める。

島 大介

ヤマトの航海科士官。航海長。階級は一尉(一等宙尉)。航海・信号・見張・操舵、そしてヤマトの航海計画(航路作成)を統括する。

スターシャ

イスカンダル星女王。滅亡の危機に瀕した地球に救いの手を差し伸べるため、波動エンジンの設計図とともにメッセージを妹に託して地球へと送った。

デスラー

大ガミラス帝星総統。銀河系へとその版図を広げる軍事星間国家「ガミラス帝星」の指導者。

メカ・ロボット

宇宙戦艦ヤマト

国連宇宙軍が極秘に開発した宇宙戦艦。イスカンダルからの技術供与を受け、かつて太平洋戦争中に沈没した戦艦大和の残骸に偽装し、恒星間航行を可能とする宇宙艦艇として建造された。

零式52型空間艦上戦闘機<コスモゼロ>

国連宇宙海軍 極東方面空間戦闘群 宙技廠が開発した全領域制宙戦闘機。大気圏内外での作戦行動が可能。艦上機としての運用を考慮し、機首・主翼・垂直尾翼が折りたたみ構造になっているのが特徴である。

99式空間戦闘攻撃機<コスモファルコン>

国連宇宙地上軍 極東方面空間戦闘群 宙技廠が開発・量産に成功した戦闘攻撃機。地球の絶対防衛圏守備用局地戦闘機として開発された機体だが、「ヤマト計画」の立案により国連宇宙海軍が艦上機として採用した。

空間汎用輸送機SC97<コスモシーガル>

国連宇宙海軍が運用している双ブーム型ティルトウィング式多目的輸送機。エンジンを装備した主翼を90度回転させて垂直離着陸を行い、戦闘員や物資、対潜哨戒任務などに使用される多用途機。

100式空間偵察機(国連宇宙軍・火星仕様)

国連宇宙地上軍 極東方面空間戦闘群が運用しているVTOL式汎用偵察機。国連宇宙開発機構が開発した惑星探索機SR91の軍用版。機体上面の各種センサーや機体下面のレーダードームで幅広い活動を行う。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:西﨑義展 / 構成:森田 繁+加戸誉夫 / ディレクター:加戸誉夫 / 編集:小野寺絵美 / 監修:出渕 裕 / アニメーションスタッフ:結城信輝+前田明寿 / アシスタントディレクター:中野 剛 / CG制作協力:SUNRISE D.I.D. / CGディレクター:今西隆志 / 音響監督:吉田知弘 / 音響効果:西村睦弘 / 音楽:宮川彬良+宮川 泰 /

キャスト
沖田十三:菅生隆之 / 古代 進:小野大輔 / 森 雪:桑島法子 / 島 大介:鈴村健一 / 真田志郎:大塚芳忠 / 徳川彦左衛門:麦人 / 佐渡酒造:千葉 繁 / 新見 薫:久川 綾 / 山本 玲:田中理恵 / 加藤三郎:細谷佳正 / 篠原弘樹:平川大輔 / AU09:チョー / 南部康雄:赤羽根健治 / 相原義一:國分和人 / 太田健二郎:千葉優輝 / 原田真琴:佐藤利奈 / 岬 百合亜:内田 彩 / ゲール:広瀬正志 / メルダ:伊藤 静 / セレステラ:茅原実里 / ゼーリック:若本規夫 / ヒス:秋元羊介 / フラーケン:中田譲治 / ドメル:大塚明夫 / スターシャ:井上喜久子 / デスラー:山寺宏一 / ナレーション:小野大輔/桑島法子 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}