動画が再生できない場合はこちら

失われた未来を求めて

46

0

0

2

5

4

旧校舎での最後の文化祭に向けて、
天文学会が動き出した、あの日――

21世紀の初めの、秋の内浜地区。内浜学園は歴代最高潮の盛り上がりを見せていた。執行部を中心に開催される、各文科会最大の見せ場・総合学会。それは新校舎建設とともに廃校が決まった旧校舎での最後のお祭りだった。実力ある学会が参戦の名乗りをあげる度に、士気は高まっていく。そして秋山奏が所属する『天文学会』に課せられた使命は、『各学会による過剰なお祭り騒ぎの鎮圧や活動障害の撤去、そして夏前から先駆けて始まった不思議な事件の解決』だった。全校の期待を背負い、最後の文化祭に向けて彼らが動き出した――。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(11件)

11話の良さを思うと最終話がちと残念

ゆいの与えられた使命と達成後の定められた結末と当人の想いがシンプルに胸を打つ11話に対し、なんとも釈然としない最終話なので世間的に評価が低い様ですが個人的には好きです。
ハーレム物臭い序盤展開自体を前倒しして、最終話でゆいの新たな人生を見せてくれていれば多少は評価も上がった作品に思えます。

とても面白い、でも何かが足りない

ストーリーや設定は面白く、各ヒロインたちも可愛くて、みんなキャラが立っている。
なのに全話を視聴した後、ものすごく何かが足りない気がしました。

きっと自分の中でもう一段階先の話まで期待してしまったのでしょう。
また、大体の人が同じ感想を抱くのではないかなとも思います。
その先は視聴者のご想像にお任せしますといったところでしょうか。

しかしながら、そんな期待を持ちながら見続けることができる良作だと思います。おすすめです。

……おしい。

おしい……。凄くおしい……。
何がおしいって、
もう少し頑張れば名作といってもよい作品になったのに、というおしさです。

心情の掘り下げ、
ストーリー構成、
作画、演出、
それらがもう少し伸びていれば……。

とはいえ。
最終話を観終わった後の、じわっと心の中にしみこむような後味。
他の作品ではなかなか味わえない感覚を味わわせていただきました。

果たして、彼は、彼女は、幸せを手にしたのか?

その答えは、この作品を観終わった皆さんにゆだねられている、ということなのでしょう。

まあまあおすすめ

悪いわけじゃないし、それなりと深いとはおもう。ただもう少し後半話数がほしかった気がする。それに因果とかそういうのがメイン見えてしまうかも。ハッピーエンドか言われると微妙、そして何が成功かしっかりと考える必要があるかも。何も考えなければ感動できるし、考えると少し物足りない気がします。短いからそういう意味で見てもいいかも。似たような作品例えば、「ハルヒ」とか「ひぐらし」とか長いの多いので。

ネタバレあり

古川ゆい≒長門有希

ただの恋愛アニメだと思いきや、こんな事情があったとは・・・
SF要素が加わったけっこう奥の深い恋愛アニメです。
それにしても、”古川ゆい”はこのループを何度味わったのだろう・・・
(参考までに:「涼宮ハルヒ~」の長門有希は1万回以上の”夏休みループ”を経験し、全てを記憶している)
彼女(古川ゆい)が不憫すぎて泣けてきます・・・。
(´;ω;`)ウゥゥ

いい話でした。感動した。

タイムパラドックス。考え始めるといろいろややこしくてめんどくさいテーマですが,こういう話って,日本人に合ってるのかも。トム・クルーズ主演の映画「ALL YOU NEED IS KILL」に話が似ていますが,その映画もたしか日本のマンガが原作だったような。。。
切なく,悲しく,そして見た後すがすがしくなるいい作品でした。

ネタバレあり

良く出来た作品

個人的ですが非常に良い作品

タイムリープかな?

 パラドックスあるけど、分岐はまた整合する!
は在りかなと思うのです。
 宇宙の存在理由が解らないので否定出来ないです。
砂丘にできる模様を完全に説明出来ないのと同じで、
全体は変わっていない、けど部分的には変わっている

劇場版希望

重製劇場版希望

その終わり方は・・・・

ちょっと酷ですね。結局の所、ゆいちゃんをつくる訳だけど、そうすると、作り出す理由が違ってくる訳だから、そうが知っているゆいとは違ってくる気がするんだけどね。

また、世界線が違うにもしても、過去改変使用とする理由は分かるけど、ちょっと無理があるすぎて終始退屈でした。

こてのストーリーだと、12話関係は無理があると思います。

個人的に、ちょっと残念な作品ですね。

ちょっと飽きてきた

脚本とかとは関係ないのですいません。
制服・ミニ・サイハイの組み合わせは、ちょっと飽きちゃいました。
需要はあるんあるんだろうけどね・・・。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:アトリエハイキー / キャラクター原案:深崎暮人+黒谷 忍 / 監督:ホソダナオト / シリーズ構成:川又り絵 / シナリオライター:村井さだゆき+髙橋龍也+篠塚智子 / キャラクターデザイン:山門郁夫 / 音響監督:本山 哲 / 音楽:羽鳥風画 / 音楽制作:スターチャイルドレコード / アニメーション制作:feel. /

キャスト
秋山 奏:寺島拓篤 / 佐々木佳織:高田初美 / 古川ゆい:友永朱音 / 支倉愛理:瑞沢 渓 / 華宮凪沙:たみやすともえ / 長船・KENNY・英太郎:山口勝平 / 東 八重子:種﨑敦美 / 本城作之進:大塚明夫 / 深沢花梨:佐藤聡美 / 佐々木詩織:後藤邑子 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}