動画が再生できない場合はこちら

終わりのセラフ

43

0

2

3

5

2

世界を切り開いてみせる――

ある日突然、未知のウイルスにより世界は滅びた。生き残ったのは子供だけ。そして、その子供たちは地の底より現れた、吸血鬼たちに支配された。百夜優一郎は、家族同然の絆を持つ百夜ミカエラら孤児たちと、吸血鬼に血を捧げることで生きていた。家畜同然の扱いに耐えかねた優一郎は、ミカエラや幼い孤児たちと共に、外の世界へと脱出を図るが…。時は4年後。百夜優一郎は日本帝鬼軍の吸血鬼殲滅部隊「月鬼ノ組」に入隊。恐るべき吸血鬼たちとの戦いに、その身を投じていく…!!

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(12件)

2期

息子やその友人達お薦めのアニメで、
その理由からの視聴です。

映像はなかなか奇麗です。
背景は独特ですが、物語の雰囲気に合っていると思います。

後は、吸血鬼の描かれ方か、、、
人ではない者が登場する物語の中で、
最も気になるのは、その描かれる「品格」。

今後、その描かれ方が、評価を左右するのかな、と思いつつ見ています。
現在、その違和感が強くて、、、


、、、
1期の最終盤から
2期の冒頭部を視聴しての感想は

どうも吸血鬼と人間いずれの側にも、幾つもの勢力のせめぎ合いがあって、
上記の違和感を感じた言動にも思惑が隠されているようです。

物語の今後が非常に気になります。

あと、吸血鬼側が通常兵器も使って人間側の部隊を攻撃する処は新鮮でした。

次クールに期待

最終話で作品タイトルの「終わりのセラフ」が計画名だとわかります
この「終わりのセラフ」計画とは一体何なんだろうかと思うと
続きが物凄く気になる引きです
2クールは10月ですか?期待してます

ネタバレあり

オープニングに酔いしれる

1クール掛けてようやく序章なんだろうか?
残りの1クールでどこまで話が動くのか?全部見ないと評価は無理っぽい。
ただ、梅津さんのオープニングはさすがに素晴らしかった。
オープニングだけでハート3つ

う~ん

なんというか・・・アクションもストーリーもモッサリ垢抜けない感じの印象を受けました。これという押しどころの無い作品。残念です。

物語が走り始めるまでが長すぎる

誰がどう見てもストーリーが走り始めるポイントは明白だったと思うのですが
そこまで行くのにずいぶんお茶を濁して引っ張ったなぁ・・・
もし今後脇役が空気になってくなら今まで何だったのか

硬派ではありません

バトルアニメではありますが
戦闘描写も手描き感を重要視しすぎて
ゆったりカクついていますし
原作も含め、割りと根性モノよろしく
細かい事は気にしない展開

ただキャラクターも男女共に可愛く
雰囲気も好みなので原作も一気買いする
くらいには大好きな作品です
クドい男性向け萌え要素が少ないのも良いですね

アニメ化早すぎる

漫画原作のアニメ化です。原作が月刊誌なので歩みが遅く、ストーリーも遅滞気味と感じていた中でアニメ化です。大丈夫なのだろうかと心配しましたが、やはりテンポが悪い。タイトルと雰囲気でイメージさせて美少女や美少年、美青年が絡み合う良さ。これがテーストですから大事にして欲しいですね。完結までまってから判断しても良かったかと思います。演出が雰囲気を上手に作れればと思っていたんですが、そこまで踏み込んでおらず、悪い意味で原作に忠実です。冒頭の出だしは回想シーンとして謎として残し、途中から始めてテンポを良くするとかできたはず。漫画のほうはまともに時系列で作ってますので、そのままでは辛いかと。小説原作と漫画原作を同じやり方で映像化しており、そこそこ知られたタイトルを成熟させずに消化したような印象でした。週刊誌もそうですが、コミック系がライトノベル系とゲーム系の進化に追従できていないと実感。

男性向けではない

作画やキャラデザインは良いですが、見ていて心に引っかかるのがそこだけ…
むしろ何となく、どことなく、違和感というか不愉快さが残る。

まだ3話なので、概ね予想通りの展開が続いてますし
おそらく見たところ、過去編というか世界観を伝える準備期間っぽいので
時系列が最新になると物語が大きく変化するのでしょうかね?

…とは言え、作品が対象としている視聴者は若年の女性なのでしょう、
おっさんの自分には所々「うーん…あ、そう…」と何とも言えない場面がありました。

音楽にヤラれました

劇場版のような1話とうって変わって、2話からOPとEDが付き、
女子ホイホイな美麗な画と、ユニコーンガンダムやアルドノアを手掛けた澤野弘之氏の音楽がシビれる。
このままのクオリティーに期待残して、星4つです。

ネタバレあり

正統派!!!

以前、ジャンプスクエアで連載していたものを読んだことがありますが、ジャンプ系雑誌によくある、正統派バトルマンガという印象です。

ネタバレあり

これは・・・・・

初回 観て 一発で引き込まれた。
今後の期待感ハンパねえっす!

これから出てくるであろう仲間も気になるけど
ミカエラやあの施設の貴族がOPで生きてた?って
ことは、何か謎がまだまだあるんやろな。

なんか単純に人間VS吸血鬼では終わらない感じがしています。
続きが待ち遠しくなる作品です。



ネタバレあり

吸血鬼も死ぬんやね

 吸血鬼もの大好きなもんで、ついつい観てしまいました。
感想は   次話も観たくなる様な展開ですな。  観ますね これは!

予想外だったのは、 吸血鬼も、頭打ち抜かれたら、死んでしまうんやね・・・・
太陽光とか、心臓に杭を打れた時以外は  不死身と思っておりました。
赤い血を流し肉体も消滅しないまま、横たわってましたな・・・
ひょっとして、貧血ぎみの人間かい? 貴族の彼は。

ネタバレあり
キャラクター

百夜優一郎

吸血鬼の都市から脱出した少年。家族を殺した吸血鬼に激しい憎悪を燃やし、吸血鬼殲滅のために日本帝鬼軍に入隊する。協調性に欠ける所はあるが、根は優しく仲間想いである。

百夜ミカエラ

百夜孤児院2人目の生き残りで、優一郎の親友。吸血鬼都市脱出の際に死んだと思われていたが、吸血鬼となり生存していた。人間に利用されている優一郎を救出すべく戦う。

一瀬グレン

日本帝鬼軍・吸血鬼殲滅部隊「月鬼ノ組」の中佐。吸血鬼の都市を脱出してきた優一郎を日本帝鬼軍へと導いた。柊家の支配する帝鬼軍を改革しようと、陰で何かを企てている。

フェリド・バートリー

吸血鬼の都市から脱出を試みた優一郎の家族を、その手で抹殺した男。第七位始祖の吸血鬼で強大な力を持つが、ふざけた言動が多い。裏では人間と手を組み、何かを画策している…。

柊 シノア

「月鬼ノ組」の分隊長。日本帝鬼軍を統べる柊家の血を引いており、鬼呪装備の開発者・柊真昼の実の妹でもある。グレン中佐の部下であり、百夜優一郎の監視を命じられていた。

早乙女与一

優一郎と共に吸血鬼と戦う、「月鬼ノ組」の隊員。吸血鬼に姉を殺されており、復讐のために部隊に入った。心優しい性格だが、有事の際は困難に立ち向かう、強き意志を持つ。

君月士方

優一郎と同じ「月鬼ノ組」に所属。頭脳明晰で戦闘能力に優れるが、性格にトゲがあり、周囲に問題児扱いされている。病床に伏す妹を持ち、治療を受けさせるために軍に入隊した。

三宮三葉

13歳の頃から吸血鬼殲滅部隊に所属しているエリート。シノアとも旧知の仲である。自分の身勝手で仲間を死なせてしまったと思っており、戦いではチームワークを重視する。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:鏡 貴也+漫画:山本ヤマト+コンテ構成:降矢大輔 / 掲載:「ジャンプスクエア」 / 発行:集英社 / 監督:徳土大介 / 副監督:肥塚正史 / シリーズ構成・脚本:瀬古浩司 / キャラクターデザイン:門脇 聡 / イメージボード:品川宏樹 / 音楽プロデュース:澤野弘之 / アニメーション制作:WIT STUDIO /

キャスト
百夜優一郎:入野自由 / 百夜ミカエラ:小野賢章 / 一瀬グレン:中村悠一 / フェリド・バートリー:櫻井孝宏 / 柊 シノア:早見沙織 / 早乙女与一:岡本信彦 / 君月士方:石川界人 / 三宮三葉:井口裕香 / クルル・ツェペシ:悠木 碧 / 柊 暮人:前野智昭 / 柊 深夜:鈴木達央 / クローリー・ユースフォード:鈴村健一 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}