動画が再生できない場合はこちら

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2

強い奴ほど、面白い

災いを招く危険な秘宝「魔剣目録」を携えて、流浪の旅を続ける剣士、殤不患。生国、西幽を離れて東離の地に落ち延びたことで一時の安息を得た彼だったが、その消息が仇敵「禍世螟蝗」に知られたことで、再び身辺に危険が迫る。遙かな西幽より続々と送り込まれる異能、異形の刺客たち。そんな殤不患の窮地に、紅蓮の装束に身を包んだ謎の吟遊詩人が現れる――――

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(7件)

徐々にのめり込む

話もなかなか面白い。人形の動きも観てるうちに慣れてくる。
「どこかで見たかも」という展開や設定はあるが、それも虚淵作品の魅力であろう。御仁の再構築の才能は素晴らしい。
何より、台湾の伝統文化の芸が素晴らしく、そこに価値がある作品であるため、ぜひとも生の人形の演技が観てみたいと思う。興行的に難しいだろうが、いつか本物の Thunderbolt Fantasy 人形劇舞台が観られる日は来ないものだろうか?

一期にも勝らず劣らず

盛り上げ方が半端ないなw

いやホンネまどかマギカはホント大嫌いなのだ
だがしかし、虚淵玄氏のこの脚本からすると何かした表紙にまどか☆マギカ(登録していないのにこう変換されるのもすごいなw)も好きになってしまう可能性もあるってこのなのか?

まあ、そんなことを考えてしまうくらいに面白い!
性格に難があるといわれている西川氏のオープニングテーマ、エンディングテーマもかっこいい!

今期は本当に豊作だなw

一期よりも哲学的な

一期は、現地の人形劇の影響があったのか、冒険活劇的な要素が強かったのですが、今期はずっしりと腰を落ち着けた感じです。
主人公の軽快なセリフや、取り巻きの慎重な性格、激しい性格など、キャラクターが立っていて、そのやりとりや駆け引きが面白いです。
監督は、こういう事をやりたかったんじゃないのかしら。
登場するキャラクターそれぞれが、自分に自信を持っているから、見ているほうは面白いんだろうね。

かなり面白いです

一話、二話くらいまでは導入なので我慢してみる必要があります。段々と盛り上がり、今は次の話が楽しみです。

ただの人形劇ではなく一見の価値あり。下手なアニメなど足元にも及ばない。

あいかわらず時間を忘れる作品。
CGとの絶妙な組み合わせと、ストーリー、人形や砂、液体等の操作、その他諸々ただの人形劇かと見下して拝見しないのはもったいない。
昨今のアニメよりも確実に手が込んでいて、制作時間もかかっているであろう事は容易に想像できる。
20数分の作品を作るのにどれだけの時間を必要とし、1シリーズに作成する同一人物の人形は何体になるのか、下衆な話しになるが制作費はいかほどなのか。
出来上がった魅力的な視聴作品そのものと制作スタッフに「良作をありがとう」。

人形なのに独特の色気がありおすすめです。

所作 仕草 表情 人形なのに 人間臭く 登場人物も皆癖のあるものばかりで、ストーリーに引き込まれます。1期よりも、細かく表現が向上していて、先が読めないハラハラなストーリー展開とあわせて、今回も楽しませてもらっております。音楽もすばらしく、昨今異世界転生者ばかりなので、正統で邪道なファンタジーをこのような形で見せていただけるとこに感謝しております。

ネタバレあり

2も期待通り

台詞回しのカッコよさを世界観が引き立てる傑作。2も面白い。

キャラクター

凜雪鴉

気品漂う謎多き美丈夫。常に煙管を手にしている。博識かつ狡知に長け、立ち振る舞いは常に優雅。正体は、月明かりを浴びて影を落とさず、雪道を踏んで足跡を残さずといわれる神出鬼行の大怪盗。悪党の驕慢を砕く事を宝としている。

殤不患

厭世的な皮肉屋を装い、常に憎まれ口ばかり叩いているが、性根は義に篤い人情家。西幽から東離まで渡ってきた流浪の剣客。人心を惑わし天下を乱した魔剣、妖剣、聖剣、邪剣を納めた「魔剣目録」を持つ。

浪巫謠

かつて西幽で殤不患の相棒だった吟遊詩人。極端に寡黙な人物で、必要最低限の事柄しか言葉にすることはなく、喜怒哀楽の感情表現は常時携えている人語を解する魔性の琵琶「聆牙」を爪弾くことで示す。

聆牙

浪巫謠が愛用する魔法の琵琶。魔力のこもった浪巫謠の言霊を手元で浴び続けた結果、人格が備わり言葉を発するまでに至った。普段は滅多に言葉を発しない浪巫謠に代わり、この聆牙が他人との交渉事を引き受けるのが常である。

蠍瓔珞

禍世螟蝗の門弟で毒を操る美女。東離に逃れた殤不患を追って西幽からやってくる。

嘯狂狷

殤不患を「逆賊」と呼び、その居場所を探してやってきた西幽の捕吏。

諦空

流浪の苦行僧。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:Thunderbolt Fantasy Project / 原案・脚本・総監修:虚淵玄(ニトロプラス) / 操演・撮影:霹靂國際多媒體股フン有限公司 ※フン=人偏に「分」 / キャラクターデザイン:ニトロプラス(三杜シノヴ+源覚+なまにくATK) / 武器デザイン:霹靂國際多媒體股フン有限公司 ※フン=人偏に「分」 / 造形アドバイザー:グッドスマイルカンパニー / 音楽:澤野弘之+和田貴史 / 音響監督:岩浪美和 / 制作:Thunderbolt Fantasy Project /

キャスト
凜雪鴉:鳥海浩輔 / 殤不患:諏訪部順一 / 浪巫謠:西川貴教 / 聆牙:小西克幸 / 蠍瓔珞:高垣彩陽 / 嘯狂狷:新垣樽助 / 謎の姫:悠木 碧 / 諦空:石田 彰 / 禍世螟蝗:速水 奨 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}