動画が再生できない場合はこちら

超可動ガール1/6

大好きなアニメヒロインのフィギュアを「つい」買ってしまったばっかりに、そしてソレが何故か動き出したばっかりに、愛すべきヒロインは【口うるさい押しかけ女房】に変貌を遂げた!? 動く美少女フィギュア「ノーナ」とオタク社会人「春人」の奇妙な夫婦生活ギャグ。純粋だから手に負えない「愛すべきちっちゃい」は無敵です!?

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(6件)

楽しい

昨今のアニメは一つのジャンルが流行り出すと、それに倣うかのように同一ジャンルが増えますが、この作品は傍流ではあれど、ある種の王道作品と言えるでしょう。

こんな展開あったら、こんなシチュエーションがあったら的に少しずつですが、様々な要素が入って来るのでしょう。ですがフラストレーションは溜まらず、普通に視聴出来て、楽しいです。尺が短いのも要因でしょうか?
でも色々込みで星5つとさせて頂きます!

フィギュアファン

フィギュアオタクが待ち望んだアニメ。 
フィギュアコレクターの心情や現実感をよく描写してる。
時間が短い分、せめて24話で・・・イヤ、48話で。

健全なオタク?

とりあえず、可愛くて楽しかった。
新しい切り口は楽しいですね。
1/6フィギィアって、確かでかいのでは・・・?
私もブルーレイドライブないのに、ブルーレイディスク買ったアニメ作品がありますが、主人公の言ってることよくわかります。
フィギィア持ってても、オタク度が高いとは言えず、今は割かし一般的なんじゃないのでしょうか。
ほのぼの作品で、女性が見ても楽しいと思います。
一見してみては?
最後まで視聴しようと思います。

超稼動開始!

 原作既読の者です。
 アニメ『超可動ガール1/6』の何が一番おすすめかを考えていましたが、やはり房井田春人のオタク魂が一番響きました。

 ノーナが可愛いのは当たり前。わたわたと感情豊かに動くのが観られるのも嬉しい。
 揺れる声も味となり、少女型探査機でありフィギュアでもあるノーナらしくて好きです。

 ですが、あえて推したいのはどこまでも二次元を貫く房井田春人です。
 自分の好きなものを堂々と好きといい、ポリシーがある。オタクと仕事を両立することも選んでいる。
 いきなりフィギュアが動き出してもポジティブ解釈を進めるところも良い。
 
 これからが本当に楽しみです。
 
 最後に。
 個人的ですが台詞をよく聞きとってみてください。ところどころにちりばめられる、キャラのアイデンティティが素晴らしいのです。

原作から

さいしょ紹介動画を見たときは、3D・CGの動きに違和感があったけど、本編になったら逆に「動き出しちゃったフィギュア」感があって、なかなか悪くない。原作がめちゃくちゃ面白いし可愛いので、何度も読み返しました。期待もこめてオススメ☆☆☆☆☆

OYSTER先生、初アニメ化作品!

一人暮らしを始めたハルト、誰にも気兼ねせずにオタク生活を満喫しようと買ってきた、推しキャラ「ノーナ」のフィギュアが、いきなり動き出してしゃべりだして攻撃し始めた!

オタクの夢ともいうべき現象を描いたこのお話、視聴者の大多数を占めるであろうオタクならば大いに頷けるだろうネタが満載です
一話だけでも「フィギュアに手を出すと取り返しのつかない事になる」とか
「DVDにブルーレイ、プレイヤーもないのに4Kリマスターボックスまで」とか

ここから先も、オタネタオに、OYSTER節ともいうべき独特のテンポのギャグと、何よりノーナを始めとするヒロインたちの魅力を動く絵と声優さんの熱演で見られるとなると、非常にワクワクが止まりません!

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:「超可動ガール1/6」「超可動ガールズ」(原作者:OYSTER・双葉社刊) / 監督:元永慶太郎 / シリーズ構成:日暮茶坊 / キャラクターデザイン:山名秀和 / 音響監督:阿部信行 / アニメーション制作:studio A-CAT / 音響制作:オンリード / 製作:「超可動ガール1/6」製作委員会 /

キャスト
房伊田春人:羽多野 渉 / ノーナ:木下鈴奈 / ペルノア:千本木彩花 / 天乃原すばる: M・A・O / オズマ:森川智之 / 房伊田ミコト:松田利冴 / 冠成次郎:河西健吾 / クサビ:徳井青空 / リンドウ:深町未紗 / 比等間ルウ:篠原 侑 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}