動画が再生できない場合はこちら

劇場版 機動戦士ガンダムII 哀・戦士編

53

0

0

1

0

10

「機動戦士ガンダム」劇場用3部作第2弾! 哀しみに満ちた戦場でアムロが見たものは?

「機動戦士ガンダム」の劇場用3部作第2弾。TV版の第16〜31話前半までを再編集している。戦場での敗北が死であることを教えたランバ・ラル。アムロを救うために命を落としたリュウ・ホセイ。アムロが淡い恋心を抱き、ホワイトベースを護って散ったマチルダ中尉。彼らとの別れと哀しみが、アムロを成長させてゆく。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(11件)

素晴らしい

哀戦士こわいです。
富野由悠季監督と福田さんにお会いしたいです。

ホワイトベースの若者達の成長。

 ファーストガンダム映画版第二弾。
 サイド7から始まったホワイトベースに乗り込んだ若者達の戦いは、悩み・苦しみ、仲間の戦死や敵との邂逅、悲しい別れが怒涛のように押し寄せる中盤を描いたものになっています。子供の頃はよく理解していなかった内容ですが、大人になって視聴してみるとそういったことがよく伝わってきました。ロボット物ではありますが子供向けではないということでしょうかwまぁ歴代ガンダム作品各々はある意味、ドラマ顔負けの人間関係や喜怒哀楽を描いていますしね。
 一年戦争終盤に至るにつれて成長していくクルーがとてもよく描かれていたと思います。

濃いです

ランバ・ラル、黒い三連星、シャアとの死闘と
マチルダ、リュウとの別れを経て戦士になるアムロ
いや、濃いですねぇ……

ネタバレあり

いいね

マチルダさ~ん

倒れていく戦士たち

タイトルの哀・戦士と書いているように
アムロに関わった人たちが戦争で次々死んでいくという
構成になっている。
ランバ・ラルなどの有名なキャラクターとの戦闘が多い。

ネタバレあり

ちょっと…

アッガイ買って来る。

時間がないときに・・

時間がないときにガンダムを楽しむのに最適な3本のその2。
哀・戦士にふさわしく名前の有る登場人物が次々に倒れていきます。
中でも、マチルダ、ハモン、ミハルの女性たちの戦いと悲しい最後が印象的です。
また、アムロよりもカイの成長が特徴的に描かれており、まるで主人公であるかのよう。
それとフラウのアムロへの報われぬ想いが切ない。
3部作の2作目の出来が良いというのはそれだけでも価値があります。
オススメします。

リュウの犠牲

リュウを犠牲になりアムロとハヤト衝突が生じる

ネタバレあり

あい1

まあまあ

追悼

黒い三連星・ガイア大尉役の、徳丸 完氏の訃報をmixiニュースで知りました。

「こんなにあっけなく、人が次々と死んでいくんだ」

涙がボロボロ出て、モニターがぼやけて見える中、キーを打っています。

『哀・戦士編』は哀しすぎるので6年も観るのをためらっていたのですが
追悼の意を込めて決心しました。「大人のガンダム」と言われるユニコーンですら
ここまで悲惨じゃないよなあ、という気持ちが湧き上がっています。

もう亡くなってしまった方々の声や歌を聞き返して「いっそのこと、ガンダムなんて
風化してしまえばいいのに」と思った人がなぜたくさんいたのかわかったような
気がします。好きなんだけど、悲しいよ。

ガンダムって

人に勧められてみました。
まだⅡまでしか見ていませんが、メカ・アニメというだけでなく名作要素たっぷりで感動しますね。
このころのアニメにしては作画にブレが少ないのはさすが。
登場人物がクリーンで好感が持てますし、Ⅲも見たいと思います。

キャラクター

アムロ・レイ

ブライト・ノア

セイラ・マス

ミライ・ヤシマ

シャア・アズナブル

ララァ・スン

キシリア・ザビ

ギレン・ザビ

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:矢立 肇+富野喜幸 / 総監督:富野喜幸 / キャラクターデザイン:安彦良和(アニメーションディレクター) / メカニカルデザイン:大河原邦男 / 音楽:渡辺岳夫+松山ユウ(旧字体の「示右」)士 /

キャスト
アムロ・レイ:古谷 徹 / ブライト・ノア:鈴置洋孝 / セイラ・マス:井上 瑤 / ミライ・ヤシマ:白石冬美 / シャア・アズナブル:池田秀一 / ララァ・スン:潘 恵子 / キシリア・ザビ:小山茉美 / ギレン・ザビ:銀河万丈 / スレッガー・ロウ:井上真樹夫 / マ・クベ:田中正彦 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}