動画が再生できない場合はこちら

BLUE DROP 〜天使達の戯曲〜

37

0

2

2

3

3

〜少女たちが出会う時、
地球崩壊の幕は上がる〜

名門女學園を舞台に、同性間の愛憎を心憎いまで繊細に描いた作品。モノセックスの星から地球に侵入した戦艦BLUEの艦長<エカリル>。海辺にある全寮制の名門女學園に編入した記憶喪失の少女<若竹マリ>。二人の出会いは偶然? それとも必然? 時には反発しながらも、二人の心はゆっくりと重なり合ってゆく…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(10件)

面白い、けど

色々検索してたら、たまたま見つけたので見てみました。普通に面白かったです。星一つ減ったのは、やはり絵柄が若干古めなのと、戦闘場面と通常場面の切り替えが目まぐるしく、頭の切り替えが大変だったところかな。あと、各回の副題が花の名前なのですが、実際の花の映像は各回で一瞬しか出ず、花言葉は意味あるのかもしれませんが、花の名前にする意図が感じられませんでした。一方、鳥(アジサシ)は結構効果的に飛んでいたと思います。それと、星の数には関係ありませんが、電車が右側通行なのは、わざとそうしたのか(通常場面も異世界扱い?)、単純ミス(だったら誰か気づけよ、ってなもんで)なのかはわかりませんが、目が点になってしまいました。まぁ色々文句?を書きましたが、こういうのは嫌いじゃ無いです。検索で見つけて良かったです。

ネタバレあり

面白かった

ファンの声が辛口すぎると思いましたので、
面白かったという感想を。

侵略種族の先遣偵察隊司令官は、地球潜入時、
意図せぬ事故の為、同胞を含む虐殺者となってしまう。

そのショックの為か侵略隊本部と接触を断ち、
地球人に扮し全寮制のお嬢様学園の生徒として生活していたが、
その事故の唯一の生存者である主人公が編入してきてドラマが始まる。

女子生徒だけの学園生活のドラマ的リアリティーが
女性だけの種族のドラマ的リアリティーに結びつく。

したがって、少女たちの学園生活が
ゆったりとしたテンポで丁寧に描かれている。
その中にインサートされる、侵略者たちの戦闘兵器関連は
迫力あるCGでのアクセント。

終盤、侵略隊の地球総攻撃開始と学園祭の劇中劇開始が
シンクロしてゆきクライマックス。

侵略隊の空襲用爆弾が白い少女の形をしており、
大空に無数に舞い爆発するシーンがお気に入り。
>短くて残念!

ネタバレあり

良作ではあります。

内容もまとまっていますし、話に中だるみもないのですがいかんせんSFと学園青春物があまりうまく混ざっていないような気がします。もっとどちらかに重点を置いた方が話数的に深みが出たのではないでしょうか。

色々書きましたが普通にみて良作だと思いますので、何も見る物がなければ見てみるといいのかもしれません。

余りにも独特な演出と映像美

リアルな女子高生の感情の上澄みだけを掬い取って形にしたような美しさ。
決してリアルな女子高生ではない、かといってテンプレの美少女でもない、リアルな少女の美しさだけを引き抜いた作品である。
人の感想を借りてきて情けない限りだが、DVDのオーディオコメンタリーで「喧嘩した女の子の謝罪の切り出すタイミングが完璧」と萩乃役の沢城みゆきが絶賛していたので、決して的外れなコメントではない、と思う。
お約束の記号で固められたキャラばっかりだが、決してそれだけでは終わらない何かがある。

確かに、人を選ぶ作品ではある。
しかし、少女達の感情を視覚的に分かるよう徹底され、思春期独特の浮足立った感じまで見事に再現されており、息を飲みながら見るしかできない。
ただイチャイチャするだけの百合作品より、恋愛関係にまで発展しかねない危うい信頼関係を描いた本作の方が遥かにエロく感じるのは私だけだろうか。

ネタバレあり

心地よい

地味だけど美しい、心地よい百合アニメ
後半は切ないです

いろいろともったいない作品

まずは人を選ぶ作品だと思いました。がんばって4話くらいみてみましたが私には合いませんでした(流しで一応は全話見ましたが)。なんというか本当にいろいろもったいない作品!!

ブルードロップを観終えて・・・

ブルードロップを観終えて・・・おもしろかった。

ストーリーは一貫性があって、作画もきれいで
一気に観終えました。

十人十色の感想があるとは思いますが、自分は
宇宙船好きなので、戦闘はカッコよかったし、
主人公たちの粘り強いところも良かったです。

物語の内容に過度な期待はしないで、ただその
世界観に浸ってみてはいかがでしょうか。

船好きにはオススメしま~す♪

ネタバレあり

印象が残らなかった作品

百合は、個人的に好きです。
でもこの作品は、百合でもなくすぐに頬を赤く染めるくらいで、他の方のレビューでも
ありましたがなにを描きたかったのですかね。
古臭い感じのするなにも印象が残らなかった作品です。

読後良し、と感じました。。

『百合』要素の入った作品です。
『百合』の大嫌いな人には流石にどうかと思いますが、そうでなければ一見の価値あり。
学園物+SF物が現代の時間軸で展開してゆき、音も含めちょっとした新鮮さを覚えます。
この程度であれば、『心地良い百合』と言ったところ。

何を描いているのか分からないとの意見もあるようですが、やはり『友情』ではないでしょうか..
それが、地球外生命体に対してなのかはわかりませんが...

「BLUE DROP」の約1000年前のストーリー

BLUE DROP(天使の約束・天使の選択・壊れた天使)から約1000年前のストーリー
百合要素があるので好き嫌い分かれる作品ですね。
オープニング・エンディング曲は好きです。
メカニックデザインは良いのに…………
沢城みゆきさん、後藤邑子さん、など声優陣は豪華なのだがキャラクターデザインが……
古臭い感じのするアニメです。(時代設定もあるかも?)
一体なにを描きたかったのか?女子学園物?女の子の友情?恋愛?百合みたいなもの?
女性同士で繁殖する異星人の侵略……いろいろ詰め合わされているのだが………
サプタイトル花の名前で、花言葉が印象に残るくらいで、私はあまり魅力を感じなかったです。
でも、最終話は少し切なかったかな……

見どころ

『BLUE DROP』は吉富昭仁による連作漫画。アニメ版は『戦闘妖精雪風』の大倉雅彦が監督・原案を担当し、『天使の僕ら』の約10年前という設定で、女子校や寮の生活描写と、地球調査に飛来した異星人が絡みあうSFドラマに仕上がっている。謎の異変で島民が死亡した神隠島、そのただ一人の生存者・若竹マリは、奇妙な少女・千光寺萩乃と出会うことで、自分の運命に気づかされていく。みどころは、海底に潜んでいた5番艦BLUEの威容。デザインは『イノセンス』などで著名な竹内敦志で、流れるような美しさをもつフォルム、宇宙戦艦の武装ディテール、ブリッジ内の装備も実に見応えがある。異星人は女性のみの種族で、それゆえに生じる葛藤も見逃せない【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

若竹マリ

五年前の神隠島事件により、両親と記憶を失った少女。神隠島唯一の生き残り。その後、祖母に引き取られるが、自分の余命を知った祖母の方針で全寮制女学園「私立海鳳学園」に編入させられる。

千光寺萩乃(エカリル)

海鳳学園高等部二年で、青海寮生。二年櫻花の委員長で、学業成績優秀、スポーツ万能、沈着冷静、人望もある優等生。あまり感情を表に出さないため、ミステリアスな雰囲気を醸し出している。

ツバエル

地球調査艦隊五番艦BLUEのオペレータ。五年前に地球へ侵入。エミルフォースドライブの暴走事故で艦体を破損したBLUEの修理に従事する。艦長のエカリルに全幅の信頼を寄せている。

川嶋朱音

海鳳学園高等部二年で、青海寮生。家庭の事情で一年留年。ミルクをこよなく愛し、日々かかすことがない。家庭の事情で、多少屈折しているところもあるが、頼りになる姉御肌。料理好き。

香月みち子

海鳳学園高等部二年で、青海寮生。海鳳学園のある海王市に生まれ育つ。引っ込み思案になりがちで、生徒と一緒にいる時間より、用務員の玄さんと一緒に植栽の世話をしていることが多い。

菅原裕子

マリが編入することになった海鳳学園高等部二年櫻花の担任。海鳳学園の理事会から派遣され、四月に海鳳学園に赴任してきた化学の教師。カウンセラーの資格を持つ。実は、彼女は…。

深町学園長

私立海鳳学園の学園長。ダンディかつ温厚な性格で、男性の少ない学園では生徒からの人気も高い。重篤な持病を抱えているのだが、そのことを誰にも明かしていない。離婚歴あり。

船津丸ひろ子

海鳳学園高等部三年。マリたちが暮らす青海寮の寮長を務めている。豪放磊落な一方で、寮生たちを気遣う細やかなところも時たま垣間見せる。実家は網元で、既婚の姉がいる。

メカ・ロボット

戦艦BLUE

モノセックスの星から地球に侵入した地球調査艦隊五番艦。エカリルが艦長、ツバエルがオペレータを務めている。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:吉富昭仁『BLUE DROP』 / 監督・原案・脚本:大倉雅彦 / 副監督:友田政晴 / キャラクターデザイン・総作画監督:竹田逸子 / メカニックデザイン:米村孝一郎 / 美術監督:野村正信(美峰) / 色彩設計:海鉾重信 / 撮影監督:和田尚之 / 編集:重村建吾 / 音響監督:鶴岡陽太 / サウンドデザイン:デジタルサーカス / シリーズ構成:高橋ナツコ / 3Dモデリング:GONZO / 3Dディレクター:白井宏旨(GONZO) / 戦艦BLUEデザイン:竹内敦志(プロダクションI.G) / 音楽:THE金鶴 / アニメーション制作:ビースタック+旭プロダクション / 製作:PROJECT BD /

キャスト
若竹マリ:矢島晶子 / 千光寺萩乃(エカリル):沢城みゆき / ツバエル:後藤邑子 / 川嶋朱音:渡辺明乃 / 香月みち子:雪野五月 / 菅原裕子:山田美穂 / 深町学園長:中田譲治 / 舞山教務主任:一城みゆ希 / シバリエル:麻上洋子 / アザナエル:折笠 愛 / オノミル:倉田雅世 / カサゴル:川上とも子 / 船津丸ひろ子:斉藤貴美子 / 船津丸ゆり子:篠原恵美 / 山田和美:広津佑希子 / 鈴木双葉:野中 藍 / 佐藤未恵:坂東 愛 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}