動画が再生できない場合はこちら

電脳コイル

55

0

0

0

0

11

きっと、キミにつながっている─。

時は202X年、今よりもちょっと未来。子供たちの間で“電脳メガネ”が大流行していた。この“電脳メガネ”は、街のどこからでもネットに接続し様々な情報を表示する機能を備えた、子供たちになくてはならないアイテムだ。現代の携帯電話のように普及し、ほぼ全ての子供が持っている。舞台は由緒ある神社仏閣が建ち並ぶ古都でありながら、最新の電脳インフラを擁する地方都市「大黒市」。小此木優子(おこのぎゆうこ)は、小学校最後の夏休みを目前に、父の仕事の都合で大黒市に引っ越すことになる。そこで出会ったのは、もう一人の“ユウコ”、天沢勇子(あまさわゆうこ)。同じ名前で同じ歳だが全くタイプの違う二人。新しい学校で個性豊かな子供たちと出会い、電脳空間で次々と巻き起こるフシギな出来事を体験する。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)磯 光雄/徳間書店・電脳コイル製作委員会

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(11件)

心の痛み

友達とのいさかいや恋心、出会いと別れ
生きている証、その痛みに立ち向かう少女たちの物語
視聴できてとても良かった

すごい良作

音楽も良いし、前半のギャグと都市伝説っぽい空気も、後半のシリアスも良い 

ネタバレあり

深い

深い。ものすごい深い作品だ。一回では完全には理解できない。このあともう一回見直す。

何年経っても覚えている、この胸の痛みを

とても丁寧に作られていて、大人が見たほうが楽しめます。4歳と7歳の息子と夫と見ていましたが、それぞれに楽しんでいました。話の進み的には途中中だるみ?して感じられるかもしれません。でもその中だるみの生き物3部作こそが最後の味わいに活きてくる。
久しぶりに見てみて、やっぱり買いたくなりましたが、メディアは場所を取るのでHDでダウンロードできたらいいのになと思います。

30代の人に特におすすめ!

NHKさん流石やってくれますw 不思議の海のナディアにつぐ、優良作品です。世界観も面白いし、ストーリーも引き込まれます! 

ฺ(◡‿◡ฺ*)

良かったฺ(◡‿◡ฺ*)

感動!!

こんな終わり方だったのね。
涙が出そうでした!

震災後の「電脳コイル」

僕は西日本在住で、311のことは映像でしか分からない。

ただ、あの日の夜だったか、ニコ生の中で多くの悲鳴を聞いた。その全てが運良く、ネットにいられた人たちの声であると言うことは分かっていた。でも、悲しくて、一晩中、そこにいたことを覚えている。ネットをこれほど、身近に感じたことは今までに無かった。

「電脳コイル」は作品の中でまっすぐ、ネットのすばらしさと玩具になり得る可能性を提示した。同時に、それが、徹底的に心の中を乱すものであり得ることも示した。でも、311は、「電脳コイル」のリアルを軽く超えてしまった。

そういう今だからこそ、もう一度読むべき時だと思う。アニメとして生み出されたこの作品を。

心の痛みに踏み込んだジュブナイルの秀作

ふれて感触を確かめられるものだけが大切なのだろうか?
心に感じるものもまた確かに現実なのである。
それらを感じてふみしめて、子どもたちは世界を広げていく。
いや、しかし、電脳ペットかわええのぅ~~。

「人の心は、細くても繋がっていけるのか?」永遠のテーマを問う作品


電脳世界が精神世界とコネクトして
「いつか人の心どうしの”道”になって、繋がるのだろうか?」
「人と人とは、細くても繋がっていけるのか?」

主題歌を歌う池田綾子さんが言われてましたが

この「人の心をつなぐ道」 と言うのが本作品のテーマであり
人にとっても永遠のテーマではないかと思います。

主題歌の「プリズム」や「空の欠片」も本作品のテーマを元に
作られており、作品の方向性を色濃く示すものとなっています。

「誰もが探している 誰かを捜している」
「手を伸ばせばいつでも あるはずのぬくもりは 幼い日のまぼろし」
「人はどこへゆくのだろう」

大人になっていく過程で、いや大人になってからも
誰もが抱きつづける感情を池田綾子さんの透き通る声で詠い
自然と熱いものが頬を伝う作品です。

こんなにも懐かしい「未来」があります

今から20年も先の未来を描いた物語なのに、その風景も人物描写もどこか懐かしい。
もちろん、それはありきたりな要素を詰め込んだ近未来SFだからではありません。教室や街並み、そして全ての登場人物の心の機微にいたるまで、極めてリアルに描ききった作品のクオリティが与えてくれる感慨です。まるで、すぐそばにでも転がっていそうな20年後です。
リアリティとオリジナリティの高さのみならず、アニメーションの緻密さや物語終盤の伏線回収に至る構成も見事。イサコ役 桑島法子さんの演技とデンスケの活躍は涙無しには観れません。10代になったばかりの子ども達のやさしさ、残酷さ、幼さ、そしてひたむきさに心打たれれば、必ずやBlu-rayBOXまで欲しくなるでしょう(NHKさん早く出してー)。
クオリティは保証します。ひとまず第12話「ダイチ、発毛ス」だけでもご覧あれ。

見どころ

アニメ界の鬼才・磯光雄が初めて監督を担当した作品。「電脳メガネ」が日常生活に深く浸透した未来社会で、子どもたち独特の遊びの感覚をベースにサイバー体験を描きだす。みどころは、子どもが子どもらしい感性を発揮している点。未来の電脳社会描写に神社の鳥居や駄菓子屋など和風ビジュアルを融合させ、われわれの懐かしい記憶を存分に触発してくれる。子どもなりに新しい電脳環境を理解し、そこで独自のルールを作っていくなかで、グループ同士の対立と協調を体験して成長していくプロセスが実に好ましい。デジタル世界の視覚表現にもブロックノイズなどを駆使。誰も経験したことのない新たな味わいが、確かにここにある【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

ヤサコ

大黒市立第三小学校に転校してきた六年生。本名は小此木優子。電脳ペットのデンスケを飼っている女の子。フミエと出会い、「コイル電脳探偵局」に入会させられてしまう。

イサコ

大黒市立第三小学校に転校してきた六年生。本名は天沢勇子。あるものを探している謎の少女。電脳ペットのモジョを手下に持つ。彼女の目的とは…?

京子

ヤサコの妹。元気いっぱいで、好奇心旺盛な健康優良児の女の子。ヤサコと一緒に大黒市へ引っ越してきた。デンスケをお供に家族を騒動へと巻き込んでいく。

ハラケン

大黒市立第三小学校の六年生。「生物部」の部長で、ヤサコとは別のクラスの男の子。いつもボーっと考え事をしているが、実はある秘密を持っていて…。

フミエ

大黒市立第三小学校の六年生。気が強くて押しつけがましいが、根は親切な女の子。ヤサコを「コイル電脳探偵局」に入会させる。電脳ペットのオヤジを飼っている。

ダイチ

大黒市立第三小学校の六年生。仲間を率いて電脳を駆使したイタズラばかりをするガキ大将。いつもフミエとはり合っている。「大黒黒客」のリーダーを務めていたが…。

メガばあ

謹製の電脳アイテムを販売するメガシ屋を営んでいるヤサコの祖母。行方不明の電脳ペットを探すことを主な仕事とする「コイル電脳探偵局」を率いている。

デンスケ

電脳世界に存在する電脳生物で、ヤサコが飼っている電脳ペット。見た目は少々冴えないが、ご主人様がピンチになれば勇敢に立ち向かう、けなげな忠犬。

モジョ

電脳世界に存在する電脳生物で、イサコが手下としている電脳ペット。イサコの命令に従って、ヤサコの電脳ペットであるデンスケを襲う。

オヤジ

電脳世界に存在する電脳生物で、フミエが飼っている電脳ペット。隠密行動が得意。

メカ・ロボット

電脳メガネ

子供たちの間で大流行しているウェアラブルコンピューター。街のどこからでもネットに接続し、様々な情報を表示する機能を備えている。そのメガネを使用するとゲームや電脳ペットを飼ったりして、電脳世界で遊ぶことができる。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作・脚本・監督:磯 光雄 / アニメーションキャラクター:本田 雄 / 作画チーフ:井上俊之+本田 雄 / 美術監督:合六 弘(小倉工房) / 色彩設定:中内照美 / 撮影監督:大庭直之 / 音楽:斉藤恒芳 / アニメーション制作:マッドハウス / 製作:電脳コイル製作委員会 /

キャスト
ヤサコ:折笠富美子 / イサコ:桑島法子 / 京子:矢島晶子 / ハラケン:朴 璐美 / フミエ:小島幸子 / ダイチ:斉藤梨絵 / メガばあ:鈴木れい子 / オバちゃん:野田順子 / 猫目:遊佐浩二 / アキラ:小林由美子 / デンパ:梅田貴公美 / ガチャギリ:山口眞弓 / ナメッチ:沼田祐介 / デンスケ:麻生智久 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}