動画が再生できない場合はこちら

.hack//Roots

28

0

0

4

4

0

「THE World」で起きる小さな波紋…
「G.U.」の根源に迫る“ルーツ”が今、
切り開かれる…!

「SIGN」「黄昏の腕輪伝説」に続く人気ゲーム「.hack」シリーズのTVアニメ化第3作。世界最大のプレイヤー数を誇るネットワークゲーム「The World」。司やカイトたちがプレイしていた時から7年が過ぎ、現在は「The World R:2」として運営されている。前作よりも格段にバージョンがアップされている「The World R:2」だが、プレイの自由度が高い故に「The World」の秩序は崩壊していった。現実逃避から「The World」を始める者が多く、ハセヲもそのひとりだった。キャラクター属性黒の錬装士を選んだハセヲは「The World」に初めてログインするが、無法地帯と化した世界にプレイをする意欲をなくしてしまう。だが、オーヴァン率いる<黄昏の旅団>との出会いが何かを変えていく…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(8件)

一度じゃ分かりにくいかも?

(G.U.)ゲームやってる人にとっては、物足りないかな?
アニメだけを見ると、よく分からない部分が多いので、ゲームをやって、且つ、ゲーム三部作を合わせたアニメを見ると楽しめるかな。
単体では、長々として、展開にもやもやする所もあるかもしれません。

自分は、フィロや俵屋(後の藤太)の行動や言動が結構、好きです!!

へい!毎度☆

ネタバレあり

おもしろいけど冗長

このゲームをしたことはありません。

でも嫌いな話ではないし、独特の世界観や雰囲気も素敵でゲームをしてみたいと思わせられました。

良くなかったのは、内容にわかりにくいところがあるのは仕方がないとしてもその割に話数が無駄に多すぎ。

使いまわしの回想シーンが多すぎて、もっとボリューム少なくしてちゃっちゃと話を進めてくれ!と何度も叫びそうになりました。

特に一気見は要注意です。

もう少し欲しかった・・・

一応今までのシリーズもゲームも全て知っている上で久しぶりに見ましたが何も知らないと最後まで試聴するのは難しいかもしれません。
それとゆっくりと進む物語と後半多用された回想と尺稼ぎもマイナスかと思います。
その辺を改善して1クールにするかもっと色々なエピソードを入れた上で2クールにして欲しかったですね。
例えばゲームのキャラがハセヲと出会わない所で他のキャラと関わってるとか。
とにかくゲームをやる予定がないのなら中途半端に終わりますのでオススメ出来ませんね。

ED曲や挿入歌が微妙

耳の汚れる曲で雰囲気が悪くなります。ごり押しで選ばれたんですかね。
それさえ乗り切れば、随所に尺稼ぎがある程度で何とか面白いです。

月額見放題で再視聴

有料でも見たけど再視聴。オープニングが好きです。
ただ、続きの3Dのやつが映像が見づらくて困る…

フィロ(故・滝口順平さん)の演技は必聴

タイトルで最大のオススメポイントを書いてしまったので、本文は苦言です。シリーズ共通のオススメポイントは、//SIGNなどに書いたので、そちらもぜひ。

続きとなるゲーム「.hack//G.U.」の内容まで描かれていればおすすめ度5にしましたが、Roots単体だけでは、ぶっちゃけ中途半端です。もちろん本作でも、それなりのエンディングが描かれていますが、ゲームを最後までプレイした私としては物足りなく感じます。

本作を気に入った人には「ゲームもやるといいよ!」とおすすめしたいのですが、なかなかそうはいきません。10年後・20年後を想像すると怖いものがあります。がんばれゲーム業界。
そういう事を考えて、ゲームの内容をなぞる「TRILOGY」が作られたのだとは思いますが、ゲーム3本分の厚みとの差は如何ともしがたいものがありますね。

「G.U.」のRoots

ちょいちょい「何の気なしにユル~くログインしてます」みたいな感じがある。

世界観を知るには良い作品とは思うけど、意図的にネトゲのユルい部分を表現してるのか…これといって「派手な演出」はあまりない。

はっきり言って「TRILOGY」の方が演出的に派手で見応えあるので、この作品は「.hack//G.U. TRILOGY」もしくはPS2ゲーム「.hack//G.U.」に至るプロローグとして観ておいた方がいい。

さらに

「.hack//G.U.」やってから見ると、更におもしろさ倍増ー。2度オイシイ? ぜひっ!

見どころ

2006年発売のPS2ゲーム『.hack//G.U.』の過去に相当するアニメ。ギルド「黄昏の旅団」に参加した17歳の高校生の視点で、更新されたネットゲーム「The World」を体感する。自由度の高さから現実逃避のために参加するプレイヤーが増大し、PK(プレイヤー・キラー)が横行。まるで現実の荒廃を反映したような殺伐としたゲーム世界で、新人ハセヲの遭遇する多彩な事件がみどころ。前半はオーヴァン、志乃という魅力的なキャラとアイテム「キー・オブ・ザ・トワイライト」捜索の冒険が軸で、後半は喪失感を抱えて精神を荒れさせるハセヲの暴走が中心となる。ゲーム内でも最後は「人と人の関係」の機微に帰着していくという観点が貴重な作品だ【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

ハセヲ

錬装士。オーヴァンに助けられたことがきっかけで、ギルド<黄昏の旅団>に入団。ヘタレで中身が何もなく、常に受け身。いつもクールを気どっているが、結構簡単にヒートアップする。

オーヴァン

銃戦士。<黄昏の旅団>のギルドマスター。左腕を封じられた謎の多い人物。“コシュタ・バウア”の浮遊遺跡にある神殿に行ったきり、失踪してしまう。

志乃

呪療士。<黄昏の旅団>のメンバー。オーヴァンの数少ない理解者で、彼を深く信頼している。精神的に強く、不在がちなオーヴァンに代わり、旅団を支えている。

匂坂

銃戦士。他のギルドから<黄昏の旅団>へと移籍して来たメンバー。旅団では新人のサポートを行っている。熱血漢で、旅団のトラブルメーカー的な一面もある。

タビー

拳術士。ハセヲとほぼ同時に<黄昏の旅団>に入団した初心者。楽しいことが大好きで、理不尽な暴力は嫌い。どんなこともポジティブに考えるお気楽な子。

フィロ

呪療士。礼儀を重んじる性格。いつもマクアヌの運河縁に座っていて、来る人の話し相手をしている。またハセヲにとっても良き相談相手でもある。

直毘

妖扇士。アイテムや情報のトレードの仲介を目的とする巨大ギルド<TaN>の影の支配者。寡黙で自ら動くことはあまりないが、オーヴァンを常に監視している。

エンダー

斬刀士。<TaN>の3幹部のひとり。直毘を慕い、オーヴァンを嫌っている。ハセヲによく絡んでくる。目的のためには不正・改ざん・PKすらもいとわない。

俵屋

魔導士。<TaN>のギルドマスター。ギルド内でのトレーダー活動の中心人物。何かあると、商売に結びつけたくなる商人気質を持っているが…。

ゴード

拳術士。元<黄昏の旅団>のメンバー。自称「弱気を助け強さを挫く正義のPK」。オーヴァンとは決別していたが、ハセヲを気にかけ、何かと絡んでくる。

Bセット

銃戦士。元<黄昏の旅団>のメンバー。オーヴァンに興味を持っていて、退団した今でも旅団のことを気にかけている。フィロとよく話す人物のひとり。

八咫

妖扇士。<レイブン>のギルドマスター。「G.U.」の責任者で、プロジェクトを統括する男。AIDAに対抗できる戦力として「碑文使い」を探している。

パイ

拳闘士。「G.U.」に所属する「碑文使い」のひとり。八咫の忠実な配下という印象が強い。頭の回転が速く、腕も立つ「戦う秘書」といった雰囲気。

三郎

撃剣士。パイの指令で彼なりの信念を持って動くが、ハセヲと出会って考えが変わり、傍観者となる。他人には理解できないような例えをしたりする。

クーン

銃剣士。かつてギルド<ケストレル>の副団長を務めたが、ギルドに対する考え方の違いから退団。後に初心者救済を目的としたギルド<カナード>を設立する。

藤太

魔導士。<TaN>解散にあたり、全ての罪を背負ってアカウント停止になった俵屋の新キャラ。フィロとハセヲが行き違う中、積極的にハセヲに関わっていく。

英世

呪療士。リアルの友達・清作に誘われ、「The World R:2」を始める。思ったことは口に出すが、きつい感じはない。清作以上にしっかりしている?

清作

呪療士。しっかりした考えを持つ心優しい男の子。だが、ネットゲームは出会いの場だと考えている、ちょっとイタイ子だったりもする。理不尽な暴力は嫌い。

シラバス

斬刀士。<カナード>のメンバー。気が優しくて面倒見が良く、細かい配慮をしてくれる良識人。同じギルドメンバーのガスパーとセットで認識されることが多い。

ガスパー

魔導士。<カナード>のメンバー。ドジで臆病で泣き虫と見事に3拍子そろったヘタレっぷりだが、「The World」が大好きだという気持ちは誰にも負けていない。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:.hack Conglomerate / 監督:真下耕一 / シリーズ構成・脚本:川崎美羽 / キャラクター監修:貞本義行 / キャラクター原案:細川誠一郎 / キャラクターデザイン:大澤 聡 / コンセプトデザイン:北原サトシ / 美術監督:海野よしみ / 色彩設計:吉田小百合 / 撮影監督:鎌田克明+青木孝司 / 音楽:ALI PROJECT / 音楽制作:ビクターエンタテインメント / 音響演出:なかのとおる / 制作協力:サイバーコネクトツー / 制作プロダクション:Bee Train / 製作:バンダイビジュアル+テレビ東京 /

キャスト
ハセヲ:櫻井孝宏 / オーヴァン:東地宏樹 / 志乃:名塚佳織 / 匂坂:置鮎龍太郎 / タビー:豊口めぐみ / フィロ:滝口順平 / 直毘:山崎たくみ / エンダー:小林沙苗 / 俵屋:三宅健太 / ゴード:家中 宏 / Bセット:榎本温子 / 八咫:山崎たくみ / パイ:小林沙苗 / 三郎:伊藤 静 / クーン:三木眞一郎 / 藤太:三宅健太 / 英世:菅沼久義 / 清作:置鮎龍太郎 / シラバス:阪口大助 / ガスパー:矢島晶子 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}