動画が再生できない場合はこちら

戦闘メカ ザブングル

135

0

0

3

4

22

砂塵渦巻く地の果てで、
熱血ジロンと美女二人!

富野由悠季総監督による異色TVアニメで、後にTV版を編集した劇場版も公開された。惑星ゾラと言われている地球。そこには、“三日限りの掟”が存在していた。どんな犯罪も、三日間逃げ切れば、赦される。こだわり続けることこそ、赦されないのだ。だが、熱血少年のジロン・アモスが疑問を抱く。「なぜ、こだわっちゃいけないんだ!」…両親の仇であるティンプ・シャローンを追いつめるジロンの行動はやがて、ゾラの支配者階級イノセントの存在をも揺るがす、大動乱へと発展していく。そして、ジロンを取り巻く二人の美女であるエルチとラグもまた、数奇な運命の渦中に巻き込まれていくのだった。ウォーカーマシンのザブングルを駆るジロンが、荒野の彼方に見るものは…!?

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)創通・サンライズ

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(29件)

友情・努力・勝利みたいなアニメ

物語の最後はグッドドエンディングです。
みんな、明日に向かって走ります。

ザブングルはやはり面白い!

若いころリアルタイムで見ていてはまった作品です。
BGM集も記録全集も買い、グラフティも見に行き、すべて把握していたはずでした。
数十年経ちふと思い出して3日かけて通しで見直してみました。
面白い!見逃した回もあったせいか、すごく新鮮でした。
確かに古さは否めない。作画の汚さも。
でも面白い!グイグイと世界に引き込まれる。
ソルトやカタカムの流れも昔は苛立ったけど、今となれば何のことはない。
意外に最初から最後まで統一した流れがあったんだと気が付きました。

私はラグ派でしたので、ラストが納得いきませんでしたが
今となってみてみると、いや先のことは分らんぞ、と(笑)
どーせ、エルチの目もイノセントの技術で直るでしょうし
ラグがこのまま引き下がるわけもない(笑)
何よりジロン・アモスは「男の子」ですから(笑)

時間が経った今こそ、リメイクしてもらいたい作品の一つです。

ネタバレあり

細けぇことは気にするな

いま見ると、急に場面が飛んだりしてアラもあるけど
そんなこたぁ大したことではない!
とにかく見れば元気になる!ノリと勢いでさあ戦争だ!

真の主役は・・

元気な女性陣、そして誰よりファットマンでしょう!
世の中がイノセント化している今日だからこそ、見るべき作品ではないでしょうか。

楽しく見れる

主人公としては珍しくずんぐりむっくりタイプのジロンなのにカッコいい
OP曲もかなり良い
富野さんにしてはめずらしく悲惨な終わり方をしない作品
アーサーが生き返り誰も死なないグラフティの方が個人的にもっと好き

ネタバレあり

素晴らしい

人間関係が面白い。

ずっと

三日限りの掟破りには三日限りの掟は適用されないのかよ!ってところが気になってました。

痛快な未来史SF

子供の頃みたきりだったので最後まで見直して、しっかりしたSF設定と、痛快なジロンたちの活躍を存分に楽しみました。盗賊団の小競り合いから始まったジロンの冒険が、最後は人類の未来史を大きく変えることになる、骨太なSFドラマでもあります。キャラもみんなエネルギッシュで、実は壮大なストーリーなのに重くなりすぎないのも良かったです。

痛快ロボットアニメ!

キャラクターの生命力が溢れていて,見ていてこちらまで元気になってくる.
ウォーカー・ギャリアが現代のテクニカルっぽい扱いで,絶対的な無敵な兵器でないところも面白い
(ゲリラの重機関銃やバズーカで大ダメージを受けてしまう)
富野作品一流の群像劇と戦闘シーンはこの作品でも脈々と息づいていて,一度は見て欲しい.

元気をもらえます

やはり、富野由悠季といったらガチのシリアスよりコメディタッチの作品のほうが面白いですね。そのことを再認識しています。別に彼一人で作ったわけではないと分かっていますが。ただ、雑なところは少し気になりました。とくに最終回に近付くにつれ。そこが少しマイナスかな。

チバテレの再放送で見たアニメ

今から20年位前に地元ケーブルテレビを導入して、地方局の再放送で真っ先にハマッたのがこれです。
やったら作画が骨太でグーよ!!

良い作品

痛快・爽快なストーリー。
最近のアニメには無い良いところがいっぱいだ。と思いました。
いわゆる、作画の「使いまわし」もあるんですが、使い方がうまい。
見ていて楽しい作品でした。

ちょっと…

ガソリン買って来る。

テーマ、世界観等々・・・

まず見ろ!っで、設定等抜きに笑って!w
リアルタイムで見てた時は、オイオイ・・・って
過去のサンライズ作品とのギャップに頭抱えましたが、
でも、なにかにつけ頭の中に残る作品でした♪
真の笑いは、最終話のEDの〆に・・・www
あそこで馬鹿笑いするために、ぜひ
きっちりかっちり全話ご覧あれ!

活力あふれるアニメ

砂塵吹きすさぶ荒野を舞台として、三日の掟を筆頭に裏切りなんて当たり前の
荒々しい世界観の作品です。

上記の言葉だけを見ると非常に重苦しいアニメに思えますが
そこに生きる人々はとてもエネルギッシュでいておちゃめ。
特に主人公のジロンはすべてを前向きにとらえ前進する凄まじいパワーがある。

この作品にはたぶん富野監督がのちのZZガンダムでやろうとしていたこと
そしてキングゲイナーの原点があるように感じました。

私の中でトップランクのアニメになりました。おすすめします!

おもしろい!!

何度見ても、おもしろい!
何度見ても、楽しい!
何度見ても、人の心が温かい!

どうか皆さん、見てください!

今見ても面白い

 子供のころ見ていた印象はロボットものだったのに、今見るとラブコメとして面白い。

 子供のころはチロがうざかったのに、今見るとかわいいと思える。

 もしかすると、10年毎に見ると印象が変わっていく名作なのかもしれない。

 

ここは惑星ゾラと呼ばれる地球

30年ぶりの視聴。
リアルタイムで視聴していたときにはトロン・ミランの回が見れなかったので今回見れて良かった。
改めて見直すとこの作品の影響が結構「ガン×ソード」に見受けられるなぁと・・。
銀河万丈さんの前口上とか、復讐のために世界を駆け巡るモテモテ主人公とか、笑える展開と燃える展開の
絶妙な配分とかね。
因みに私はマリアとビリンがお気に入り。

ネタバレあり

明るいのはいいんですけどねw

 OPはさすがの串田アキラ節。なぜかOPだけは全編通して飛ばさず聞きました。いまでもカラオケで愛着&熱唱していますw
 内容は最初から最後まで通してコミカルです。個人的には「フィクションのキャラの生き死に」というのは軽々しく扱うものではないと思っています。だからこそ、架空の世界のキャラたちの行動に何かを感じるのはないでしょうか。だもので、この作品での生死の軽々しさには正直納得しがたいものが^^;まぁイノセントの支配や価値観からの離脱という一見重いテーマを扱いながら、作風が全編通して明るい&コミカルに仕上がってるのはそのノリがあるからなんでしょうね。富野さん曰く、「誰も死なない作品」にすると息巻いていた割に、結局死んだりありえない生き残り方をする場面を乱発するという体たらくに。ハッキリ言って全体に漂う幼稚さは見る人を選びますw
 賛否両論分かれるとは思いますが視聴してみてはいかがでしょうか。

ネタバレあり

胸が熱くなるドラマ

シビリアンの力強さといつの間にか身に着けていく叡智。
アイアンギアのクルーたちの活躍は中々見ものですよ。

女性にもイノセントのビエルやアーサーがカッコイイので楽しめると思います。

個人的に好きなキャラはファットマンとチル。チルの声を当てるのは、今や「ちびまる子ちゃん」で大活躍のTARAKOさん。

それから25話以降に流れる挿入歌「HAY YOU」はMIOさんのデビュー曲ですが、既に完成した歌唱力の実力派ヴォーカリストです。

いろんな見どころがありますので自分の好きなザブングルを見つけて欲しいですな。

強烈に記憶に残ってた作品です

30年たっても、仲間と昔話をする時に必ず出てくる作品です。途中中だるみもあり、当時も決して名作と思って見ていたわけではないけど、とにかくキャラクター達から目が離せなくて、最後は惑星ゾラとの別れが名残惜しかったですね。
当時は仲間内でもラグが人気でしたが、大人になって見返すとエルチも一生懸命で可愛いなーと再発見してます。

ネタバレあり

(祝)今年30周年

30年おめでとう

ネタバレあり

う~ん 

ガソリンで動くメカなんて、ありえへ~ん。

目の中

キャラの瞳にいつも蛍光灯。。w

なつかしぃなぁ

う〜なつかしい

ストーリわすれましたわ

楽観的なアニメ

戦闘シーンが多い割にクルーの皆はとっても楽観的で、子供だから戦略もない。そしてまっすぐ。
女性キャラが皆ホレっぽくて笑えます。
久しぶりにちゃんと見たら、こんなにラブコメ要素多くて内輪もめのシーンばっかりだったかな?って思えます。
でも、なぜか明るいという不思議なアニメ。

元気なキャラクターはとても良い

子供っぽい痴話揉め話が多過ぎて、観ててバカらしくなる事が多々…。

ただ、中途半端なリアルに傾倒しないアニメならではのコミカルさや、湿っぽさの無い、元気なキャラクターはとても良いですけどね。

陽陽陽

キャラクター、メカともに非常に個性的で破天荒。暗くなる要素が無く、底抜けに明るい。しかし、リアルロボットアニメ全盛期の作品なのです。

やっぱりいいね

キャラクターにエネルギーがあって、見ていてアテられる。特にラストがいい。

見どころ

監督:富野由悠季。砂塵まきあがる荒れ果てた原野を、ウォーカーマシンに乗ってジロン少年が駈けぬける! 支配階級イノセントによる体制を疑問に思わなかった人びとは、ジロンの信念と活気あふれる行動を見ているうちに、自らの意志で立ち上がり始める。決められた掟にただ従わされるのではなく、考えて動くことが大事。みどころは、そんなメッセージをアニメらしい快活な「動き」で見せる画面だ。丸顔で愛嬌のあるジロンの躍動感は観客にも勇気を与えてくれる。2台目のザブングルの登場をはじめ、ロボットアニメのパターンを破りまくった展開も楽しく、気がつくと主人公たちとともに風の中を走ってる気持ちにさせられる。気分爽快な活劇アニメだ【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

ジロン・アモス

アイアン・ギアーのクルーとなった熱血少年。両親を殺したティンプを復讐のために追い続けている。ザブングルやウォーカーギャリアに搭乗する。

エルチ・カーゴ

アイアン・ギアーの所有者であるキャリングの娘。父の死後、彼女がアイアン・ギアーの所有者となる。後に洗脳され、ジロンたちの敵となるが…。

ラグ・ウラロ

アイアン・ギアーのクルーとなった少女。クルーになる前は盗賊団サンドラットを率いていた。艦内にあるもう一機のザブングルなどに搭乗する。

ブルメ

アイアン・ギアーのクルーとなった少年。クルーになる前は盗賊団サンドラットのメンバーだった。ザブングルの操縦を、彼がすることもある。

ダイク

アイアン・ギアーのクルーとなった少年。クルーになる前はラグが率いていた盗賊団サンドラットのメンバーだった。体格が良く、性格は温厚。

チル

アイアン・ギアーのクルーとなった少女。ラグが率いていた盗賊団サンドラットの最年少のメンバー。ウォーカーギャリアにジロンと搭乗する。

キッド・ホーラ

キャリングのブレーカーだった青年。エルチとカーゴ一家の両方を我が物にしようと企むが失敗、イノセントの手先になる。ブラッカリィなどに搭乗する。

ティンプ・シャローン

ジロンが両親の仇として追う男性。彼の正体はイノセントの命令で、シビリアンに争いを起こす雇われブレーカー。ブラッカリィなどに搭乗する。

アーサー・ランク

イノセントの最高指導者である美少年。実際の彼は、カシムによってヨップポイントに軟禁状態にある。アイアン・ギアーへとやってくるが…。

メカ・ロボット

ザブングル

カーゴ一家が二機所有するウォーカーマシン。変形機能を持ち、さらに分離して二機のメカになることも可能。ジロンなどが搭乗する。

ウォーカーギャリア

ザブングルを大破したジロンがイノセントから奪ったウォーカーマシン。分離して、二機のメカになることが可能。ジロンが搭乗する。

アイアン・ギアー

カーゴ一家が所有するランドシップ。巨大なウォーカーマシンに変形することも可能。同型艦に、グレタ・ガリーやギア・ギアがある。

ブラッカリィ

ウォーカーギャリアの設計をザブングルに取り入れたウォーカーマシン。ザブングルなどの変形分離機能は持たないが、高性能を誇る。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:富野由悠季+鈴木良武 / 総監督:富野由悠季 / キャラクターデザイン:湖川友謙 / 作画監督チーフ:湖川友謙 / メカニカルデザイン:大河原邦男 / 音楽:馬飼野康二 / 美術:池田繁美 /

キャスト
ジロン・アモス:小滝 進 / エルチ・カーゴ:横尾まり / ラグ・ウラロ:島津冴子 / ブルメ:古川登志夫 / ダイク:山下啓介 / チル:TARAKO / キッド・ホーラ:二又一成 / ティンプ・シャローン:田中 祟(45話から銀河万丈) / アーサー・ランク:塩沢兼人 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}