動画が再生できない場合はこちら

狂乱家族日記

38

0

1

0

4

4

“阿鼻叫喚”“驚天動地”
狂乱の宴がいよいよ幕開け!?

千年前に現れた破壊の化身「閻禍(えんか)」は、「千年後に自分の<<子供>>が世界に絶望をもたらす」という不吉な言葉を残し滅びていった。それから千年後、DNA鑑定の結果「閻禍の子供」の可能性のある人間や生物が複数発見された。そのどれが「閻禍の子供」であるかを確かめるため、ある作戦が決行されることになった。それは、「閻禍の子供」の可能性のある者を家族として共同生活させるという「なごやか家族作戦」。対策局対策一課行動部隊長である乱崎凰火は、この作戦に「父親」として強制参加させられる。 ※配信時のEDは「凶華Ver.」になります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(9件)

キャラ設定の元ネタ

3話までですが、大変おもしろく見ています。キャラクター設定の元ネタはオズの魔法使いではないでしょうか。凰火はヘンリーおじさん、凶華はエムおばさん、優歌はドロシー、銀夏はかかし、帝架はライオン、雹霞はブリキの木こり、月香がトトということで。

ネタバレあり

3話まで見ました

そして最後まで見ました。今回初見ですがなかなか面白かった。凶華の圧倒的、絶対的な正義正論が気持ち良い。ラノベによくいる俺様正義な主人公とは格が違いすぎる。独りよがりでは無く、青臭くなく、空理空論でなく。凶華の正論の前には平伏すしか無いですね。もう一周したい気持ち。

3話目まで見てみてください

一見最近のオタク向けラノベのアニメ化と思えるような作品ですが、
実はなかなかに古風な作りで、ラノベ慣れしていない人にこそ見て欲しい作品だったりします。
クセの強そうなキャラクターたち、全編にわたりゆるいコメディタッチ、話はシリアスとありがちですが
ノリも理解しやすく、きちんと嫌味がないように描かれているのが特徴的。
ラノベ原作ということで、色々とツッコミどころは多いのですが、
それを飲み込める痛快さと楽しさがこのアニメにはあります。
エンディングの盛り上がりは一見の価値アリ。
面白いアニメが見たいけど、疲れるのは嫌だなあと思ったらコレです。

我侭ですが、もう少し家族たちを掘り下げて欲しかったかなぁと思います

良作

ギャグテイストの強い作品ですが、あるキャラのエピソードが半端なく重かったのが印象に残ってます。

電波OPで無理と思った人にこそ見てほしいですね。良い作品でした。

勢いがある

ノリと勢いが強烈な作品が好きなので最初から最後まで笑いながら見ることができました。
ちょっと予想外な展開も多くて面白かったです。
少し設定とかキャラ同士の関係性とか、良く分からなかったところもあったけどそれは原作を読むしかないかな、と思いました。
逆に原作で続きとか細かいところも知りたいな、と見終わって思っています。

貴方のために全知全能じゃないんだからねっ!

本来ならば全米が泣きかねないシーンが特殊な家庭環境と全知全能妻のせいで笑いにしかならないというハイスピード&ハイテンションなギャグアニです。

ナベシン全開の無駄にテンション高いアニメで牛乳吹けるならコレも楽しめるかも?

基本的にキテルアニメだけど緩急の具合がピーキーすぎて残念な事になってる回もあったりして口に含んだ牛乳を飲み込みかねない瞬間もあるのが残念ですね。

ほんの少し安定感が充実してたら名実共にか全知全能神アニメだったかもしれない非常に惜しいアニメだと思います



個人的にはとても面白い作品

シリアスとギャグの往復が激しく、突然の急展開に始めは戸惑うかもしれません。
ですが、メインキャラの一人一人に焦点が当てられており、2クールでも短く感じるほどおもしろいです。
狂乱状態の乱崎家は、現在のアニメではあまり見られないくらいのカオス振りであり、
一見する価値は大いにありますよ!

気楽に観れる

話自体よりも声優の早口を楽しんでる感じ。

脳ミソにシワが有る人は見ないほうが・・・。

支離滅裂、傍若無人、考えたら負けなアニメです。
好き嫌いは有るでしょうが馬鹿になりきって見る事が出来る人には向いてると思います。

見どころ

日日日(あきら)のライトノベルをアニメ化。気まぐれで凶暴なネコミミの母、乱崎凶華のもとに集った擬似家族。構成員は父の凰火、ゲイの長男、褐色皇帝の末裔たるライオン、陸戦型生物兵器、ピンク色のクラゲ、鬼の一家に生まれた少女と乱れまくり。みどころは「凶華さま」の傍若無人、大胆不敵な行動力と立て板に水のダイアローグ。この家族には超常現象対策局によって破壊の化身「閻禍(えんか)」の子孫がうまく共同生活できるか実験するという大使命があるのだが、次々と目の前に降りかかる難事件と常識破りの凶華の対応から目が離せない。メチャクチャに見えつつも、人と人の絆など生きる上で大事なことが誠実に語られる作品である【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

乱崎凶華

乱崎家の母親。本名はキョウキァ=エアエリアエア。他人の思考、感覚器官に介入し操作する特殊能力「携帯電話」を使う少女。かつて地下帝国のシャングリラで神と崇められていた。

乱崎凰火

乱崎家の父親。大日本帝国超常現象対策局対策一課行動部隊長。常に冷静沈着な性格。「なごやか家族作戦」に強制的に参加させられ、凶華に振り回されることになってしまう。

乱崎銀夏

乱崎家の長男。本名は黄桜銀一。極道の家系に生まれたが、父の行動に反発して家出した。乱崎家では数少ない常識派。実はオカマなので女性口調で話すが、怒ると男口調に変貌する。

乱崎帝架

乱崎家の次男。本名はシャクヤ。人語を解し、話すことができるライオン。大日本帝国最西端の通称「サバンナ」で暮らしていた「褐色皇帝」の最後の血族。とても誇り高い性格。

乱崎雹霞

乱崎家の三男。元々は「閻禍の肉片」を利用して作られた生物兵器黒の十三番。だが、様々な出来事と凶華たち家族との交流をきっかけに、徐々に人間らしい感情も芽生えつつある。

乱崎優歌

乱崎家の次女。本名は姫宮零子。鬼の一族と呼ばれる姫宮家で「孤独人形」という名の元に虐待を受けた辛い過去を持つ少女。だが、とても穏やかで優しい性格。「さっぱり」が口癖。

乱崎月香

乱崎家の三女。見た目はピンクのクラゲ。体の色で感情を表現する。なぜか高級食材しか食べず、文字を書くこともできたり、海水を吸って巨大化したりと本当にクラゲなのか疑わしい。

乱崎千花

乱崎家の長女。優歌の実の姉で、本名は姫宮千子。本来、乱崎家へ参加できる資格はないが、凶華の力で乱崎家に家族入りした少女。幼い頃に出会った男らしかった銀夏に想いを寄せていた。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:日日日 / 監督:黒田やすひろ / シリーズ構成:池田眞美子 / キャラクター原案:x6suke / キャラクターデザイン:古賀 誠 / 美術監督:館藤健一 / 撮影監督:菅原 徹 / 色彩設計:鎌田千賀子 / 音楽制作:ランティス / 音響監督:明田川 仁 / アニメーション制作:ノーマッド /

キャスト
乱崎凶華:藤村 歩 / 乱崎凰火:近藤孝行 / 乱崎銀夏:藤田圭宣 / 乱崎帝架:安元洋貴 / 乱崎雹霞:広橋 涼 / 乱崎優歌:花澤香菜 / 乱崎月香:佐藤利奈 / 乱崎千花:戸松 遥 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}