動画が再生できない場合はこちら

ダーティペア

54

0

0

1

4

7

銀河のトラブルコンサルタント、ユリとケイ。
人呼んで「ダーティペア」。
銀河のもめ事は“お騒がせコンビ”におまかせ!?

銀河のもめ事を解決すべく、WWWA(世界福祉事業協会)が誇るトラブルコンサルタント、ラブリーエンゼルのユリとケイが宇宙を股にかけて大活躍する、痛快SFアクション。解決困難なトラブルにユリとケイはどのように挑むのか?

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(12件)

ナイスなアレンジ!

原作を当時のアニメシーンで上手くアレンジしたストーリーとキャラクターで仕上げた作品です。

ラブリーエンジェルというコードネームよりも作品タイトルの方が世間での通りがいいとか(笑)原作小説では知る人ぞ知るクロスオーバーもあったり、原作キャラクターデザインは安彦良和さん、高千穂作品のコミカライズにあたり関わりの深い細野不二彦さんがコスチュームデザインをしていたり…。ファンにはたまらない出来映えです!

個人的にはユリの島津冴子さんのファンなので、もうそれだけでご褒美でございます(笑)

ネタバレあり

80年代を代表するシャレオツアニメ

ハリウッド映画を思わせる軽妙なセリフ回しとスピード感のある一話完結の展開。製作者サイドのセンスが産んだ傑作です。放送から30年以上経過した今見ても古臭さを感じることなく楽しめます。
未来を感じさせる中原めいこさんのOPとED曲は絵コンテも含めてとにかく最高です。

久しぶりに見たダーペはやっぱ最高だった

ずっと、見直したいと考えながら十数年の時を経てやっと見直すことができました。
画質が少々低い(VHSの3倍速くらいの画質かな?)のが残念ですが正直十分です。
ケイとユリの活躍を見ていると、押入れに眠っている彼女達のガレージキットが組みたくなってきましたw
それは、どうでもいいとして、とにかくオススメな作品です。

名作ですな~。

 ドタバタアクションSFコメディとも言うべきでしょうか、面白く見させてもらいました^^
 今改めて見ても、作画の古さ以外有名作品なだけあり楽しめますね、さすがです。ケイとユリの無敵っぷりは今の主人公一強ノリに通じるものがありますが、これはどんな作品でも大体そうですしねw主人公とその一行が活躍もせず役にも立たずなどという作品は見たくもありません、物語の中心で大活躍してこそ面白いものです^^この作品はその王道を行ってると言ってもいいでしょう。
 にしても二人の衣装はすごいですね・・wまぁ内容が内容なのでセクシーというよりは健康美みたいな感じでしたが。原作小説では素肌に見える部分も実はコーティングしてあるんだ的なことになっているそうですがw
 最後までケイとユリ、二人のブレないノリで行く作品です、楽しく見れますよ^^

一話完結アニメの傑作

古き良き1話完結冒険アニメの傑作。
1話ごとのメリハリもよくこれこそアニメーションエンターテイメントといった趣がある。
少々絵が古いものの話そのものは今の作品に全く劣っておらず傑作といっていい。
主人公達は魅力的で今でも通用するのではと思えるほど。
カウボーイビバップ等が楽しめる人にお勧め。

あの頃は~ハッ!

ユリさんケイさん見てたら
バブルの華やかかりし頃が、いや懐かしい

若いころの母さんはどんなだったんだろう
と思う方は、こういうノリだったのかー
と、参考になる場合があるのかもです

脳天気ギャルのドタバタ活劇

楽しく懐かしく見ましたが、いかにも80年代的なお祭りアニメという感じです。第20話のような渋めの物語もありますが、基本的には、欲望に忠実で自省皆無の80年代脳天気ギャル、ユリとケイのドタバタ活劇を楽しむ作品だと思います。

昔は作画の出来など気にしないで見てたんですが、いま見るとちょっと気になりますね…土器手さんが作監の回は比較的良いです。特に最後の2回は素晴らしいですね。全話このクオリティで見たかった!あと個人的な思い出ですが、昔のファンはユリ派が多かった記憶があるんですが、いま見るとケイもなかなかカワイイとこがありますね。

シリーズは後半になるほど面白くなる印象です。特に17話は記憶にも残ってたので、リアルタイムで見た当時も面白かったんだろうなあと。せっかく脚本がノッてきた頃に終わってしまうのが残念ですね。もう2クール分見たかった!

色あせぬゴールデンコンビ

今見ても色あせないね
古臭さをまったく感じない
お色気、ギャグ、シリアス 何をとってもピカイチ
1話完結だから見やすいしテンポがいい
昔はゆりおねーさん派だったけど、歳とってケイの魅力が
わかるようになって大人になったなぁ~と実感する今日この頃ですw

懐かしい!

二人の駆け引きが面白い!
島津冴子さんの声聴くと三宅しのぶとかぶるのは自分だけ?(爆)

気楽なSFアニメ

エンディングの歌詞にもありますが、「スペースファンタジー」物です。確か監督が、「気楽に楽しく見られるアニメを作りたい。」と言っていたような覚えがありますが、まさに狙い通りにきちんと作ってます。
キャラデザイン(土器手司)はとても良いのですが、どうやらかなり難しいらしく、本人が作画監督をやらないと描き切れないようです。
それはともかく、「スペースファンタジー冒険コメディアクション」として、夕飯食べながら見るのにちょうどいい作品です。
きちんと作っているのでお勧めしますよ。

いつ見ても、何度見てもいいっ!

前編でスピード感がたまらなくいい!。キャラも話も絵も全体のバランスがまたいい!
すれ違う車一つ取ってもメカの書き込み具合がいい!サクッと見てよし。じっくり研究してよしって感じ。

懐かしの名作

お懐かしや。

かっての名作も時が経つと誰もコメント
無し。

画や作風に古さは否めませんがテンポが
いいのでサクサク観れます。
ドタバタコメディですがキッチリSFし
ています。

キャラクター

ユリ

ケイ

ムギ

グーリー

ナンモ

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:高千穂遙 / 監督:滝沢敏文+鹿島典夫 / キャラクターデザイン:土器手司 / メカニカルデザイン:阿久津潤一 / 音楽:木村敏之 /

キャスト
ユリ:島津冴子 / ケイ:頓宮恭子 / ムギ:巻島直樹 / グーリー:沢木郁也 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}