動画が再生できない場合はこちら

AYAKASHI

20

0

1

2

3

0

アヤカシは力
アヤカシは呪い

幼い頃から不思議な力を持っていた少年・久坂悠は、ある日、謎の少女・夜明エイムと出会う。悠は彼女を通じて自分の持つその力が異形の力“アヤカシ”だと知る。そして、最強のアヤカシ“竜”の使い手となった悠は、アヤカシを巡る戦いに巻き込まれていく。果たして、その戦いの果てに彼らを待つ未来とは…?

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(6件)

わるくは無いが

わるくは無いが、よくも無い

封印された右腕がうずくとかチカラの代償に失っていくとかいう中二アニメが好物ならまずまず
こういうアニメにしては余計な味付けが少なくわりと視聴しやすいと思う

なんだろうな、尖ってるわけでもなくクヲリティが語り継がれるレベルというわけでもなく
どこまでも平坦というか”悪くはないが、よくも無く”といった印象

傑作アニメ……

傑作アニメ……のスクライドを思い出した。スクライド面白かったよねぇ。

ネタバレあり

うちには、合わへん。

よう分からんが、しょうもない。

和風デビルマン・・・カナσ(^_^;)?

やる気ナッシングのクセに
青臭い理想と自分勝手だけをごり押しする主人公の少年と
それに巻き込まれて痛い思いをする少女達の話
最後の最後までそのままでした

なんだかんだ言っても街ひとつ壊滅させてしまった彼らの将来が心配です(^_^;)

ネタバレあり

始めてみたけれども

こういう系統のアニメは好きかもしれない。ただ苦手な人は まったくダメだろうと思う。
主要キャラの異常な髪の色が また不自然で ピンクの甲高い声が気に障るのと 何様なの?って疑問もあるんだけど 見ていくうちに面白くなってくるのだろうか?
音楽がちょっとかっこよかったので 期待を込めてハート4つで!

なかなかいいよ

それなりに感動しかし犠牲が多すぎますね

ネタバレあり
見どころ

CROSSNET/APRICOT原作のPCゲームをTVアニメ化。人の心身を蝕みながら力を具現化する異形の「アヤカシ」たち。超常の力で戦い、それと引き替えに心を蝕まれていく若者たちのたどる運命を描いた伝奇アクション作品だ。みどころは、これから大人になろうとする思春期特有の抑圧された不安定な気持ちの心理描写と、その抑圧を解き放つかのようなアヤカシの壮絶なバトル描写。最初はスプーン曲げなど他愛のない使われ方をしていた超能力が多くの人を傷つける大事件に発展し、やがて破局へと向かう。そんなエスカレートする感覚や謎の美少女の登場といったミステリアスな雰囲気など、独特のハイテンションさを映像美で包み込んだ作品である【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

久坂 悠

御明市の学園に通う少年。幼い頃からアヤカシの力を持つが、その正体を知らずに暮らしていた。エイムと出会い、彼に宿る最強のアヤカシ“竜”を使えるようになる。

夜明エイム

アヤカシ使いとして未熟な悠を守る謎の少女。寡黙で冷静沈着な性格。優れた索敵能力と精神に干渉する能力を持つアヤカシ“サトリ”と屈強な力を持つアヤカシ“悪路王”の使い手。

薬師寺陽愛

悠の幼馴染みであり、クラスメイトでもある少女。フィールドホッケー部に所属している。他人との距離がうまく取れない悠のことを常に気遣い、心配している。

牧原和泉

悠の幼馴染みであり、初恋の相手である少女。物静かで優しく朗らかな性格。だが、2年前に起きたあることがきっかけで、不幸にも不慮の死を遂げてしまった。

夏原織江

『何か』を探している少女。だが、自分でも何を探しているのかが分かっていない。挙動不審な行動が目立つが、他人を疑うことを知らない素直な一面もある。

パム・ウェルヌ・アサクラ

天真爛漫で破天荒な少女。アヤカシの影響で罪の意識が欠如していたが、悠と出会い『してはいけないこと』を覚えていく。空間を切断し移動する能力を持つアヤカシ“テング”の使い手。

“彼”

悠に興味を持つ謎の男性。物腰は穏やかで沈着冷静な性格だが、やや浮世離れした印象を受ける。他のアヤカシを取り込んでその能力を奪うアヤカシ“オロチ”の使い手。

夜明アキノ

“彼”に仕える側近の女性。エイムとは姉妹の関係だが、その確執は根深く、エイムを恨んでいる。“悪路王”と対を成すアヤカシ“阿照流為(アテルイ)”の使い手。

前川彰男

“彼”と行動を共にするアヤカシ使い。掴み所のない性格で、悠たちを前にしても敵か味方か分からない立ち振る舞いをする。不幸を与えるアヤカシ“ケバタケ”の使い手。

梶原平馬

悠たちの上級生。関西弁でひょうきんな言動が目立つが、時折鋭い目つきを見せる。実は、“悪路王”に匹敵するほどの力を持つアヤカシ“ヌリカベ”の使い手。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:CROSSNET+APRICOT / 監督:高田 淳 / シリーズ構成・脚本:鴻野貴光 / 脚本:金子ツトム / キャラクター原案:TOMA+浮月たく / アヤカシ原案:鳥取砂丘 / キャラクターデザイン:小林多加志 / キャラクター総作画監督:小林多加志+宮前真一 / アヤカシデザイン・アヤカシ総作画監督:滝川和男 / 美術監督:東 厚治 / 色彩設計:今瀬智子 / 撮影監督:久保博志 / 音響監督:飯田里樹 / 音楽:細井聡司(hosplug) / 音楽制作:5pb. / 協力:月刊「マガジンZ」編集部 / アニメーション制作:東京キッズ / 製作:「AYAKASHI」製作委員会 /

キャスト
久坂 悠:岸尾だいすけ / 夜明エイム:水樹奈々 / 薬師寺陽愛:松来未祐 / 牧原和泉:野川さくら / 夏原織江:野川さくら / パム・ウェルヌ・アサクラ:清水 愛 / “彼”:杉田智和 / 夜明アキノ:雪野五月 / 前川彰男:浪川大輔 / 梶原平馬:寺井智之 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}