動画が再生できない場合はこちら

妖怪人間ベム HUMANOID MONSTER BEM

10

0

0

0

0

2

妖怪人間に秘められた
数々のドラマが今蘇る!
ハヤク人間ニナリタイ…

「妖怪人間ベム」の放映後、82年のアニメ化の企画を経て、キャストなどを一新して制作されたTVアニメ。長い流浪の末、ベム、ベラ、ベロの妖怪人間たちは、東洋の東の端にある巨大な港湾都市にやってきた。この街全体が巨大な妖気に包まれていると感じ、この地に留まることを決意する。そして人間たちを守るため、襲いくる魔の妖怪たちに全力で立ち向かう。正義をなせば、人間になれる日がくるということを信じて…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(2件)

八月の永遠

オリジナルが放浪型のストーリーだったのに対してこちらは定住型のストーリー。
敵対する妖怪たちもオリジナルがやや正体不明の化物や死霊だったのに対して、こちらは原典がある化物に
変更されている。
定住型の1話完結にしたおかげで登場人物が固定化されて物語の奥行きが広がり、オリジナルとは違った面白さが生まれたと思う。
そして、渡辺香津美と吉田美奈子のエンディングテーマがとても贅沢な組み合わせのうえ素晴らしい。
おすすめ。

ホラーなのに怖くないw

旧ベムを見たことが無いのでわかりませんが
これ、タイトルがベムなのに主人公ベロって感じなんですよね。。
あと1話完結でなく続き物にして最初から田無幻狼斎を出して
人間に加担するベロ達を執拗に追いかける悪役にしてたら
もっと面白かったんじゃないでしょうかね。。
兎に角、ベロが純で涙を誘うほど真っ直ぐな子なので
友達に誤解される度にベロを応援する私でした。
ベラと空の別れのセリフ
「また合えたらいいね。。今度は眩しい晴れた日に。。」も良かった。

人間なんかよりよっぽど倫理観があり正義を貫く妖怪。
「正しい心を持ち続ける限りきっと人間になれる」なら
逆があっても良いと思いました。
そうすれば人間の醜い犯罪も少なくなるのにね。。

あと、EDってこのアニメに合ってます?
なんかアンニュイな曲調でこの作品に合わないように感じた私です。

できれば見比べたいので旧ベムは見放題お願いしたいです。

ネタバレあり
見どころ

第1作から40年近い時を経て2006年に放送された怪奇アニメ。「早く人間になりたい!」のキーワードは変わらず、ベム、ベラ、ベロ3人の妖怪人間たちと妖怪の戦いの旅は続いている。デジタル化で映像表現も一新された本作は、携帯電話をもつ女子高生など風俗や文化も現代風にアレンジされている。また、心優しい少女キラが新レギュラーとしてドラマに絡み、ベロとの交流を通じて妖怪人間たちの悲哀に一筋の光明を与えているのが大きな特徴。怪奇描写もCGの導入で一段とパワーアップ。いつか人間になれる日を信じて正義のために戦い続ける妖怪人間たちの宿命は、現実に過ぎた時間の長さや社会の変化を考えると、いっそう胸に迫ってくる【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

ベム

3人の妖怪人間たちのリーダー的存在である男性。しっかりとした考えの持ち主で、信念と正義をつらぬく頑強で優しい性格。普段は50歳位の人間の男性の姿をしているが、戦闘時には妖怪の姿となって戦う。鋼鉄のステッキを常時携帯していて、それを武器とする。

ベラ

3人の妖怪人間の中で唯一の女性。喜怒哀楽が激しく強気で短気な性格。普段は27歳〜28歳位の人間の女性の姿をしているが、戦闘時には妖怪の姿となって戦う。人間の姿の時はムチを使用する。それ以外に物体を凍らせる能力など様々な幻術なども得意とする。

ベロ

3人の妖怪人間の中で一番成長の遅い男の子。明るく好奇心旺盛で、どんな人間にも分け隔てなく接する社交的な性格。普段は8歳位の人間の男の子の姿をしているが、戦闘時には妖怪の姿となって戦う。肉体、精神共に幼稚なのでベムとベラの助力を常に必要とする。

日向雲英

私立小学校に通う4年生の女の子で、総合病院の1人娘。しっかり者で負けず嫌いな性格。基本的にはハッキリと自分の意見を言えるが、両親にショックをあたえてはならないと、いい子を演じ続けているところもある。ふとしたきっかけで、ベロと出会い友達になる。

海堂 空

公立小学校に通う4年生の男の子で、3人兄妹の末っ子。わがままで自信家な親分肌。スポーツ万能。惚れっぽく、年上の女性に対して強い憧れを持っている。ベロに対しては強い懐疑心を抱いているが、何度も彼に助けられることによって少しずつ友達になっていく。

如月美月

公立小学校に通う4年生の男の子。警戒心が強く、なかなか他人に心を許さないソラのクラスメイト。見た目はひ弱そうに見えるが、実は頑固な性格で自分なりの信念を持っている。ベロが悪い妖怪ではないと知りながらも、恐怖心から仲良くすることができずにいる。

日向玄白

キラの父親。自分の父親がやっていた総合病院を継いで、院長をやっている。専門は外科。温厚な性格で、1人娘のキラを溺愛し、また子供のことには理解があると思っている。

日向うらら

キラの母親で、専業主婦。頭がよく、社交的な性格。だが、キラに対しては大人としての常識を押しつけるような一面もあり、たまに強い思い込みで墓穴を掘ることもある。

海堂 繁

ソラの父親。温厚で責任感が強く真面目な性格。イベント関係の仕事をしている。会社では中間管理職で上司からも部下からも慕われているが、家庭では妻の尻に敷かれがち。

海堂律子

ソラの母親で、専業主婦。元気でたくましく、細かいことはあまり気にしない豪快な性格。江戸っ子タイプのしっかりお母さん。夫であるシゲルを尻に敷いている。

海堂 陸

公立高校に通う1年生の青年。ソラの兄で、3人兄妹の長男。無邪気でお調子者だが、根は優しく正義感が強い。惚れっぽく、告白や失恋の繰り返しの日々を過ごしている。

海堂 海

公立中学に通う2年生の少女。ソラの姉で、3人兄妹の長女。おてんばで茶目っ気たっぷりな性格で、流行に敏感。インディーズバンド「674(ムナシー)」に夢中。

如月涼子

ミツキの母親で、服飾デザイナー。息子のミツキと2人暮らしだが、仕事に追われて不規則な日々を送り、家事などは後回しにしがち。ミツキのことを「ミツキさん」と呼ぶ。

三上雄三

特殊生物対策室の室長に任命された刑事。誠実で生真面目な性格ゆえに不器用な一面も持つ。かつてより、妖怪に対する本格的な調査をすべきだと主張し続けていた。

田無幻狼斎

魔導封印師を名乗る謎の男性。三上の前に現れ、妖怪捜査への協力を申し出る。常に人をおちょくったような態度で、つかみどころがない。謎の呪文で不思議な力を発揮する。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:アサツー ディ・ケイ / 監督:原田 浩 / シリーズ構成:武上純希 / 音楽:五木田岳彦 / キャラクターデザイン:渋谷一彦 / 妖怪デザイン原案:荻原直樹 / 総作画監督:山崎 猛 / 美術監督:天水 勝+西倉 力+河合伸治 / 色彩設定:酒井美晴 / 撮影監督:藤田智史 / 編集:中葉由美子+村井秀明 / 音響監督:藤山房伸 / 音響演出:蝦名恭範 / 音響効果:倉橋静男 / アニメーション制作:スタジオコメット / 制作:NAS / 製作:NAS / :ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント / :エイベックス・エンタテインメント / :スタジオコメット /

キャスト
ベム:井上和彦 / ベラ:山像かおり / ベロ:洞内 愛 / 日向雲英:稲村優奈 / 海堂 空:岩橋直哉 / 如月美月:茅原実里 / 日向玄白:岩崎征実 / 日向うらら:園崎未恵 / 海堂 繁:永野広一 / 海堂律子:長浜満里子 / 海堂 陸:内藤 玲 / 海堂 海:長沢美樹 / 如月涼子:渕崎ゆり子 / 三上雄三:村治 学 / 田無幻狼斎:野島裕史 / ナレーション:鈴木瑞穂 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}