動画が再生できない場合はこちら

こどものじかん

34

0

1

3

2

3

多感な小学生たちの
ちょっぴり過激なに・ち・じょ・う

学期途中から双ツ橋小学校の3年1組のクラス担任となった新任教師・青木大介。そこで九重りんというマセた女の子と出会った青木は、りんから「今日からりんが彼女になってあげる」と言われ、タジタジとなってしまう。果たして、青木は問題だらけの児童たちをまとめていけるのか? ※BS11放送バージョンになります。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)私屋カヲル/こどものじかん製作委員会

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(9件)

意外と踏み込むアニメ

女児のエロとして一時期有名になったおかげで、
非常にメディアに騒がれ、結果として規制だらけになったアニメですが、
その実、エロというか生々しさの方がメインで、
教育のリアルな部分というか、主人公の男としてのリアルな部分というか、
子供のリアルな部分を描き出すタイプの作品です。
女作者さんの本領といった昼ドラ感があります。

ギャグが面白いか?絵はエロいか?と聞かれても規制で何も分かりませんが、
ストーリーは面白いと思います。

意外と教育的な内容

女子小学生がすぐハダカになることが注目されて話題になってましたが、実際に見てみると意外と教育的な内容だったので驚いた!
主人公も、頭ごなしの上から目線ではなく児童と同じ目線で接して信頼を得る部分が好感が持てた。

ただ、やたらモザイクやらピー音やら「自主規制」が多いのがウザいですね。
「中だし」とか小学生のパンチラ程度をそこまで躍起になって隠す必要があるのですか?
内容が良いのに、その過剰なまでの自主規制で台無しになるのは「減点」ですね。
DVDとかでは規制解除されてるのならまぁ良いですが‥‥‥

想定外でした

 笑えるかと思って観たのですが、
笑える部分はあまりなく重い内容でした。
擬音や映像隠しが無かったとしても笑えない。
 逆に、6話は不覚にも泣いてしまいました。
影の主人公はレイジさん彼は、いつ大人になった?
を考えてみてください。

ネタバレあり

先生

そう呼ばれる立場の人は、兎に角大変!
そう思うアニメでした。

教育や子育てには、
間違いは沢山有るのに、明らかな正解が無い。
本当に大変ですよね。

私も担任の先生のことが余り好きになれませんでしたが、
評価が割れるのは、視聴者によって、
映像と音声に修正が入っている場面が、このアニメの
根幹部分と思うか、または、枝葉部分と考えるか、
によるのだと思います。

私は後者です。
修正部分は、性的な言葉なのでしょうが、
想像力で補えるものですし、
そもそも、その他の問題発言
暴言、差別用語、侮蔑用語でも構わなかったのだと思います。

偶々知り合いに学校関係者が何人も居ます。
多くの学校では、教職員と関係者の全員で問題に対処しようと懸命なのですが、
稀に、現実に、第1話で方針が明かされる様な校長も居て、苦労する。と、、、
何か有った際、担任が異常に矢面に立たされている様な場合は、実は、、、

誰かが聞いて信じてあげることが大事なのでは

言ってもきかない、問題を起こす、というような子供に対して頭から押さえ付けて無理矢理聞かせようとしても反発されるだけ。そういう子供は何か訴えてるようなものをもっている。時間をかけて向きあう必要がある。この先生は新任で迷いながらも逃げずに向き合い信じようとしている。子供って人って誰かに信じてもらえてるって感じるだけで情緒も安定して自然に問題を起こすようなことはしなくなるものだと思う。りんのように親から愛情を十二分にかけてもらえない子どもが学校でも先生から見放されたらどうしたらいいのだろうか。子供の問題は学校のせいでも親のせいでもない、誰かが聞いて信じてあげることじゃないか。子供は大人よりも敏感で未熟だから言いたいことをうまく言えない、表現できない。そこを感じ取ってあげることが大事なのでは、そう思った。アニメなのでロリ向けでエロっぽい、放送禁止用語ピーピーだが軸はぶれてない。よい作品だと思う。

ネタバレあり

教育者として失格です

子供と同じ目線、友達感覚、仲良し、これで良しと考える教育者はどうやって「指導」を行うのでしょうか? 同じ土俵に立っていては子供達を正しく導く事は出来ません。
教師と生徒は立場が異なります。それを勘違いしている精神年齢の低い教師像がこの作品にありました。
社会的な問題提起を意図した作品とは思えませんが、「あはは」と笑って見れる内容ではないと思います。

OPに作品のテーマが表現されてるかな

一部の子供は、説教をはぐらかして拘束時間から解放される為に、大人が聞くと一瞬引くような放送禁止用語でも使ったりします。

家庭環境以外にも地域差もあり、旧町と新町の学区の子供が中学で同一校になった時に差が見えたりします。

そんな一部の子供が使用する用語を公共に流せるはずもなく、かつ無かった事にもしたくない。ピーとか誤魔化しイラストは止む無しかも。

全体的に重いテーマながら、辛うじて見てられるのは、コミカルにかわいくまとめている事と、ストーリーが軟着陸している所かな。
わりとまじめに作られた作品だと思う。

なんというか・・・・

まぁ終始ニコニコして見られるアニメじゃない。
むしろニコニコする場面がほとんどない程重い作品。
絵柄に騙されないように。あと作品の3分の一がピー音と変なイラストを使った隠し
があって正直萎える・・・。
もっと真面目に何かを伝えたいアニメにするのならああいう要素は削除するべきだ。
とはいえ現代の闇の部分の一片をうまく描けてるのは称賛する。

子供かわいい。

 九重フィーバーで終わった。

 この後のサイコホラーっぽいのもやってほしい。

 とりあえず、あえて隠すのがエロいと思いました。

 

見どころ

私屋カヲル原作によるコミックのアニメ化作品。新任の小学校教師とその生徒たちを取り巻く日常を描いた異色のラブコメ作品。当初は、おませな少女に翻弄されていた先生であったが、さまざま騒動を経て互いの理解を深めていく過程が丹念に描かれており、小学生と先生という荒唐無稽にしてきわどい恋愛を描きながらも、重苦しい雰囲気はなく、小学生の無邪気さも手伝ってコミカルなテイストで描かれている。したたかで、無防備で、純粋な小学生の小悪魔っぷりは、観ている者をハラハラとさせてしまう。先生との行く末が「恋愛ごっこ」に終わるのか、「恋愛」へと昇華するのか目がはなせない。(アニメライター:川田鉄男)

キャラクター

九重りん

双ツ橋小学校の3年1組の生徒。過度にマセており、小3とは思えぬ性的な言動や行動で青木を翻弄する女の子。親友は黒と美々。明るい性格だが、実は複雑な家庭環境らしい。

鏡 黒

双ツ橋小学校の3年1組の生徒。つややかな黒髪を持つ美少女。普段のふるまいはクールで物静かだが、性格はキツく意地っ張りでもある。りんに対して友情以上の想いを抱いている。

宇佐美々

双ツ橋小学校の3年1組の生徒。内気で弱気な性格の女の子。読書が大好きだが、りんたちに比べると性的知識に乏しい。前担任のいじめが原因で登校拒否だったが、青木に救われた。

青木大介

双ツ橋小学校の3年1組に赴任してきた新人教師。生真面目で優しく、正義感が強い男性。経験不足ゆえに失敗も多いが、めげずに理想に燃える熱血漢。日々、りんのアタックを受けている。

宝院京子

双ツ橋小学校の3年2組の担任教師で、青木を温かく指導する優しい先輩。男勝りでおおらかな性格の女性。特徴は胸が大きいことで、生徒たちからの人気も高い。普段はジャージを愛用。

九重レイジ

りんの母親である九重秋の従弟。事故で両親を失い、秋に引き取られて彼女の恋人となった男性。秋が亡くなった後、全ての愛情を注ぐ存在となったりんと2人で暮らしている。

九重 秋

りんの母親。りんが小学生になる頃に死別した。東京に1人で住んでいた時に、事故で両親を亡くし、親戚からも厄介払いされていた従弟のレイジを預かり、後に彼と恋人関係になった。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:私屋カヲル / 監督:菅沼栄治 / キャラクターデザイン・総作画監督:石川雅一 / シリーズ構成:岡田麿里 / 色彩設計:海鋒重信 / 美術監督:川本亜夕 / 撮影監督:山田和弘 / 音響監督:岩浪美和 / 音響制作:ドリームフォース / 音楽制作:ランティス / 音楽:西田マサラ / アニメーション制作:スタジオバルセロナ / 製作:こどものじかん製作委員会 /

キャスト
九重りん:喜多村英梨 / 鏡 黒:真堂 圭 / 宇佐美々:門脇舞以 / 青木大介:間島淳司 / 宝院京子:田中涼子 / 九重レイジ:杉田智和 / 九重 秋:天野由梨 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}