バンダイチャンネル

動画が再生できない場合はこちら

聖戦士ダンバイン

224

0

4

6

7

34

バイストン・ウェルの物語を知るものは
幸せである

異世界バイストン・ウェルに引き込まれた若者ショウは、不思議な人型戦闘兵器“ダンバイン”を与えられ、野望に燃える地方領主ドレイクの“聖戦士”として迎えられる。抵抗勢力の若きリーダー・ニーと、それに協力するマーベル達に出会ったショウは、ドレイクの野望を阻止しようと彼らと共に立ち上がる。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)創通・サンライズ

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(51件)

宗教的な救い

主人公を含めた主要登場人物たちが、ことごとく死を迎えるスタイルがイデオンで登場したが、そのスタイルを踏襲した形となったダンバイン。違いは宗教的な救いがあるのか否か。ただしシーラ・ラパーナの最後が諸星大二郎「生命の木」における善ずの、「おらといっしょにぱらいそさいくだ」のワンシーンにはだぶって見えた。彼女は死んでから復活したわけではないが。

ネタバレあり

懐かしくなって見返したら

コレって異世界召喚の先駆けジャン

今見ても面白い

ついつい次をと繰り返し、ほぼ全話を見てしまいました。
とても重厚な世界観と迫力ある戦闘シーンで今も色あせない名作です。

死ぬのではなく

この物語の最後に皆さん誤解があるようです。
シーララパーナが帰りましょうと言ったように、
全ての人の魂が戦争機械(兵器)のないバイストンウェルに
体が消滅と共に帰還したと考える方が自然だと思います。死を再生と同等と捉えた深い意味のある、
ある種現代に問題を投げかける素晴らしい作品と言えます。

ネタバレあり

なんとう最終回

最近のアニメって最終回で主人公他が死んじゃうなんてなかなかないよね。
ダンバインは話は長いけどなかなか面白いシナリオであった。
今見たらつじつま合わない所もあるけどそれもまたご愛敬。
ダンバインのメカのデザインも独創性があってとてもよかったです。

ネタバレあり

異世界アニメの元祖


今、異世界アニメが多く放送されてるが、このダンバインも異世界アニメだ。ダンバインは40年前に放送されたものだから、中身はしょぼいかなと思てみてみたら、そうでもなかった。映像も綺麗で今でも十分におもしろい。

物語の終盤では、主な登場人物は多く死んでしまうが、黒騎士とショウ・ザマ、マーベルくらいは地上の世界でそのまま生き残ってもよかったのでは?と思ってしまう。
それで、ダンバイン第2シーズンにつなぐ・・・・という選択肢もあってよかったのでは?

でも、その時はガンダムが強かったから、それはやっぱり無理か?

とにかく、ダンバインの最終回はちょっと、強引すぎたって感じだ。グッドエンデングではないのが少し寂しい。でも、ダンバインはおもしろい。
















ネタバレあり

古いアニメだが古臭くなくとても面白かった

ガンダムが好きな人ならぜひ見てほしい。良いアニメだった。

それ故に、ミ・フェラリオの語る次の物語を伝えよう。

当時としてはかなり先鋭的な世界観設定に生体を模したメカデザイン、またそれがなくとも骨太で重厚な物語が海と大地の間に存在する魂の安息地『バイストン・ウェル』で展開される。

人間の憎しみ、野心、闘争。はたまた技術の発展とは果たして本当に人にとって善なのか?ともいった根源的な問題に一石を投じる富野由悠季監督作品の一貫したテーマがダンバインにも描かれています。

衝撃的な結末はまさにそういった人間の『業』や『性(さが)』に対する答えでもあるのだと思います、だから沢山の人に観て、感じてもらいたい作品です。

それ故に、ミ・フェラリオの語る物語。『聖戦士 ダンバイン』を伝えよう。

ネタバレあり