動画が再生できない場合はこちら

機甲界ガリアン

63

0

0

0

7

7

世に悪がはびこりしとき、伝説の鉄巨人「ガリアン」が甦る!

平和な惑星アーストを、突如として鉄の巨人「機甲兵」を従えた征服王マーダルが侵略した。侵略を受けたボーダー王国の王は、生まれたばかりの息子ジョジョを重臣のアズベスに託して死亡。成長したジョジョとアズベスは、世の闇を打ち払うと伝えられる伝説の鉄巨人「ガリアン」を発見し、マーダルのために打倒に立ち上がる。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(14件)

当時は全話見てなかったな。

当時は幾つか見逃していたな、初めてガリアンを全て見た。
敵が強いのか、主人公が弱いのか、イマイチ分からなかったな。

スパロボ参戦決定!

スパロボ参戦が決まったのもあり、見てみようかなと思い視聴開始
ロボット×ファンタジーという異色な組み合わせで
中々に面白い世界観です

ただ、初では無いんですよね
惜しいかな、約一年程『聖戦士ダンバイン』が早かった
ただダンバインも、そこまで知名度が高い訳では無く
ガリアンも、面白い割にはマイナーなイメージ
やはり、この組み合わせは時代を先取りしすぎたんですかね……

メカというより、巨人!(好きだ~)

あぁ、サンライズ作品だったのか!

この作品、ストーリーがいいし、
キャラ立ちしまくってる。

さらに、量産型メカもカッコいい。
陸上、水中、空中などなど。

惜しいのは、プラモが他社製なとこ。
オブジェ並みに、手を加えがいあるのに、再販されてない。
もったいない。「大人買い」したい筆頭です。
(ガンプラ以外では)

中世ファンタジーとSFの融和

全体としては中世風ファンタジーの世界観に巨大人型ロボットが入り込んだ感じ。

銃による戦いではなく、剣劇による戦闘が多めなのが面白いですね。
戦闘シーンも多く、アナログな戦闘様式とSFガジェットの融和が独特のテンポを作り出してます。魔法がないのも好印象。

物語がややワンパターン気味で終盤の駆け足具合が気になるものの、全体的にはなかなか楽しめる作品に仕上がってました。

感謝

この作品に出会えてよかった

生き様がぶつかる

強烈な信念を持ち非情に行動するマーダル、
本来の任務を逸脱してもマーダルの野望を阻止しようとするヒルムカ、
ときに厳しくもありながらジョジョの成長を助けるアズベス...
連続して観て、オッサンになったから思うのかもしれないが、
生き様が示されたドラマだったんだなぁ、と感じました。

メカデザインはガンダムやボトムズといったリアルロボット路線の後の、
ゆり戻しのようなヒーローロボット的なものです。
後の「鉄の紋章」につながる、世界観のあるロボット群が魅力です。

黙って

最後まで観るといいと思う。超おすすめの作品です。

貴種流離譚

一言で言えば、国を奪われた若き王子が苦難の末に国を取り戻す古典的な貴種流離譚なお話です。
塩山さんが全話で作画監督をされているので全編に渡って作画は非常に良いし、王子を支えるおっさんたちが
非常に渋く格好良く、宿敵は文句なく強大と、話として面白くならないはずはないのですが・・・。
宿敵の思想信条が圧倒的で、王子がそれを論破できなかったこと、戦の決着が王子の勝利によってではなく
ついてしまったことにより、イマイチ爽快感に欠けるラストになってしまったことが惜しい。
重厚なメカ戦、その後のアニメやゲームに多大な影響を与えたガリアンソードや、こういうロボもありと
納得させた人馬兵など見どころは沢山あるし、物語は面白かったのでオススメ度はハート4つです。

ネタバレあり

もう一人の主人公マーダル

ハゲでヒゲで三白眼で作中裸芸を頻繁に披露するマーダルさんには思わずニッコリ苦笑いでしたが、
生命の本質は闘争と唱え抑制された人間性の回復のために高度文明連合に挑み、
連合の体制維持装置イレイザーに敗れ自分の業を素直に受け止め後を主人公に託し、
潔く故郷ランプレートとともに消え去るマーダルは正直カッコよすぎです。

ネタバレあり

ガリアンの最期

飛行中のガリアンから搭乗者地上にダイブ、操縦者を失ったガリアンはそのまま建造物に突っ込んで爆散って、おいw
普通に着陸して降りられない状況でも無かったのに最期にこの扱い。しかも一切顧みられることも無く無視。
今まで散々お世話になった愛機にキリコ並みの冷淡さ。割と予想の範囲内で進むこの作品の中で最大の驚きでした。

ネタバレあり

早すぎた名作

じっくりとリメイクして欲しい設定です。

活劇として面白い、「半リアルロボット」アニメ

全体的には良いテンポで話が進み、飽きずに見ることができると思います。
特に前半はドキドキハラハラ感に満ちた冒険譚として楽しめます。

ただし主人公が無鉄砲に敵地に乗り込んで捕まり、しかしなぜか殺されることも拷問されることもなく味方に助けられて脱走・・・
というパターンが何度も何度も繰り返されるので覚悟しましょう。

小説向きだったな…

中世時代の独特の世界観を持つ作品で、ストーリーがやや難解かも…。

深いなあ

子どもの頃見た時は難解だったが今改めて見返すと登場人物の心の機微が自然に理解できて作品の彫りの深さを味わう事ができた。
あまりメジャーな作品では無かったと記憶しているが、このような形で日の目に触れる事は幸いではないかと考える。
当時のサンライズ作品に良い記憶を持つ人にはお薦めしたい作品だ。

キャラクター

ジョジョ(ジョルディ・ボーダー)

マーダル軍の攻撃によって国を失ったボーダー王国の王子。忠臣アズベスの手で助け出されて以後は彼の孫ジョジョとして育てられる。伝説の鉄巨人ガリアンを捜しあて、マーダル軍に戦いを挑むことになる。

チュルル

白い谷の長、ダルタスの一人娘。お転婆で茶目っ気たっぷりだが、心根は優しい女の子。ジョジョに好意を抱いており、なにかと甲斐甲斐しく世話を焼く。

ヒルムカ

不思議な色気を持つ赤毛の女性。謎の目的に基づいた調査を行う一方で、マーダルに関する情報を提供したり、未知の光る船で一行を助けるなど、ジョジョたちに力を貸すことも多い。

アズベス

惑星アースト全土にその名を知られた剣豪で、ボーダー王国の重臣。陥落するボーダー城よりジョルディ王子を救い出し、孫のジョジョとして育て上げた。

マーダル

23年前に惑星アーストに忽然として現れた、残忍なる征服者。豪胆にして知略に富む正体不明の人物。第一期アースト文明にて建造された機甲兵を発掘し、強大な力を得て惑星アーストを統一する。

ハイ・シャルタット

マーダルに絶対の忠誠を誓う親衛隊隊長。マーダルが占領した国で孤児となっていたところを拾われ、その才能を見出されて英才教育を施された。

メカ・ロボット

機甲兵 ガリアン

鉄巨人と伝説を残すほどに強大な力を持つ、真紅の機甲兵。“白い谷”にてジョジョによって発見される。他の機甲兵と比べ高出力を誇り、飛装型に変形することで高速飛行を可能にする。主な武装はガリアンブレード。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:矢立 肇+高橋良輔 / 監督:高橋良輔 / キャラクターデザイン:塩山紀生 / メカニカルデザイン:大河原邦男+出渕 裕 / 音楽:冬木 透 /

キャスト
ジョジョ(ジョルディ・ボーダー):菊池英博 / チュルル:渕崎ゆり子 / ヒルムカ:平野 文 / アズベス:小林 修 / マーダル:加藤精三 / ハイ・シャルタット:速水 奨 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}