動画が再生できない場合はこちら

BLUE SEED

48

0

0

1

0

9

「荒神」、復活!
「奇稲田」一族の少女に課せられた
運命は…!?

神話のふるさと出雲市に住むごく普通の少女“藤宮紅葉”。実は、紅葉は「奇稲田」一族の末裔であり、自らが人柱になることによって、「荒神」と呼ばれる謎の怪物を封印する力を持っていた。そんな紅葉を襲う「荒神」の出現と、彼女を守る謎の青年“草薙護”。そして今、紅葉は数奇な運命を歩むことになっていく…!

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(10件)

まつり

放映当時 アニメ誌ではヒロインのパンツ押しの特集が多かった気がしますが、
自然と恵みと破壊、絶望と愛の壮大なテーマで今見直しても心打たれる最終話です。
歳を重ねてみて リアルタイムでみた時よりは高揚感が少なくなったのは
まつりうたをうたう子供達同様に若いもののほうがより感受性が高いのかな?
ぜひ最終話までみた後は、ヒロイン役の林原めぐみさんの歌詞のついたまつりうたもおすすめいたします。
今の時代にリメイクしてほしい作品です。
最近の1クール主流の短いアニメと比べ、やはり26話をかけての物語はよいですね。


ネタバレあり

EDが大好きです

このアニメのEDが大好きです

懐かしい大好きな作品

 見放題待ってました!
 キャストは豪華だし、スタッフもそろっている。携帯とか自動車電話とか、そのへんは時代を感じてしまうけれども、根底にあるテーマや人の思いは今でも感じ取れるものがあるのではないかと。
 残念なのは、XEBECではなくてI.G.の表記に変わってること。あー、放映当時そのまんまじゃないんだ、と。
 OPのCGが当時、前半のクールで少しずつ足されていったような記憶がある。
 ちょうどこの作品をリアルタイムで観てた時に神戸の震災があって(記憶があやふやで前後しているかもだけれども)、最終話で壊れていったものをまた再生(創生)して「ここからはじめよう」ということが、現実と重なって、怖くもあり、前に向いていこうと思ったのを強烈に覚えてます。
 というか地方の一都市が結界のようなものに包まれて話が、舞台が関西方面(だったはず)そこもやけに現実と重なって、当時は怖くなった。

ネタバレあり

面白かったです

コミックスが全2巻(未完)な理由はスタッフロールを見て納得しました。
アニメのラストは日本神話ネタを理解してたら、納得できるものだと思いました。
それでもなんか、こう…最終話で、草薙さんの見せ場、もうちょっと欲しかったな~って思いましたけど。
主人公の紅葉ちゃんが良いキャラで、見ていて応援してました。
脇役もスポットをあてて描かれていたので、最終話でのあれこれも微笑ましかったです。
リアルタイムの地上波放送の頃はちょこちょこ見ていたくらいで全話見ていなかったかもしれませんが、再度見られてうれしかったです。

改めて今必要かも

今見ると、主に脚本と設定に古さが目立つんですけどね。
(国土管理室のメンバー危機感のなさとか、努力すれば何とかなるとか、暴走族を守る必要があるのか!とか、穢れた国土とか、諸外国っていうとアメリカしか出てこない国際感覚のなさとか、世界=日本っぽくなってるガラパゴスの萌芽とか、あーちゃん?オタク過ぎだろ。。。とか、子供が謡い出すって富野っぽいとか)
でも、なんというか歴史の蓄積こそが日本の力だってとことか、祭で最後騒いでなんとかしちゃう景気のよさと活気とか、中心的なコンセプトはまさしく今必要なコンセプトじゃないかと思います。日本どーすんのよっていう話で今リメイクしてほしい作品だなと思います。

ネタバレあり

ぜひ見てください

この作品を知った当初、ビデオレンタルが、主流だったのですが、すごい人気で、レンタルすることも、難しく、残念だった作品を、ネットで見れて、本当に嬉しかった。B-CH見ててよかった作品のうちの一つです

やっぱり面白かった

子どもの頃に見た記憶があって、検索してみつけました。
話ほとんど忘れてたけど、今見てもすばらしい話だったなぁ。
神話をもとにしたお話ではダントツにいい物語だと思います。

大好きな作品のひとつ!

小学生くらいの頃、何気なく遊んでいたセガサターンのゲーム。~BLUE SEED 奇稲田秘録伝~ そのゲームが好きで当然原作も面白いだろうと、DVD全部買って観ましたが、
完全にはまりましたw まず声優さん好きな自分にはたまらない。数々の声優さんの名演が観れます。そしてストーリー。環境破壊に対するアンチテーゼ、悲しい運命にも負けずに頑張る元気いっぱいのヒロイン、時に意地悪で時にカッコいいヒーロー、彼らを取り巻く素敵なキャラたち。リアルタイムで観たかったと思わせてくれるそんなすばらしい作品です。BGMもグッと来ますね、ゲームでよく聴いていたからかも知れませんが、それだけとは思えない良さがあります。笑いあり、涙あり、一難去ってまた一難。ぜひご覧あれw

スサノウとヤマタノオロチ

伝奇ロマンです。日本神話から現代日本に甦るスサノウとヤマタノオロチ。絶望と希望の間で葛藤する二人のクシナダ姫…

ネタバレあり

もみじと草薙さんが…

とにかく大好きな作品です!
途中話の作画崩壊は時代の為しょうがないとしてもストーリーは結構最後までしっかりしてて好きです!最終回は何度見てもなけるっす☆オススメだねっ!うむっ!!

見どころ

原作;高田裕三。日本古来から伝わる怪物「荒神(あらがみ)」が現代に復活。奇稲田(くしなだ)姫の宿命を背負わされた少女・藤宮紅葉が、仲間たちと戦う伝奇ロマン。ファンタジー作品は西欧文化の輸入とそのアレンジが多いが、古事記などの神話世界も我が国独自のファンタジーである。本作はその観点を貫き、本来の日本が文明化された日本と交わったときに起きる衝突や軋轢などを、リアルに描き出している。一方、林原めぐみ演じる紅葉の淡い恋心も目が離せない。奇稲田を守る孤独な青年・草薙護との微妙な感情のもつれは、個性豊かな国土管理室のメンバーの中で揺れ動く。プロダクションI.Gの高クオリティ作画に支えられた映像も必見だ【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

藤宮紅葉

自らが人柱になることで荒神を封印できる「奇稲田」一族の末裔である少女。

草薙 護

紅葉を守る「荒神」の青年。ヤマタノオロチから体に7つの魂を宿されている。

国木田 楓

紅葉の姉。現在、行方不明になっている。

国木田大哲

国土管理室の室長。楓の育ての親である男性。

松平 梓

生物学者の女性。順という息子を持つ。

竹内涼子

国土管理室のメンバーである女性。

沢口小梅

国土管理室のメンバーである女性。

八重樫良樹

国土管理室のメンバーである男性。

山咲 桜

アメリカ帰りの陰陽師である少女。

ムラクモ

「荒神」を操ることができる謎の青年。

杉下俊一

警視庁に所属する男性。

スタッフ・キャスト

スタッフ
企画:BS Project / 原作・キャラクター原案:高田裕三 / ストーリーアドバイザー:高田裕三 / シリーズ構成:荒川稔久 / 文芸:あみやまさはる / キャラクターデザイン:黄瀬和哉+後藤隆幸 / 美術監督:木下和宏+海野よしみ / 撮影監督:橋本和典 / 音響監督:若林和弘 / 音響制作:オムニバスプロモーション / 音楽:川井憲次 / オープニングアニメーション:岡村 豊+黄瀬和哉 / CG:IKIF / 助監督:加戸誉夫 / カラーデザイン:甲斐けいこ / 監督:神谷 純 / 制作:Production I.G / 制作:葦プロダクション / 製作著作:KING RECORDS / 製作著作:イング+ムービック+テレビ東京 /

キャスト
藤宮紅葉:林原めぐみ / 草薙 護:井上和彦 / 国木田 楓:弥生みつき / 国木田大哲:大塚明夫 / 松平 梓:榊原良子 / 竹内涼子:折笠 愛 / 沢口小梅:三石琴乃 / 八重樫良樹:うえだゆうじ / 山咲 桜:玉川紗己子 / ムラクモ:中田譲治 / 杉下俊一:難波圭一 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}