動画が再生できない場合はこちら

あらいぐまラスカル

33

0

0

0

2

5

ラスカル、君はぼくの本当の友達だよ。

1918年、アメリカ・ウィスコンシン州の森と湖と農地に囲まれた小さな町ブレールスフォード。動物好きの少年スターリングは、お母さんが入院してしまったのでお父さんと二人で生活しています。ある日、オスカーや犬のハウザーと一緒にウェントワースの森に釣りに出掛け、そこで猟師に母親を撃たれた赤ん坊のあらいぐまを見つけます。かわいそうに思ったスターリングは家へ連れ帰り、ラスカルと名づけて飼い始めます。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(7件)

外来種です。

 この作品で、考えなしに買って飼育放棄で迷惑動物になってしまった感がある。
ある意味罪作りな作品、でも可愛いは可愛いです!

動物を飼うことの難しさ

アライグマのラスカルがトウモロコシ畑を荒らして近隣と摩擦を起したり
他にも飼っているカラスのポーやスカンクたちの問題で近隣と摩擦を起したり
持て余し気味なのに飼おうとするスターリングが、少しいい加減に思えてしまうくらい
大人になって本作を視聴すると、動物を飼うことの難しさが結構描かれていることに驚きました

本作には粗野な言動と、ラスカルを銃で射殺する機会を伺っている
アンチラスカルの急先鋒、サーマンというキツいおっさんキャラがいるのですが
子供の頃の視聴記憶には彼の存在は微塵もなく、記憶にあったのはラスカル可愛いでした
子供の頃の私は動物を飼うことの難しさを全然見てなかったようです
人間は見たいものしか見ないと言われていますが
自分ももれなくこの言葉に当てはまるのを痛感しました……

ネタバレあり

特別なありふれた日常最高

傑作ぞろいの名作劇場の中でも特上の部類に入ると思われる作品 
退屈だったであろう少年の日常がちょっとした出会いをきっかけにちょっとだけ騒がしくて特別なものになるという日常系作品をこれだけのボリュームとクヲリティで描いていること自体が素晴らしい
それでいて背景や小ネタといったところでニヤリとさせることも忘れてない

戦争や貧困や貴族階級、はたまた人種差別のような息苦しさが伴うことも多い名作劇場作品にあって過不足無く生活している田舎少年の普通の日常に終始している点がとても気に入ってる

大人にこそ見て欲しい作品

ラスカルの可愛らしさばかりがクローズアップされがちですが、
人の描写が大げさでなく、リアルで素晴らしい作品。
淡々とした中に、生きた人間の生活や成長、それぞれの考え方が見える深いお話です。
子供の頃には、よくわからず流して見ていた部分や台詞にこそ、大切なものが隠れていました。
ラストは、他のシリーズに比べてもしんみりと終わっていく印象ですが
通して真剣に視聴した人には、きちんと訴えかけてくるものがあり
とても満足感が高く心に残る作品であると思います。

優しい言葉遣いの中に厳しさがある

主人公だけではなく、登場人物すべての言葉遣いが好きです。

親や教師、叔父さんが主人公に対してかけてくれる言葉や言い回しが、優しい中にも厳しさがあり彼らの思いやりを感じさせます。自分の後の世代に使っていきたいと思わせる力があります。
今のアニメにはあまりそういうのを感じないので、ある意味新鮮でした。

人の営みを感じる作品

ハイジや三千里など世界名作劇場は古いながらも安定した良さのあるものが多く思えます。
ラスカルについてはまずはラスカルが可愛いというだけで観てましたが、動物としての人間とは相容れない描写など意外とリアルに描かれています。
52話と長いため進行はまったりとしていてなかなか話は進みませんがラスカルとスターリングの関係、家族や周りで起こる色々な事柄など
スターリングの人生の一端を見ているのだなという気にさせてくれます。
目に付くキャラデザでもなく、極端な話の展開というわけでもなく、こういった地味な良さというのは今のアニメにはなくなってしまったので是非もっと色々な人に観て頂きたい。
またラスカルの可愛さは格別です。

作画は古いが、ドラマは今のより凄い

初期名劇は脚本のレベルも高く、テレビドラマの文法で作られているので大人の鑑賞も余裕。むしろ今のドラマより上かも。名劇は平成からちょっと泣かせがクドくなる。そういえば10年前に企画されたあらいぐまラスカル劇場版どうなったんですかね?プチアニメだけで終わりなのかな。マルコが悲惨でしたから無理なのかな。

キャラクター

スターリング・ノース

動物好きな少年。セントバーナード犬のハウザーやカラスのポー、スカンクを飼ってる。腕白小僧にけんかを売られると戦う勇気も持っている一方で、ジャコウネズミ捕りの罠が仕掛けられないほど優しい心の持ち主。

ラスカル

スターリングにとってはとても大切な友達であるあらいぐま。好奇心が強くとても利口なのだが、ある騒動を起こしてスターリングたちを困らせるようになる。ラスカルとは英語で“いたずらっ子”という意味。

ウィラード

スターリングの父。博学で教養もあるが、生活面では寝坊が多いなどややルーズである。この時代には珍しい自動車を運転し、農場も所有している。

オスカー・サンダーランド

スターリングの親友。お父さんの畑仕事をさぼって遊びに行きよく叱られ、それを優しいお母さんにかばってもらうことがしばしばある。アリスの家のパーティーで得意の逆立ちを披露する。

アリス・スティーブンソン

新任駅長の娘。スターリングのクラスに転入してきた。かわいいアリスと友達になりたいとスターリングは考えていたが、アリスのおばあさんを助けたことがきっかけでそれがかなう。

クラリッサ

アリスのおばあさん。森の中で木に足をはさまれて動けなくなっていたところをスターリングとオスカーに助けられる。好奇心旺盛で、スターリングたちの夏休みの旅行にも参加する。

カール

ウィラードの親友の息子で動物好きの青年。叔父さんがオーナーをしている自然に囲まれたホテルで働いている。後にアリスのお姉さんのフローラと結婚する。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:スターリング・ノース「はるかなるわがラスカル」 / 脚本:宮崎 晃+加藤 盟+太田 博+太田省吾+佐藤嘉助 / 音楽:渡辺岳夫 / 場面設定:坂井俊一 / キャラクターデザイン:遠藤政治 / 作画監督:櫻井美知代+遠藤政治+小川隆雄 / 作画監督補佐:水田めぐみ / 美術監督:井岡雅宏 / 撮影監督:黒木敬七 / 録音監督:浦上靖夫 / プロデューサー:中島順三+加藤良雄 / 演出:遠藤政治+斎藤 博+腰 繁男 / オープニングテーマ「ロックリバーへ」歌:大杉久美子+セントメリーチルドレンコーラス+コロムビアゆりかご会 / エンディングテーマ「おいでラスカル」歌:大杉久美子 /

キャスト
スターリング・ノース:内海敏彦 / ラスカル:野沢雅子 / ウィラード:山内雅人 / オスカー・サンダーランド:鹿股裕司 / アリス・スティーブンソン:富永美子 / クラリッサ:京田尚子 / カール:野島昭夫 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}