動画が再生できない場合はこちら

機動警察パトレイバー2 the Movie

90

0

1

2

3

14

超高密度な作画、CGを駆使して描き出す
「東京戦争」衝撃のシミュレーション。
もはや、パトレイバーはアニメの枠では
語り切れない!

2002年冬。横浜ベイブリッジに謎のミサイル投下…。報道はそれが自衛隊機であることを告げるが、該当する機体は存在しなかった。これを機に続発する事件は警察と自衛隊の対立を招き、事態を重く見た政府は実戦部隊を治安出動させる。東京に<戦争>を再現した恐るべきテロリストを追って、第2小隊最後の出撃が始まる!

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)1993 HEADGEAR / BANDAI VISUAL / TOHOKUSHINSHA / Production I.G

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(20件)

追悼 根津甚八

昨年12月に根津甚八氏が永眠されました。
自分にとっての氏はやはり柘植行人のインパクトが強いです。
ご冥福をお祈りするとともに、広くこの作品を見てもらいたいです。

劇場版パトレイバーは大人向き

声優はいつもの配役なのだが、作画担当者を変更したらしく、テレビ版、OVA版、劇場版1と違い、見たことのない人相で、キャラが誰なのか、従来の認識を上書きするまで、ある程度の時間が必要…というのが第一印象である。
劇場版1は、システムにウィルス、若しくは悪意による制御奪取は、ロボット等もコンピュータネットワークシステムで動く時代には、コンピュータによって物理的破壊活動が可能になり、騒乱の原因になることを警告する作品だった。
本作では、更に、内戦や国家間の戦争さえもシステムの制御奪取によって起こすことが可能で、国家の滅亡さえもありうることに警鐘を鳴らそうとした者が犯人として描かれている点で考えさせられる。願わくば、本作品を鑑賞した技術者、研究者、権力者といった社会に変革を齎す人たちに影響を与え、よりセキュリティーの厳重な社会の実現に向けて行動して頂きたいものである。

押井映画としての傑作 シリアスの中のパトレイバー

パトレイバーには多くの局面があります。
特にアニメ版は脚本担当が回ごとに入れ替わって様々な趣向で楽しく幅広いパトレイバー世界を体験させてくれますよね。

その点でいえば、本作は良くも悪くも「押井脚本の極致」といえるのではないでしょうか。

押井氏の映像作品を色々ご覧になった方にとっては馴染みのある方向性ですが、
戦後の学生闘争など政治闘争に関する話題も多く、アニメ版脚本にもそこかしこにギャク調ではあるもののそうしたネタが数多く見受けられます。

しかし本作ではネタとしてではなく、リアルロボットアニメを介して「社会と政治」「戦争と平和」というテーマをとことんシリアスに描き、平和ボケといわれる現代日本の「欺瞞の中の平和」についてあぶり出したみせた社会派の傑作ではないかと思います。

すでに初期OVAアーリーデイズ5,6話で原型が作品化されていたことも興味深いところですね。

押井守式機動警察パトレイバー

原作、TVアニメとあまり触れたことが無く、且つミリタリー好きの私としては非常に楽しめました。
しかし原作とTVアニメ版のファンである妻は、あまり楽しめなかったようです。
妻から原作を借りて読んでみると、その理由が理解できました。
この作品は「パトレイバーのキャラや設定を借りた同人映画」といった感じでしょうか。
押井守監督の映画ではよく見られる傾向ですが、それを受け入れられる人であれば十分に楽しめる作品だと思います。

いいね

やっぱり面白い

戦争をしていない事が平和と言えるのか

何度観ても色々と考えさせられます。
時間があれば観て損は無い作品だと思います。

良くも悪くも押井作品の極地

この映画は、圧倒的なセリフ量による重厚な人間ドラマ、「首都における戦争による極限状態」「法や体制の正義」という先見性のあるテーマ、緻密に組み立てられた舞台背景など、およそ既存のアニメとはまったく違う作品になっています。
ストーリーを読み込み、深く考える作品が好きな人なら一度は観ておくべきアニメと言えるでしょう。
しかし、「パトレイバー」が好きな人には正直お勧めできません。
全体的な空気も色彩も重く暗く、軽快なギャグはまるでありませんし、肝心のパトレイバーや特車二課の面々は終盤以外ほぼ茅の外で「これパトレイバーでやる必要あるの?」状態です。
そこら辺はさすが原作クラッシャー押井守といったところでしょうか。(ヘッドギアのメンバーの中で一番最後に加わったそうな)
観る人によって傑作か駄作の両極端に評価が分かれる今作ですが、一見の価値がある作品なのは間違いありません。

パトレイバーとしては?

これ見ると相棒ってパトレイバーの影響相当受けている気がします・・・
娯楽としては面白い作品ですが・・・
戦争のことを語るなら戦争の定義も戦争と戦闘の区別も
作中では描かれていません。単に戦闘を戦争と考えての
制作だとしたら深みのない薄っぺらい作品ですね。

賛否の分かれる作品だと思います。

劇場版1が万人向けだったのに対し、2からは賛否の割れる作品になります。
TV版&OVQ版&劇場版1の明るいノリが好きな人にはおススメできない作品になっています。

ガンダムで言うとビルドファイタ-ズから宇宙世紀シリ-ズになった位の変化があると思ってもらえればいいと思います、考えさせられる作品ではあるので好きな人はたまらなく好きだと思いますが、万人には勧められません。ただ一見の価値は十分あると思うのでこの雰囲気が気に入ったなら以降の劇場版もお勧めできます。

さすがに重たいよね。多分、今の公開だったら問題作?

今の政府の問題点を先取りした感じ。全体的に空気重たいし、誰か書いてたけど、九条の問題や、集団的自衛権や抗戦権。戦争を映画の中の一部位にしか思ってない安部政権は見た方がいいかも。
実際は、軍人よりも政治家の方が戦争好きでやりたいんだろうな。

9条を考えさせられる

パトレイバーは時代の先取り
OSもwin95が発売される前のアニメ化だったり
XⅢも細胞学を先取りしたような内容
これが80年代後半に考えていたのだから
驚嘆に値する

濃密な画質、重厚感のある演出

何度見ても、重厚感のある質の高い映像に感嘆します。迫力のある見せ場も沢山あるにもかかわらず何故か静的な作品に感じます。キャラクターのイメージをわざと調整しているのは好き嫌いの分かれるところでしょうが、LG的な表現で見ていて納得の作品です。
2014年という年に見直してみると、制作当時の時代の閉塞感のようなものが感じられると同時に、今の時代の閉塞感がまた大きく変化していると感じることの作品でした。

面白いけど

何故かすんごく眠くなります。

段々と路線から外れつつありますねw

 劇中でも触れられていますが、イングラム自体試作機なんですね。だから実働テストが終わったら御役御免になるわけで、だからこそ最後の戦力として頼られたというところにうまい!と感じました。
 パトレイバー映画第2弾ですが、それまでのレギュラー勢のセリフを総合計しても、竹中直人さん演じる荒川のセリフに及ばないんじゃないでしょうかwそれほどのセリフの多さであり、また荒川という独特のキャラをこれまた竹中さん独特の口調で演じきっていて、その語りは聞いているだけで引き込まれました。架空ロボット物であるにも関らず、その活躍シーンが少ない(笑)という一種特殊な映画と化してはいますが、それを補うだけの魅力が後藤隊長と荒川の会話にはあるように、個人的には感じた次第であります。
 でもやはり残念なのは、レイバーが活躍する前提の前作のような映画ではないことですね。正直南雲さんの過去の恋愛の帰結はどうでもよかったですw

良い時代の良い作品

異次元クヲリティ作品

1シーンに描かれる作画の密度感と現実感のあるストーリーに圧倒される
JAPANIMATIONが感じられる数少ないアニメ

いやぁまったく

上映された当時、驚愕しましたね。
三島イズムの映像化とでも言うのか・・・。
この作品と「GHOST IN THE SHELL」は、後のアニメ/テレビドラマ/映画に多大な影響を与えたからね。
でも実は大絶賛出来ず、心の中ではハート4.5個しかあげられない。

0.5欠落の理由は、香貫花クランシーの存在の欠落。
まぁー、しかたないんだけどね。

さてさて実写版は純然たる娯楽に転じるのか、原点たるシュールリアリズムを踏襲するのか。

魅せられる

もう魅せられるの一言に尽きる。
これが20年以上前のクオリティかと思うと今のアニメ業界がいかにCG頼みの偏った映像になっているかよく分かる。
戦争と平和。
多分いろんな意見があると思いますが、これを見て一度考えてみて欲しい作品です。

ちょ、まずいよ、しのぶさん・・・

リアルタイムで見たときは、現実と戦争って・・・と、
後藤隊長の会話の節々に妙に琴線に触れるものがありましたが、
今の時代、自衛隊の集団的自衛権等、
リアルが追い付いてきちゃった?的な妙な畏怖を
感じられずにはいられない昨今、
今一度この作品を見て、
個人視点で今の日本を考えてみるのはいい作品かも、
今まで、見てるようで見てなかった問題を考えるにはいいかもしれません。

何度観ても飽きさせない名作

 観るたびに新たな発見があり、観るタイミングによって見方を変えさせてくれる。
 これぞ名作、という一作。
 虚構としての平和と現実としての戦争を主題としているだけあり、日常に変化があったときに観ると、また格別だ。
 制作当時も湾岸戦争があった時期であり、その影響を色濃く見ることができる。

 もはや何度観たのか覚えていないほど観ているが、それでも飽きない。
 たしか前回見たときは、イラク戦争が起こった時だったかな。今回は東北関東大震災がもたらした非日常の中で観てみた。
 シチュエーションは違えど、非日常的な事象に対して、現地にて遭遇している者と、そこから離れて傍観する者との温度差は、本作にも共通するものがある。

 一度観たという人も、是非、平和な日常になんらかの以上が生じた時に、再度観直してみてほしい。
 きっと、一度目とは違った印象を受けるはずだ。

戦争と平和、その明度。

あらすじについては、作品ページにあるので割愛します。

個人的にオススメしたい点は、おなじみ後藤隊長と陸自諜報部の荒川との「会話」です。
このまったく人物像の異なる二人による、戦争と平和についての会話。
かなり難解な部分もありますが、そこは是非何度も観てください。
そこから導き出される答えは、きっと我々の知らない何かを訴えているはずです。
戦争と平和というと月並みな響きになってしまいますが、やはり一度は真剣に考えてみたいものです。
その明度は、思ったよりもずっと鮮明かもしれません。

あと、松井さんがかなり無茶をします。作品のテーマより、そっちの方がハラハラしました(笑)

見どころ

監督:押井守。劇場版第2作は、首都内で自衛隊と警察が対立し、ついに内戦が勃発するというリアルな危機感迫る状況を圧巻の映像表現でクールに描きぬいた問題作だ。視点も特車2課の若いメンバーではなく後藤と南雲ら年長組のもの。表舞台に現れない犯人・柘植の作り出す危険な内戦状況への布石が重なり、高まっていく緊張感が最大のみどころだ。徹底したレイアウト主義による緻密な画面設計で、暗喩じみた風景に思いを託して情感を盛り上げる映像作法は、現在のアニメの源流でもある。事件の裏に男女の三角関係が隠されているなど多層的な構造をとっているので、何度見返しても新しい発見がある。まさに90年代を代表するアニメ映画のひとつである【アニメ評論家 氷川竜介】

スタッフ・キャスト

スタッフ
企画・原作:ヘッドギア / 原案:ゆうきまさみ / 監督:押井 守 / 脚本:伊藤和典 / キャラクターデザイン:高田明美+ゆうきまさみ / メカニックデザイン:出渕 裕+河森正治+カトキ ハジメ / 演出:西久保利彦 / 作画監督:黄瀬和哉 / 音楽:川井憲次 / 音響監督:浅梨なおこ / 美術監督:小倉宏昌 / 撮影監督:吉田光伸 / 制作:アイジータツノコ /

キャスト
泉 野明:富永みーな / 篠原遊馬:古川登志夫 / 太田 功:池水通洋 / 進士幹泰:二又一成 / 後藤喜一:大林隆介 / 南雲しのぶ:榊原良子 / 山崎ひろみ:郷里大輔 / 香貫花クランシー:井上 瑤 / シバシゲオ:千葉 繁 / 榊 清太郎:阪 脩 / 松井刑事:西村知道 / 片岡刑事:辻谷耕史 / 拓植行人:根津甚八 / 荒川茂樹:竹中直人 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}