動画が再生できない場合はこちら

鍵姫物語 永久アリス輪舞曲

27

0

1

2

1

3

アリス。それは心の物語を賭けて戦う
少女達…。
そしてその物語をすべて集めると、
どんな願いも叶う第三のアリスの書が
完成するという―。

アリス能力者。それは心の物語を賭けて戦う少女達…。主人公桐原有人は空想好きの平凡な少年。「アリス」の物語をこよなく愛す彼は、自分だけのアリスの物語を想像し、それを物語にするのがなによりの楽しみだった。ある月夜の晩、空を飛ぶ「アリス」そっくりの少女―有栖川ありすに出会う、有人は現実にアリス能力者と呼ばれる少女達が自分の中の物語を賭けて戦っていることを知る。そして自らもアリスの世界に関わる力を持つことを知り、すべてを読んだ者はあらゆる願いが叶うという幻の物語「終わらないアリス」をめぐる少女達の戦い―アリスロワイヤル―に巻き込まれていく…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(7件)

内容は悪くないと思う

 見放題だったので暇つぶしに見てみました。
 いろいろと稚拙な部分も目につきますが、話そのものはわりとしっかりしていると思うので見て損は無いと思います。
 もう少し作りこまれていたなら評価も変わっていたかもしれませんね。

ここでの評価はあまり高くないけど

私はこの作品は意外に深いと思う。介錯の作品の中でもこれは異色といえるほどシリアスなテーマ性をもっており、単なる時代に淘汰されていく萌え系の低予算アニメという偏見を捨ててみることを勧める。
また原作の少々行き過ぎな描写を押さえ、全体のバランスをとった製作陣の手腕も評価したい。
キャラクターに個性があり、魅力があり、世界観・ストーリーも独特で引き込まれるはずだ。
私は最終的には感情移入して泣いてしまったほどだ。
ぜひここでの低評価を気にせずに真摯にこのアニメに向き合ってほしい。

面白いんだけど

色々難解w

介錯原作ということで『京四郎と永遠の空』並にドロドロしたダークな部分も含みつつ設定がちと複雑。『円盤皇女ワるきゅーレ』みたいにドタバタコメディにしてメルヘン×ドタバタコメディにしたほうがいっそ楽しめたやもしれません。

メルヘンと思いきや

メンヘル入った作品…と言ったら言い過ぎかもしれませんが、部分的にちょっと不気味なテーマもあり、爽やかな作品を見た印象はありません。元ネタの「不思議の国のアリス」の原作者キャロルも児童書の名作を世にも送り出したものの、かなり複雑な人物だったそうです。そう言った意味で元ネタである原作と原作者を上手く絡めた「アリス作品」かもしれません。魔法少女×ドロドロ系レデコミなコラボっと言うところでしょうか。観て良かった、でも1回で十分です。

条件次第で評価は逆転ということでw

最後まで一応まじめに見ました

タイトルというのは、
・キャラクターの頭から出ている何か
・みているとシリアスな場面のはずなのに思わず笑ってしまうw
・どこかで見たような設定。
・なんか、声優が豪華なのに酷いw
・なんか、こう い ろ い ろ と 酷 いw

だがしかし!
きっとこのくらい世の中に笑いを振りまくためにこの世に生まれたんだ!と。
その場合この評価は逆転ということでw

良い意味で地雷!?

これはカオスですねー、
青解説とEDで薄々気づいてはいたけど最終的にカオスすぎてむしろワロタww
序盤を見てEDが世界観と合致してないと思ったら引き返したほうがいいかも?

・まさかの展開
・じょばんのノリに騙されたw
・きどう戦士Vガンダム並に子供むけじゃなかった
・ちいさいお友達の視聴注意

何故アニメ化したっ!?くらい耐性的な意味で上級者向けって事だけは確かだと思う
ん~、ガチ☆キチ系ネット小説に近いモノがある気がします

とても面白い

し、可愛いキャラクターが超お気に入り。
それでいて、凄くかっこいい。女の子同士のバトルが・・・・・
もっと続けてほしい、映画にしてもよいと思えるぐらい近年まれにみる名作だと思っている。
実はこの作品ってゲームなんですね元は。
ちょっと意外な信じられないくらい面白い作品です。
続編、出ないかな・・・・・

見どころ

原作:介錯による同名コミックのアニメ化作品。「アリスの物語」をこよなく愛する主人公は、ある夜、空を舞う少女を目撃。完成すると、どんな願いも叶うとされる物語「終わらないアリスの物語」を巡る戦いに巻き込まれる。作品にはアリス能力者と呼ばれる美少女が続々と登場。そのコスチュームが醸し出すビジュアルはたまらなく新鮮だ。物語の要となる「アリスロワイヤル」と名付けられた、アリス能力者達が「心の物語」を奪い合う幻想的でシリアスな世界観は、思わず引き込まれてしまう。なぜ、少女たちがこの戦いに参加するのか?謎が謎を呼ぶ構成も絶妙で最終回まで一話たりとも目を離すことができない。(アニメライター:川田鉄男)

キャラクター

桐原有人

中学二年生の少年。『オルタナイト・L・タキオン』が書いた「アリスの物語」をこよなく愛する。何故かアリス能力者しか入ることのできないメルヴェイユ・スペースに入ることができる。

有栖川ありす

中学二年生の少女。アリス能力者で、幻の物語「終わらないアリス」を求めて戦う。同じようにアリスの物語を愛する有人を好ましく想っているが、きらはの邪魔により思うようにはいかない。

桐原きらは

中学一年生の少女で、有人の妹。兄の有人を慕い、有人に近づくものは何人たりとも許さない極度のブラコン。アリス能力者で、兄のために「終わらないアリス」をめぐる争いに巻き込まれる。

御咲キサ

中学一年生の少女で、きらはの同級生。内気でシャイなせいで、大好きなきらは以外とは会話が成立しない。アリス能力者で、大好きなきらはのために「アリスロワイヤル」に参加する。

篝木キリカ

高校生の少女で、有人達の先輩。校内に研究室を持ち、大量の書物の中に埋もれるように研究している。有人達を研究対象として関心を持ち、研究者の目で見ている。アリス能力者である。

タキオン

アリスの原作者『オルタナイト・L・タキオン』血縁の男性。物腰は柔らかいが本当は何を考えているのかわからない印象を受ける。リデルと双子のアリスを擁し、謎の行動をとる人物。

リデル

有人達の通う学校の図書館で司書官をしている女性。とても優しい大人のお姉さんという印象を受ける。どうやらタキオンと近い立場のようだが…。

双子のアリス

双子の少女の一人。もう一人と容姿はうり二つだが、色違いの服を着ている。タキオンと行動を共にしているらしいが…。

双子のアリス

双子の少女の一人。もう一人と容姿はうり二つだが、色違いの服を着ている。タキオンと行動を共にしているらしいが…。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:介錯 / 連載:メディアワークス「電撃大王」 / 監督:宮崎なぎさ / シリーズ構成:池田眞美子 / キャラクターデザイン:佐藤寿子 / 美術監督:森元 茂 / 色彩監督:川上善美 / 撮影監督:松本敦穂 / 編集:田熊 純 / 音響監督:蝦名恭範 / プロデューサー:大宮三郎+中西 孝+坂本耕作 / アニメーション制作:トライネットエンタテインメント / アニメーション制作:ピクチャーマジック /

キャスト
桐原有人:豊永利行 / 有栖川ありす:清水 愛 / 桐原きらは:狩野茉莉 / 御咲キサ:松来未祐 / 篝木キリカ:河原木志穂 / タキオン:子安武人 / リデル:浅野真澄 / 双子のアリス:かないみか / 双子のアリス:金田朋子 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}