動画が再生できない場合はこちら

おねがい☆ティーチャー

95

0

0

0

5

15

先生のコト、もっと知りたいよ…。
突然の出会いは甘くてせつなくて…ちょっぴりエッチなファン熱狂のラブ・コメディ!

信州の田舎町に暮らす内向的な高校生の草薙桂は、気分がダウンすると精神や肉体組織が一時的に仮死状態になるという病気にかかっていた。自ら「停滞」とよぶその病気の療養のため、穏やかに、しかし何も期待しない学園生活を送る桂。しかしある夜、湖に不時着する宇宙船を偶然見てしまったことから平凡な生活が一変した。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(20件)

がっかり

アニメを見始めた頃に放送していたのを見て、この作品にハマり木崎湖や海ノ口駅まで巡礼に行ってしまいました。
この作品が無料で見られるから会員になったのに、見放題が終了してがっかりです。

【反省】 食わず嫌い。

絵柄と、生徒・教師の恋愛という先入観から 視聴を無意識に避けてきた作品。

すがすがしい恋愛物語でした。
何より、キャラクター一人一人に魅力あることがよいですね。みんなを応援したくなってしまいました。

一部、性行為をほのめかす表現はあるものの、それは恋愛の一側面。
それを恥ずかしいものだとして、表現に組み込まない作品が多い中、
きっちりと作品に溶け込ませていることで、キャラに より人間性が増していて、観ていて違和感が少ないです。

見放題期間 残りわずか!
まだの方は、ぜひご覧ください!

時がたっても素晴らしい作品

全キャラに魅力があり、話の長さも丁度いい。
OP、ED共に神曲で聞くたびにおねティの事を思い出せるぐらい素晴らしい。
木崎湖も素晴らしい場所でしたので少しでも興味がある方は足を運んで見て下さい。

評価上方修正w

以前見た時は、主人公の特殊設定に頭が拒否反応起こして物語にのめり込めなかった。
年上属性ヒロインとしては声優のキャスティングも含めて最上級のヒロインだったのにw

ただ、こちらも年をとって、大概の設定も文句なく飲み込めるようになったためか、拒否反応も起きずに物語を楽しむことができたのと、オマケの13話が異常に面白いので、評価を前回みたときより上方修正しますw

元祖聖地巡礼

長野県 大町市 木崎湖周辺だよ

KOTOKOの音域

OPの楽曲ですが、歌手のKOTOKOさんの「得意音域が狭い」ので、序盤の低音域が下手に聴こえます。一部ではきちんと音が出ていないけど、そこを越えると得意な音域になるので、魅力を発揮できます。これは作曲者が歌手の音域を知らないで作ったからこうなったのでしょう。EDの川田まみさんの実力は高くて安定していますけど、それに比べてKOTOKOさんの音域の狭さが気になります。音楽業界でもそれに気づいたのか、最近のこういう雰囲気の楽曲では、KOTOKO作詞の別歌手歌唱が使われますね。歌手の得意な音域に合わせた曲を作る、あるいは曲に会った歌手を使うのは、大事なことだと思います。
立体ハーモニーの素敵な曲は、作品世界を盛り上げて、名作に花を添えていると感じます。

10周年おめでとう!

もう10年も経ったんですね!

久しぶりに見たけれど甘酸っぱさがいいですね。
おねツイとあの夏も見たくなりました。

ただのH作品ではない!

 m(_ _)m、すみません。勘違いでした。そして、アリガトウ。


地球人?宇宙人!が先生、そして結婚!!なんて非現実な現実。

でも、あなたの現実も不条理に満ち満ちているのです。


テレビで時々「あなたの夢は?」を観ますが、大抵小中学生。

大人たちは子供の遠い夢には微笑ましいと感じますが、

相手が高校・大学生だと、討論会形式で扱い彼らの意見は、

経験値が低いからだと煙に巻かれて幕を引かされている。

…その後の検証討論は見たことがない。


生物である限り、最後は死です。でも、誰かを想うだけで生きる意味は

確かにあると教えられました。

ネタバレあり

視聴注意危険

視聴者のリア充度によっては死にたくなりますw
特にラストの13話と言うのはDVD購入者特典の話なんでしょうけど、とても放送出来ないようなカップル盛りまくりの後日談です。

直接的な描写こそ無いものの、縁川の状況を指摘する苺とか、偶数日がどうとか朝からまだ寝てる後姿に下脱いで迫る主人公とかあのときの癖とかラブホで同級生とばったりとか湯船で見えないけど水中でお前ら何やってんだとか、過激度で言えばエロアニメの方が当然上なのになんなんだろうこのぐったり感。

マジで二日ほど最悪な状態に落ち込みましたw

ネタバレあり

進む思い・止まる思い

このおねがい☆ティーチャーは甘酸っぱい気持ち・ほろ苦い気持ち・爽やかな気持ちなど、青春の日々におけるたくさんの気持ちが詰まったとても素晴らしい作品だと思いました。
圭とみずほのそれぞれの進む思い・止まる思いから生じるドラマから、時に優しい気持ちになったり、時に胸が詰まる思いに駆られたりしました。特に11話の演出がとても気に入っています。
脇役にもスポットが当てられていて、全編通して中だるみなくスッキリ楽しめました。
いずれ観ると思いますが、おねがい☆ツインズやあの夏で待ってるも非常に楽しみにしています。
最後に、このような素晴らしい作品に出会えたことをスタッフの方々に感謝します。

ネタバレあり

絵柄に騙されるけれど。

『萌え』とか『エロ』なだけの薄っぺらい作品ではありません。
個人的には13~18歳位の「アニヲタの人」に、一番観てもらいたい作品です。

自分がその頃に観られれば、現実、異性や恋愛への向き合い方が変わっていただろうなって思う。
こんなのがサラッとネットで観られるんだから、今は良い時代だね…

なんでこのタイトルと、絵柄(アニメっぽすぎるような。意外と後半は慣れるけど)なんだろう?と思う(笑)程度には、しっかり真剣な「恋愛」ドラマです。

桂の「停滞」の原因には、納得と共に衝撃が走りますよ。そりゃ「停滞」もするよなー…(恐)

なんにせよ、お勧めの逸品ですよ!

ちょびっとエッチだし(〃 ̄ー ̄〃)

とても面白く見入る作品ですが…

この作品の中にある事が今までの自分の人生に無く、
心のどこかで憧れていた物なので、
見れば見るほど、恋人もいなければ友人もいない
自分の生活が非常に惨に思えてきてつらいです。

それにさえ耐えられれば非常にいい作品です。

気分が凹んでいるので、嫌がらせをかねて
評価を4にします。

17才さんww

ヤッパリ17才さん素敵です

楽しめました

あの夏で待ってる、を先に見てしまいましたが、色々と共通点があり
ます。苺と檸檬がかぶるのは、多くの人が書いています。
あの夏は、4月末まで見放題です。おねてぃと異なりB-CH内では、CGが
かなりの高画質になっているので、見放題の人は一見の価値ありですね。

甘く切ない物語の展開ということは双方同じでした。
みずほが成人なので、それなりの魅力もあるし、かなり強引な展開ですけど、
楽しめた作品です。
脚本が同じ黒田氏ですし。

甘く、でもそれだけじゃない結婚生活

アニメオタクだった親友が身を固めたのは、この「おねてぃ」の放映が終わって、しばらく経った後の事でした。

今ではあまり見られなくなった"結婚からはじまる恋愛"を、SFチックな設定をちりばめつつ描いた「おねがいシリーズ」第一作。結婚という儀式で夫婦となったふたりはその後、数々の障害にぶつかる事になり、最後まで目が離せないドキドキの連続をみせてくれます。
また、作品世界のエッセンスを詩に封じこめ、歌い上げた主題歌も必聴です。作詞とボーカルを務めたのは、当時は一部の人にしか知られてなかったKOTOKOさんでした(作中にちょっとしたお色気があるのも、彼女が主題歌を歌う事で予想された…のは、やっぱり一部の人だけだったかも)。

嘘か誠か、アニメオタクをも結婚に駆り立てた(?)名作。ぜひご覧ください。

ネタバレあり

想像以上の「愛と情緒」に満ちた作品

タイトルがタイトルなだけに、先入観としてエロ要素満載の「教師と生徒の恋愛モノ」と勘違いしてて、妙に抵抗あったんですが…
「夏待ち」のコメントで皆さん方の評価内容に本作品名がやたらと挙がってるので観てみると、いきなりSFでドタバタで多少エロ目線で、それでいてヤキモチと純愛が爽やかで切なくていじらしくて、当然イッキ見させてもらいました。
これが「夏待ち」に継承された原点だったのかぁと、遅ればせながら実感しました。
1クールで見事に収め切った、とても心地いい作品でした(⌒-⌒)

胸がモヤモヤする。

青春時代を思い出させてくれ、愛する人がいる幸せを教えてくれる少しエッチな作品。学生時代にこんな先生と出逢いたかった!

なかなか良かった

トンデモっぽい恋愛もの。
よくまとまっていたんじゃないでしょうか。
ストーリーを楽しみたい方はとりあえず一度は観てもいいと思います。

おねがい☆ティーチャーを観終えて・・・

おねがい☆ティーチャーを観終えて・・・

おもしろかった(●⌒∇⌒●)

純愛を描いていて、エッチな表現もとても
すがすがしく拝見できました。

だれかを愛するって、素敵なことなのだと
教えてくれているかのように、感じました。

リア充な人、もう一歩に戸惑っている人も
みんなで楽しめる作品だと思います。

オススメいたします。

ネタバレあり

おねがい

かなり古い作品だけどイイ!

キャラクター

風見みずほ

草薙 桂

縁川小石

水澄 楓

森野 苺

間雲漂介

四道 跨

スタッフ・キャスト

スタッフ
企画・原作:Please! / 監督:井出安軌 / 脚本:黒田洋介 / キャラクター原案:羽音たらく / キャラクターデザイン:合田浩章 / メカニックデザイン:森木靖泰+渡辺義弘 / 音楽:I’Ve+折戸伸治(ビジュアルアーツ) / アニメーション制作:童夢 / プロデュース協力:GENCO / 製作:バンダイビジュアル /

キャスト
風見みずほ:井上喜久子 / 草薙 桂:保志総一朗 / 縁川小石:川澄綾子 / 水澄 楓:大原さやか / 森野 苺:田村ゆかり / 間雲漂介:岩田光央 / 四道 跨:三浦祥朗 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}