動画が再生できない場合はこちら

RIDING BEAN ライディング・ビーン

54

0

0

0

1

10

凄腕の運び屋「ロードバスター」!
愛車「バフ」を操り、ハメた犯人を追う!!

OVA化もされた園田健一原作のコミック「ガンスミスキャツ」の元となったOVA。「ロードバスター」の名を持つ凄腕の運び屋であるビーン・バンデット。ある日、ビーンはグリムウッド家の令嬢であるチェルシーを誘拐した容疑をかけられ、警察から追われる身になってしまった! 果たして、彼の運命は…?

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(11件)

“ガンスミス~”のビーンより・・・

漫画のガンスミスキャッツよりビーンのノリが軽い感じがしますねぇ~♪

自分はコッチのビーンのが好きかなぁ~♪ あ、勿論ラリーも♪

アニメでスカニアのボンネットタイプが拝めるなんて…(^_^;)

是非とも“ブレット・ザ・ウィザード”もこんな感じでアニメ化してくれないかなぁ…

ネタバレあり

まさか見放題にあったとは!

園田先生といえば、ガンスミスキャッツ!
という人は多いでしょうけど、
でも、この作品は、設定も物語も絵コンテまで
園田先生が一人でこなすと言うすごい作品で、
のちにそのガンスミスキャッツにサブキャラとして
出てくるほどのお気にキャラ(ビーン)で、
内容はガンアクションにカーチェイス!
見ていて本当に楽しいです!
今とは違った、昔のハリウッド映画みたいな
このアニメをお楽しみください!

こいつは

園やんの初期の作品をアニメ化したものですが、後のガンスミス・キャッツ同様、ガンアクション、カーチェイスといった独特の世界観(園田ワールド)が描かれてます。

ラリーが白人?、ミニーが居ない?だからどうした!!それがなんだ!!これがライディング・ビーンだ!!!

ライディングビーン

我が青春のOVAだ!BGMはallサンフランシスコ録り!豪華声優群!マニアック過ぎる所も否めないけれど、コンテからかなりこだわって細かい演出も見ものヾ(≧∇≦)オススメは、ラリーの銃捌き!ネタバレですが、ラスト近くの地下駐シーン駒送りで観ると凄いです。

RIDINGBEAN

今から確か25年位前の小説からのアニメ化だった気がする

視聴して

とても、楽しめました。

面白かったです。

軽快に進んでいきます。

あの起こし方は、さすがにちょっと…^^; スゴイ。

センスを感じます。

ガンスミスを知っていますので、良く似たキャラクターはうれしかった。

皆さんのコメントを見なければ、知らないままだったかもしれません。

短いですが、満足感があります。

血はけっこう見ることになります。

カーアクション、ガンアクションが特に嫌いでなければ、楽しめると思います。

好きなひとには、最高でしょう。

ネタバレあり

ラリーがあああああ

園田先生の漫画『GUNSMITH CATS』の前身になるんですが。。。

ラリーが白人さんだとすっげー違和感(д`;)

ミニーメイとかも設定違いで出て来たりでガンスミスキャッツを知ってる方は若干混乱するかもですが作品自体のノリは同じで映像化されてますので楽しめましたw

ネタバレあり

45分間ハリウッドアクション

一言で言いますと「若いころこんなアメリカ映画があったような気がする」です。

とはいえ、作品自体は非常に良い出来です。
45分間という時間の中に無駄なアクションシーンは削り、無駄な駆け引きや恋愛シーンもないです。
派手なサウンドの中で暴れまわる車と銃声に思わず引き込まれてしまうところが良いところです。

個人的には、続編がなく1作品で終わっていることが勿体ないですね。
ちなみ、ガンアクションがラリーという金髪メガネ女性というのがある意味すごい。
しかも、ちゃんと序盤に申し訳程度に色気アピールするのだから…監督は映画の魅せ方を分かっていらっしゃると納得してしまいました。

あれ?面白い!

聞いたこともないタイトルで、古い作品ですが、見てみたら面白い!
BGMも個人的には時代を感じさせていい感じでした。
OPで「えっ?」となりがちですが、見終わってみれば気分爽快。

とにかく、細かい事を考えずみればよい!

一話のみの短編ですし、騙されたと思って是非ご視聴を!

これってアメコミの一話もの?

声優陳は一流どころ使ってるしプロトかな。
ラストは、紅の豚の『豚でてこい』を連想させるセリフ。

面白いしワクワクさせてくれる。
もう、2、3話見てみたい。

悪党だけど格好いい!

ハリウッドアクションやカーアクションそしてガンアクションが好きなら間違い無く
ハマるとおもいます。
掛け値なしに主人公の不死身っぷりがバカバカしくも格好いい
後のガンスミス・キャッツの原点になるソノケン作品です。
もう20年も前の作品なのに古さを感じさせない オススメの作品

見どころ

原作・監修:園田健一。火を吹く銃撃戦と緊迫のカーチェイスの連続、ノンストップで展開する犯罪アクションアニメだ。ビーン・バンデットは恐るべきタフガイで、ロードバスターの名で知られる凄腕の運び屋。仕事として少女を愛車バフで預かるが、それは巨大な陰謀の幕開けだった。ロサンゼルスへロケハンを敢行し、アメリカの空気を存分に導入。現地ミュージシャンによるノリの良い音楽に乗せ、スピードとスリルが洋画とまったく同じ感覚で楽しめる。みどころは、特注のオリジナル改造車のギミックと、ビーンが見せる不死身のアクション。同じ作者の『GUNSMITH CATS』とも世界観を共有をしているので、思わずニヤリとするシーンも発見できる【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

ビーン・バンデット

「ロードバスター」の名を持つ運び屋。愛車はバフ。

ラリー・ビンセント

ビーンの相棒の美女。愛銃はCZ-75。

セマーリン

ビーンを誘拐事件の犯人に仕立てた女性。

パーシー警部

ビーン逮捕に執念を燃やす警部。

キャリー

セマーリンと行動をともにする少女。

チェルシー

誘拐されたグリムウッド家の令嬢。

スタッフ・キャスト

スタッフ
製作:藤田純二 / 企画:鈴木敏充 / 原作・監修:園田健一 / 監督:長谷川康雄 / 演出:井出安軌 / キャラクターデザイン:園田健一 / メカニックデザイン:よしもときんじ+うるし原智志 / 作画監督(キャラクター):田中正弘+上條 修 / 作画監督(メカニック):大平晋也+奥田 淳 / 撮影監督:小西一廣 / 美術監督:佐藤広明 / 音響監督:松浦典良 / 音楽:DAVID GARFIELD / プロデューサー:田崎 廣+三浦 亨 / 制作:アートミック+AIC / 製作:ユーメックス /

キャスト
ビーン・バンデット:田中秀幸 / ラリー・ビンセント:松井菜桜子 / セマーリン:小山茉美 / パーシー警部:富山 敬 / キャリー:林原めぐみ / チェルシー:本多知恵子 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}