動画が再生できない場合はこちら

銀河英雄伝説 本伝・第4期

15

0

0

0

0

3

永き戦いの果て、
ついにクライマックスをむかえる…!
銀河の歴史が、また1ページ…

田中芳樹の同名人気小説の本伝をアニメ化したOVAシリーズの第4期。帝国の若き皇帝ラインハルトと亡きヤンの後継者ユリアンを中心に描くSF大河ストーリー。第4期では、宇宙暦800年(新帝国暦2年)のロイエンタール叛乱から、宇宙暦801年(新帝国暦3年)の帝国とイゼルローン共和政府の講和成立までを描く。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)田中芳樹・徳間書店・徳間ジャパンコミュニケーションズ・らいとすたっふ・サントリー (C)加藤直之

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(3件)

長いオペラ

宇宙ものの大傑作でしょう。長いけど見事な仕上がりです。長いだけに一回しか見れない可能性は高いが、1回でずっと残る作品だと思う。これもずっと残してほしい作品の一つです。さらに今の時代だからこそ必要なような気がします。時間があればぜひ見てください。小説もお勧めします。

一気見で2.6万円

20年ぶりぐらいに再び全編162話すべて見たが、やはり面白い。ちょっとかじるつもりが止まらなくなってしまった。おかげで2.6万円ほどの出費か・・・痛い。
しかし、スペースオペラと言うなら、まさにこれこそがそうだろう。もちろん、思想の面などで感情移入できない部分もあるが、それも含めて大河作品と言えるだろう。昨今の薄っぺらいロボット、美少女、萌え系アニメの氾濫を見るにつけ、銀英のようなアニメがもっと増えないものかと思う。ラストシーンはこんなんだっけ?と思ったが、小説やコミック版と記憶がごっちゃになっているのかも知れない。もう一度小説を読みたくなった。

終わりと始まりと

歴史における終わりは始まりであり、始まりは終わりである。生き残った者が過ごす、これから先の人生や歴史はまだまだ続くが、ひとまず歴史の区切りはついたということなのだと理解しました。時代を動かすことができる稀有な二大英雄が両者とも志半ばにて死す。それもまた「人は運命に従わなければなりません」ということなのでしょう。とはいえ美しくも短くも燃えた、宇宙のとある時代を描いた好作品でしょう。現実の政治とか軍事とはもっと複雑なものだとは思いますが、そういうものの一端を上手く描いているとは思いました。エラそうな感想で恐縮ですが、私はいいアニメだと思います。

ネタバレあり
見どころ

田中芳樹原作によるSF小説をアニメ化したシリーズの最終章。ラインハルトの結婚、共和主義者との決戦、そしてラインハルトを密かに蝕む病魔。長大な物語の最終章にふさわしく、本シリーズでも波乱に満ちたドラマが展開する。中でもラインハルトの忠臣として初期シリーズより活躍を見せたロイエンタールにまつわるエピソードは必見。ロイエンタールが、反旗を翻すにいたる高潔な意志と葛藤は、観る者の魂を揺さぶられずにいられない。群雄たちが織りなす壮大な歴史絵巻の結末は、誰が生命を落とし、誰が生き残るのか? ついに成し得た宇宙統一の行く末は? 銀河の歴史は最後の一頁まで目を離すことができない。(アニメライター:川田鉄男)

キャラクター

ラインハルト・フォン・ローエングラム

帝国側の主人公にして、戦争の天才&常勝の名将である帝国軍の若き英雄。旧姓、ミューゼル。幼少時に姉のアンネローゼを皇帝の後宮に奪われて以来、親友のキルヒアイスと共に帝国打倒を密かに志す。着実に武勲を重ね、強力な権力を握っていく。

ユリアン・ミンツ

ヤンの被保護者。素直な性格で、優れた感受性と知性を持つ少年。トラバース法によりヤンの被保護者となり、ヤンのイゼルローン要塞赴任にも同行している。ヤンたちからさまざまなことを学び優れた才能を示した彼は、ヤンの後継者へと成長していく。

ヒルデガルド・フォン・マリーンドルフ

名門マリーンドルフ伯爵家の令嬢。通称「ヒルダ」。貴族らしからぬ慧眼を持つ聡明な娘で、ラインハルト陣営に与する。その優れた政治的センスからラインハルトの秘書官などの重要な地位に登用され、公私共に彼を支える存在になっていく。

ウォルフガング・ミッターマイヤー

帝国軍の勇将。無二の親友であるロイエンタールと共に「帝国の双璧」と謳われる。最も早くからラインハルトに与した人物で、公明正大で柔軟性に富んだ性格。用兵のスピードに定評があり、「疾風ウォルフ」の異名も持つ。愛妻家としても有名。

オスカー・フォン・ロイエンタール

帝国軍の勇将。親友のミッターマイヤーと共に「帝国の双璧」と謳われる。ラインハルトの天才と野望を見抜き、早くから部下となる。鋭く青い左眼と、暗く沈んだ黒い右眼「金銀妖瞳(ヘテロクロミア)」を持つ。母親に殺されかけた幼い頃のトラウマがある。

フレデリカ・グリーンヒル

ヤンの副官で、ドワイト・グリーンヒル大将の娘。士官学校を次席卒業した優等生で、驚異的な記憶力を持ち、有能な部下としてヤンを補佐する。14歳の時にエル・ファシルでヤンと偶然出逢って以来、一途に彼のことを想い続けている。

アレックス・キャゼルヌ

ヤンが士官学校時代から世話になった先輩。後方主任参謀を経て、イゼルローン要塞事務監となる。デスクワークの達人で、経済・軍政官僚として優れた才幹を持ち、ヤンを後方から支える。ユーモアのある毒舌家だが、妻には頭が上がらない。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:田中芳樹 / 総監督:石黒 昇 / シリーズ構成:河中志摩夫 / キャラクター原案:奥田万つ里+本木久年+久米一成 / コンセプチェアルデザイン:加藤直之(スタジオぬえ) / アニメーションディレクター:清水恵蔵 / キャラクターデザイン:清水恵蔵 / プロデューサー・シリーズディレクター:田原正利 / プロデューサー:菊川幸夫 / 製作:徳間書店+ビデオチャンプ+らいとすたっふ /

キャスト
ラインハルト・フォン・ローエングラム:堀川 亮(現・堀川りょう) / ユリアン・ミンツ:佐々木 望 / ヒルデガルド・フォン・マリーンドルフ:勝生真沙子 / ウォルフガング・ミッターマイヤー:森 功至 / オスカー・フォン・ロイエンタール:若本規夫 / フレデリカ・グリーンヒル:榊原良子 / カーテローゼ・フォン・クロイツェル:三石琴乃 / アレックス・キャゼルヌ:キートン山田 / ナレーション:屋良有作 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}