動画が再生できない場合はこちら

SAMURAI 7

124

0

0

2

12

14

野心と功名に憑かれた狂気の時代…
哀れな百姓達の為、
名利を顧みずに七人のサムライ達が闘う!

黒澤明監督作品「七人の侍」をリメイクしたTVアニメ。長い大戦が終わり、機械化文明と農耕文明が入り混じった混沌とした時代。村を襲い、コメを略奪する野伏せり。その中、神無村の長は、密かに野伏せりを撃退すべき、サムライを雇い入れようと計画する。集まったサムライ達は、村を守ることができるのか…。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)2004 黒澤 明/橋本 忍/小国英雄/NEP・GONZO

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(28件)

面白いです

7人の侍のオマージュ作品ですがアニメとしても面白いですよね
野伏がロボットとか・・・

黒澤監督の7人の侍も観て欲しいです

名作を上手にアレンジしてる

名作

ネタバレあり

おもしろい

モビルスーツ侍カッコいい

ネタバレあり

避けられぬ戦と死

NHK地上波で見てから8年ぶりに視聴しました。
コマチ坊とキクチヨのコンビが好きだった私にはオチがなかなかきっつい話でしばらくヘコんだのを思い出しました。
今回再度視聴してまた涙しました。

ネタバレあり

久々にみました

いいですね~
オープニングも、内容も。

見終わるとサムライ気分

かっこいい!ですね。
見終わるとなんだかサムライな気分にw
序盤の神無村の決戦は思わず熱くなりました。

ただ、中盤~終盤がちょっとだるく、あまりスカッとしない終わり方に感じました。

無理に七人の侍に合わせようとしてかえって変になってしまった部分もあり残念です。
ラストは原作に合わせずもうちょっとハッピーエンドでもよかったのでは、と思いました。

サムライの七人はいずれも特徴的で、掛け合いは見ていて楽しかったです。
菊千代はいい味出してました。

何いってるかわかんないとき多い;

タイトルどおり・・・

なまりすぎ;

面白い!

原作はいまだ見てないんですが、面白いのでいつか見たいと思っています。

ちなみに地上波バージョンかな?でOP・EDが違うバージョンがあるんですよね。自分はEDの虹結びが好きでこの作品を見ていました。

ネタバレあり

いいアニメでした。

原作のある映画をこういった形でアニメ化するのも、なかなか妙案であります。
第一次産業が主な世界なのに、なんであんな巨大メカが・・・
とか、野暮な事は置いといて、とりあえず作品の面白さを楽しめばいいと思います。
各キャラをもう少し掘り下げてみると、もっと面白かったんじゃないかと思います。
最終回のその後が気になる作品です。

良作!!

とにかく面白かった!!
原作ファンは序盤から中盤にかけてが特に面白いんじゃないでしょうか...
巨大な機械兵器をズバズバ切り捨てて行くのは見ていて気持ちがよかったですねw
実は紙で出来てるんじゃ?ってくらい紙装甲wこの作品のサムライ、スパロボに出しても充分に戦えるんじゃないかなw
個人的には、菊千代生還してほしかった(>_<)

ネタバレあり

カッコイイ!

原作も好きですが、これもまたかっこいい

七人の侍

・・・とても面白かった。
特に原典部分主体の第16話までは神がかった面白さ。
後半部分はほぼオリジナルの展開だがこれはこれで面白かった。
これは悪役としてのウキョウが素晴らしかったからであろう。
またキクチヨとコマチのやり取りが微笑ましく楽しかったので最終回は
かなり泣ける。
自分の中ではキクチヨと三船敏郎の菊千代が完全に一致してしまったので
久しぶりに原典を見たくなった。


ネタバレあり

原作に近いリメイク作品です。

後半がちょっとダレタがなかなか面白かった。原作の7人の侍にもっとも近い作風だと思います。
当たり外れの多い○ンゾ作品では当たりの部類です。

なかなか良かったです。

ストーリーも良く、どの侍もキャラクターが立っていました。
ちょっとツッコミを入れると、刀一本でばっさばっさと斬られるのぶせり達、巨大ロボットの意味ねーなー!

最高のアニメの一つとしておすすめできます

まず一言で侍アクションものかと思いきや、そうではないという感想が第一です。
巨大なロボサムライ達を相手にするアクションシーンは大雑把さもありましたが、逆に言うと序盤の人対人の決闘は非常に見応えがある完成されたアクションシーンの連続でした。

触れておきたい2点目は声優の演技ですね。ここは好き嫌いもあることでしょう。あえて僕からは言及しないことで答えとしておきたい。

3点目はこの物語のテーマ。これは語られていない多数の登場人物の裏設定がありそうです。多くを語っても無粋というものでしょうね。このアニメが何をテーマとしているのか、何を伝えたいのか、何度でも見て何度も考えてそれでも見るたびに新鮮な発見に出会うことができるでしょう。

まとめていうと、もう終わってしまって悲しい!続きが見たい!アナザーエピソードがみたい!でもそんなことしてほしくない。この満足感は他の名作と並ぶものがある。最高です。

恥ずかしながら、私も知らぬまま(/ω\)

 この作品を視聴するに辺り、私も原典を知らないままでしたw
 かの有名すぎる作品をアニメ化したということですが、原作をただそのままアニメにしたのではなく独自の世界観を付け加えてあります。でっかいモ〇ルスーツの侍が出てきたり、ビーム兵器(笑)があったり。物語も後半最後に独自の展開があります。ただのアニメ化作品になってないのが魅力のひとつではないでしょうか。もちろん、バッタバッタと野伏りを斬るアクションシーンも見所ですよ^^
 集った7人の侍それぞれ個性的で、私は中でもカツシロウが劇中で成長して最後に独り立ちしていくのが印象に残りました。ずぶの素人侍から始まって、侍とは何かを学んでいく過程に魅力があったと思います。にしてもカンベエはまさに昔の風来坊ですねwすばらしい采配をして物事が解決したらあっさり(いろんな)責任を取らずに去っていくあたりがw
 ともあれ実に魅力あふれた作品ですのでお勧めです

ネタバレあり

逆に お勧めできません。

恥ずかしながら 黒澤監督の『七人の侍』を観たことがありません。なので どこまで原作に添っているのか わかりませんが、このアニメの描く物語が感慨深くて、他のアニメ作品が 色あせて見えてしまうようになるかもしれません。

最高のサムライ

七人の侍と聞いて見始めましたが。
独特な設定に引き込まれました!濃いキャラで七人がそれぞれ主人公といったように思えるほど
見せ場満載、名言満載の素晴らしい作品でした。
一気に全話見れるほど目が離せなかったです!

うむ、またつまらん者を切ってw

きっと侍のもってる刀は斬鉄剣にちがいない、ププ><

大好きです

正月に連続で放送されてたのを見て大好きになりました。789好き!でしたが今はカンベエが一番好きキャラに。色んな人に見てほしい作品です。

悪くはないが(&gt;_&lt;)

主人公?が、一番好きになれなかった。

カツシロウやキュウゾウ、キクチヨが良いキャラでしたね。
ただカツシロウの見せ場が欲しかったなあ。

かなり良作品

原作もよく知っていたことと、OPからして”七人の侍”原作と銘打っていたため、
期待と共に不安も抱きつつ視聴しました。
七人の侍を前提としても、
原作を知らずに見ても、すばらしい作品だと思います。
見始めたら止まらず最後まで一気に完走してしまいました。

こまかなエピソードや演出、そしてBGMなどからも原作へのレスペクトが感じ取れられ、
原作をしっていればよりニヤリとしてしまう場面が多々盛り込まれている良作品。
それでいて、全編通して独特の個性も持ち合わせ、完成度も非常に高いと思います。

後半が蛇足という意見もあるようですが、
ただの原作の模倣型で終わらない意欲の現れ、と前向きにとらえてよいのでは?

補足:せっかくキャラが立っていて、2クールもあるのに、
各キャラの背景がほとんど描写されないのが残念。
このあたりをしっかりやってくれればもっと深みがでたのに...
ってことで星-1です。

友人にすすめられて

友人が「おもしろいので見ろ!」と言うので見ましたが、いやぁ~シブいアニメですね。
小林誠さんがデザインしたサイボーグ野武士たちがツボにきました。非常にかっこいい。

面白かった

各キャラ ヨカタ(*⌒▽⌒*)

好きだからこそ、突っこもう。

序盤に描かれる戦闘は主として人間VS人間
これはカッコイイ。

終盤になるにつれ、メカ野武士VS人間の戦闘がメイン
図式が巨人VS小人ってな感じだから、とにかく戦闘描写がおおざっぱになるのが残念

大刀の大振りかわして、駆け上がって一閃!的な
ちゃんちゃんばらばらとはかけ離れた戦闘ばかり

それに、まぁ、メカ野武士の装甲がヤワイことヤワイこと
ちょこまか動く人間侍の動きにもついていけないし、
なんのためにメカ野武士なったのか、その利点がまったくわからない

カツシロウにすら両断される、そんな鉄の体になんの意味があるというのか
人間のままでいたほうが、断然有利に思えてしかたない

余談ですが、こちら2004年の作品ということで、近年の作品であり、
昭和からはじまる日本のアニメ史において
「サムライアニメがコレ以前に存在しないわけがないだろう」と書いときます

ネタバレあり

後半は蛇足な感じも…でも好きです。

随所に散りばめられた原作の名台詞。
アニメーションにする事で引き立つ各キャラの魅力。
非常に好感を持てましたが、
完全オリジナルの後半の展開は少し微妙な気も…。

でも菊千代って本当にいいキャラだよなぁ〜。

ネタバレあり

ふむ

最初は、原作に対して モビルスーツばりのマシンがイッパイ出てくるから違和感を感じたんだが
オープニングが好きだったから、なんとなくダラダラ観ているうちに全部観れてしまったw


一応、最後の方に感動できる場面もあるし
〇じゃないでしょうか♪

サムライアニメのはしりの作品です

最近、パチスロにて同アニメを見て以来、興味が有りました。昔の作品ですが、キャラクターの良さに最後まで見てしまい、気が付いたらハマってました! 今ではオープニングソングを口ずさむぐらいのお気に入りです。サムライアニメで熱くなれる方へおススメします!  

見どころ

世界中に影響を与えた黒澤明監督の時代劇映画『七人の侍』。この偉大な古典がGONZOによってSF冒険活劇として甦った。神無村から米を略奪する野伏せり。農民たちの懇願に、7人の個性的なサムライが村を守るために立ち上がる。物語の主軸はそのままに、時代を遠い未来と設定し、身体を機械化したサムライも登場。さらに世を支配する商人の暗躍を描くなど、アレンジも存分に加えられている。みどころは伝統的なアニメーションと3D-CGをハイブリッド化した映像と新旧が混在するユニークな世界観、そして現代風に再構築されたキャラクターたちの示す誠実な心情である。人が人のために戦うこと、その普遍的な意味が胸に迫る大河アニメだ【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

カンベエ

いつも負け戦ばかりだったと言う軍師。経験値の豊富さと人間的な大きさがカツシロウの目には「理想のサムライ〜理想の人間像」に映る。常に冷静な、頼れるリーダー。村人たちも全幅の信頼をよせていく。

カツシロウ

高名な武家の出身。武者修行の途中、カンベエと出会って「サムライ」として成長していく。戦争は未経験だが、潜在的には高い戦闘能力を誇る…ものの実戦では役に立たず、戦場で人間的に鍛えられていく。

キクチヨ

厳格な身分制度から抜け出して「サムライ」になる為、改造手術を受け、戸籍から自己を抹消した男。自分の置かれている境遇を変えてみようとする遺伝子の持ち主。前線で超大刀をふるい、敵を倒す豪快な男。

ゴロベエ

カンベエの参謀役。かつてカンベエとは敵にあたる側に雇われていた。「サムライはいつでも臨戦態勢だ」と、腹一杯にはせず、腹八分目。戦場が大好きで、戦場で死ぬ事こそ本望と言ってはばからない。

シチロージ

戦場ではいつもカンベエと共に前線にいた、古女房的な存在。刀や槍など、あらゆる武器に精通している。大戦後、長い間くすぶった生活をしていたが、カンベエと再会後は、遊撃役として活躍する。

ヘイハチ

のんびりした性格で、仲間の中ではムードメーカー。お米に目がなく、各地を転戦したおかげでききめしが出来るほど。満腹になるとフルパワーで戦える。工兵という経歴を生かし、村の要塞化に力を発揮する。

キュウゾウ

ストイックな剣士。極限まで自分を高め、剣をふるう一瞬に全てをかける男。厳しさを全身ににじませているが、本当はおそらく一番優しい男。無口で冷静、感情を荒げる事はない。

キララ

村の水神に仕える「水分りの巫女」。丁寧な物腰で話す、ちょっと浮世離れしたところがある少女。「巫女」という肩書きもあって、神秘的な雰囲気すら漂う。よく言えばお嬢様、悪く言えば世間知らず。

コマチ

村の水神に仕える「水分りの巫女」であるキララの妹。姉に比べて現代っ子。ハラがへったと言っては泣き、満腹で嬉しいと言っては泣く。メカ侍のキクチヨを子分にする。

リキチ

村一番の働き者。「水分りの巫女」のキララやコマチと共に村を救ってくれるサムライを探しに旅立つ。「野伏せり」を激しく憎んでいるが、そこには何か訳がある様子…。

ウキョウ

虹雅渓の差配で、豪商であるアヤマロのドラ息子。のちに虹雅渓の差配となる。街でキララを見初めて以来、彼女を執拗に狙う。彼には思いも寄らぬ出生の秘密が…。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:黒澤 明「七人の侍」より / 監督:滝沢敏文 / 演出協力:高橋良輔 / シリーズ構成:冨岡淳広 / キャラクターデザイン:草なぎ琢仁 ※なぎ は弓偏に剪 / アニメーションキャラクターデザイン:橋本英樹 / メカニカルデザイン:小林 誠 / デザインワークス:森 久司+田中雄一 / 美術監督:小倉宏昌 / 音楽:和田 薫+林 英哲 / 音響監督:鶴岡陽太 / アニメーション制作:GONZO /

キャスト
カンベエ:てらそま まさき / カツシロウ:朴 璐美 / キクチヨ:コング桑田 / ゴロベエ:稲田 徹 / シチロージ:草野 徹 / ヘイハチ:犬飼淳治 / キュウゾウ:三木眞一郎 / キララ:折笠富美子 / コマチ:斎藤千和 / リキチ:西前忠久 / ウキョウ:子安武人 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}