動画が再生できない場合はこちら

真月譚 月姫

72

0

1

5

5

7

「私を殺した責任、とってもらうからね」
白き吸血鬼の姫は少年を戦いへと誘う――

人気同人ゲーム「月姫」を原作にしたTVアニメ。遠野志貴は子供の頃、助からないと思われるほどの大事故にあったが、奇跡的に一命を取り留めた。だが、その事故をきっかけに、父親によって遠野の家から遠ざけられ、志貴は遠い親戚の家に預けられることとなる。志貴には秘密があった。事故の直後から―モノの壊れやすい線―が視えるようになっていたのだ。その線に刃物を通せば、どんなモノでもバラバラに解体することができた。その能力に悩んでいた幼少の志貴は、偶然出会った女性に「死の線」が視えなくなる眼鏡をもらう。そのお陰で、志貴はこれまで普通に暮らして来られた。そして、これからも普通に暮らして行くつもりだった。そんな志貴の元に突然、連絡が届く。遠野家の当主―父の死。新しい当主の命により、遠野の家に戻るように、と。高校生になった志貴が再び遠野家へ戻った時から、この物語は始まる…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(18件)

バトルアクションが……

ストーリーは吸血鬼モノ+犬○家の一族のようで、目新しさはあまり感じませんでした
また、淡白であっさりしていて主張性の弱い作品だなと思いました
けれど、まずまずの面白さでした

バトルアクションが物足りなかったです
アルクェイドさんは設定上、相手を大きく上回ることが出来ないようですが
それでも、もう少しTUEEEしても良かったんじゃないかと思いました
あと、主人公のナイフアクションも頑張って欲しかったです
しかし、淡白であっさりした作りのことを考えてみると
バトルアクションは敢えて抑え気味にしたのかもと思いました

素直に良い話だなと思う

原作の月姫をやったのはもう何年前になるやら。
久しぶりにアニメで再会したアルクェイドはやっぱり可愛かった。
最後はちょっともの悲しい終わり方で月姫トゥルーエンドを意識したつくりで良かった。
アニメと原作では微妙にストーリーが違うが、どちらが良いとも言えない個人的にはどちらも好きだった。
やっぱりこうしてみると月姫ってとても良いお話だったんだなと改めて思った。

教えて知得留先生

一応、アルクトゥルーエンドだけど・・・。
原作発売時に睡眠時間を削りまくってプレイした身としては非常に物足りない。
オープニングやエンディング、アイキャッチも狙いすぎていてあざといし、前半の山場である教授戦も
最終戦も緊張感が全然ないのが致命的。
原作を知らなければアニメとしての出来は悪くないので楽しめるかもしれないが、リアルタイムで原作に熱中した人にはコミカライズ作品の方をオススメします。

良かった!

せっかくいい作品だったのに1クール12話終了は残念でした。もう少し続けて二人の関係を発展させて欲しかった。でも12話通してアルクエイドの服装が全く変わらない事ともう少しヴァンパイアらしい所も
見たかった。

お話は良いけど・・・

 観終わって、思い返すと良い話。

でも、アニメとしては面白くない。

せつなかった

バンパイアのストーリー大好きです

ネタバレあり

よかったですよ~つい引きずり込まれてしまいました

 タイプムーン(奈須きのこ)の初期作品だから、時代背景は2000年より前ですね~
 ずいぶん前に原作ゲームをプレイしての印象ですけど、きのこさんの世界観の一部はそこはかとなく出ているのではないかと思います。
 プレイしたことがある人は微細部分まで知ってらっしゃいますので、ちゃんと描けてない~とか賛否両論あるかもです。
 絵と音楽は綺麗だし見ていて面白かったので、一気に見てしましました~

良かった

もう少し、詳しく描いて欲しかった。

おもしろかったねー

おもしろかったねー

そういえばゲームのリメイクの話が出てるけどどうなったのだろうか・・・
アニメもリメイクしてほしいなぁ~

ドキドキした

一話を見たら止まらなくなって、毎回ドキドキ。
そして、彼女にドキドキ・・・・。

いや~、いいですねこれ。

源泉は濃い

俺もコミックから入ったので、コミックスの方が面白いと思います。
ただ、ゲームやったことないですが、こんなかんじなのかもですねえ。
コミックのは、他の作品の影響を受けているのも、あるようですので。
大半の人が、格闘ゲームのやつから、これを知った方多いですから、キャラの性格の違いに戸惑うでしょう。
同じアニメでも、カーニバルファンタズムと比べると、アルクエイドの明るさ、めちゃくちゃ違いますからねえw
最近見た月姫は、コハエースですね。
あれも、どうかと思いますがw

人気作が原作でも

スタッフの才能と愛次第ではこうなってしまうという典型例か。同じメディア化でも漫画版は面白いのに。ネロ戦とかの緊迫感が違い過ぎてもう。

面白いけど

終わり方が急ぎすぎというかサッパリしすぎだよね
先輩と妹との余韻がもう少し欲しいしお姫様との終わり方も唐突すぎる
1シーズンで終わらせたいのか次への期待持たせたいのか迷ってる感じがするのは気のせいかな?

ネタバレあり

非常にストイックな出来

原作はプレイしていませんが、おそらく1クールで構成するにあたり、非常にわかりやすくシンプルにアレンジされていると思われます。なので原作未プレイでもとっつきやすいです。またとても落ち着いていて格調高い雰囲気が切ない感じのストーリーに合っていて、視聴後感がとても良いです。そのストイックな作りから原作の強い個性がかなり薄くなっていること、盛り上がりに欠けることが難点ですが、単体としては良作だと思います。

原作好きには…

全体的には無難に纏めた感じなのだろうけれど、
原作好きには正直…
きのこ氏の持ち味である、良い意味での厨二臭さがすっかり消えています。
敵味方問わず、「吸血鬼」が弱々しく描かれている為
戦闘描写の盛り上がりも殆どありません。
話数不足による物も大きいのかもしれないけれど、
期待して見るとがっかりします。
音楽や絵は良かっただけに残念です。

ネタバレあり

原作ゲームをまずまずうまくまとめたかな。

原作ゲームをやった人から見たら賛否両論でしょうが、個人的にはこれで「あり」だと思います。エンディングはきれいでした。ただ、主人公の少年の声優さんがちょっと棒読みっぽくて、それだけが残念でした。

すべてがすばらしいとしか思えない。

絶妙なバランス、すばらしい。
話数が少ないが、こちらに創造させる、それが狙いとみた。
他に説明いらないだろう。見てみればいいだけだ。

アニメ版も素晴らしい作品

アニメ版は原作とは別物で考えて見てほしい作品です。
原作シナリオが優れているだけあり………………
オリジナルアニメとして見れば、これはこれで私の大好きな作品です。
全12話なので、説明不足な部分などが多々ありますが…………
絵も音楽も最高です。やはり最終話は、切ないです。

見どころ

奈須きのことTYPE-MOONによる大ヒットゲームをJ.C.STAFFがアニメ化。人も物もナイフで《線》を切り裂いて壊すことのできる「直死の魔眼」。この特異な能力をもつ少年・志貴が吸血鬼の美女アルクェイドと出会い、猟奇事件に立ち向かうことで周囲の人びとと自分自身に隠された秘密を知るようになる。みどころは、TYPE-MOON独特の神秘的な世界観と緊張感。美麗な映像の積み重ねと音楽が、断片的に提示される謎の手がかりを紡ぎあげ、ひとつの大きな《真実》に変えていく。同時に恐怖と不安が、かけがえのない青春期の心情に転化する。残酷さと美意識がほのかな慕情と溶けあっていく、貴重な感興を味わってほしい【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

遠野志貴

大事故をきっかけに死の魔眼と呼ばれる「モノの壊れやすい線」が視える能力を身に付けた少年。複雑な生い立ちながら、穏やかな性格の持ち主。

アルクェイド

「真祖」と呼ばれる吸血鬼の一人。志貴の魔眼の能力によって殺されてしまうが、復活を遂げ彼と行動を共にする。無邪気で好奇心旺盛な性格。

シエル

志貴の通う学校の先輩。志貴にとって日常の象徴のような人であり、頼りになる相談相手でもある。だが、彼女には隠された一面があるらしく…。

遠野秋葉

志貴の妹で、遠野家の当主。遠野家の跡取として教育されたために厳格。一見、妹らしい可愛げに欠けるが、実は兄を心配する優しさを持つ。

琥珀

幼い頃から遠野家に仕える使用人で、秋葉の身の回りの世話と料理を担当。双子の妹である翡翠とは違い、明るく快活な性格をしている。

翡翠

幼い頃から遠野家に仕える使用人で、志貴の身の回りの世話と掃除を担当。双子の姉である琥珀とは違い、何ごとにも冷静で無反応な性格。

乾 有彦

志貴の悪友で、高校のクラスメイト。

弓塚さつき

志貴の友人で、高校のクラスメイト。中学生の時、志貴にピンチを救って貰ったことがあり、それ以来、彼のことが気になっている。

蒼崎青子

志貴に「死の線」が視えなくなる眼鏡を渡した謎の女性。孤独だった志貴にとって大きな救いとなり、志貴から『先生』と呼ばれるようになる。

ネロ

別名「混沌」の名を持つ死徒吸血鬼。アルクェイドを狙っている。

ロア

別名「アカシャの蛇」の名を持つ吸血鬼。猟奇殺人事件の真犯人。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:奈須きのこ+TYPE-MOON / 監督:桜美かつし / 監督補佐:阿保孝雄 / シリーズ構成・脚本:ときたひろこ / オリジナルキャラクターデザイン:武内 崇 / キャラクターデザイン:小澤 郁 / 色彩設定:安藤智美 / 撮影監督:田沢二朗 / 編集:西山 茂 / 音響監督:明田川 仁 / 音楽:大森俊之 / アニメーション制作:J.C.STAFF / プロデュース:RONDO ROBE /

キャスト
遠野志貴:鈴村健一 / アルクェイド:生天目仁美 / シエル:折笠富美子 / 遠野秋葉:伊藤 静 / 琥珀:植田佳奈 / 翡翠:かかずゆみ / 乾 有彦:櫻井孝宏 / 弓塚さつき:田中かほり / 蒼崎青子:木村亜希子 / ネロ:三宅健太 / ロア:吉野裕行 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}