動画が再生できない場合はこちら

再生回数:---
104

0

2

3

9

11

学園都市

東京西部の大部分を占める巨大な都市。総人口二三〇万人の約八割が学生というところから、そこは『学園都市』と呼ばれており、住民である生徒達には、超能力を開発する特殊なカリキュラムが組まれていた。学園都市のとある高校生・上条当麻の評価は落第寸前の無能力(レベル0)。なぜなら彼の右手には、“異能の力ならなんでも打ち消す”謎の力が宿っていたからだ。そして彼はこの右手のおかげで、“神のご加護”まで打ち消し、常に不幸な人生を送っていた。そんな夏休みのある日。上条の部屋に純白のシスターがいきなり空から降ってきた。そして、その少女はこういった。自分は“魔術”の世界から逃げてきた――と。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

関連作品

ファンの声(25件)

ゲストキャラの魅力で引っ張る作品

「超能力(科学風味のオカルト)」と「魔力(宗教風味のオカルト)」の対決がモチーフ。決して「 "科学" 対 "オカルト" 」ではない。その根拠を挙げればキリがないが、ひとつだけ挙げるなら「科学サイドの超能力」のほとんどが「エネルギー保存則に違反」していることか。…だが、そんなことは本作の本質ではない。「超能力と魔力の対決」は、確かにセンスオブワンダーに溢れており、文句なくおもしろい。ただしストーリーはゲストキャラの魅力に牽引されることが多い。各エピソードは詰まるところ主人公の「幻想殺し」に帰着するが、演出の巧みさで毎回カタルシスは得られる。惜しむらくはインデックスで、十分に活かされているとは言いがたいように思う。あとは登場人物の動きがバラバラなことか…とはいうものの、十分に楽しめる作品であることは確かと思う。個人的にはシスターズに関連したエピソードに最も引き込まれた。

後半に難あり

そこそこ楽しめました。
前半は結構面白かったのですが、後半は設定の無理矢理感が気になってイマイチな感じ。
この後、超電磁砲も見てみます。

おもしろかった!

インデックスと、とうまはなんだか自分のようでそうじゃないような不思議な感覚になりました。最後まで集中して観ることができて、おもしろかったです!

面白い、のだが

今回、見放題でまた一通り見直しての感想ですが・・・
やはり、「超電磁砲」の方が、脚本・演出・その他諸々、ワンランク上と思う。
だからハート4つ。

わからなくても

とりあえず見てみて思ったより楽しめました。

ただ固有名詞は、わかりにくいです。

自分にはちょっと……

説明的なもの、心情の吐露、お説教などの台詞がかなり長く
また、台詞の内容も自分には難しくて台詞の解釈に四苦八苦で
しかも、台詞には中二スパイスがたっぷりまぶされているので
視聴していると、なんだかゲホゲホむせてしまう感じがしました
この長い台詞の掛け合いはバトル中にも展開されるのですが
バトルの緊張感が切れてしまって具合が悪いです

自分には10年早いというか、向いてない作品でした

気になっていた作品で

少しずつ観ましたが、面白かったです。
原作も知らず、あらすじも読まずで1話目から「?」な部分がありましが
学園都市っていろんな生徒がいるんだぁ~と、大雑把に解釈。
戦うシーンはあるけども、すかーっとしないのでなんだかモヤモヤしました。

面白いです

3期きまらないかなー

真に受けなければ

初見のときは、出るキャラ出るキャラすんごい能力設定を背負ってるのに実際たいしたことないとか、主人公が異常に説教臭いとか、厨二病とはこのことか!みたいな、生温かい目になってしまいましたが。
今回、ざっと流すように再視聴してみたら、意外と快適でした。
絵は綺麗ですし、いろいろと真に受けなければ楽しい作品です。
一方通行さんイイネ

何が不幸って一躍人気シリーズになったのが不幸だよね

何が不幸って続編が製作されるたび注目解説されちゃうような人気シリーズになったのが不幸だよね
ここで終了するアニメで比較対象が無ければ神アニメの座に近い作品だっただろうに・・・

とあるシリーズのアニメ製作がココで終了したIF次元でなら崇め奉られる作品かもしれない

悪くはないんだけど……

なんだかなー悪くはないんだけど

細かい所が気になって残念な気分

走り回れる子猫がおとなしくはこの中に入っているとか
立派な町なのにやたら猫が捨てられてるとか
猫を連れて町を歩くとか

猫を優しさをアピールする相手無にする手法はもう20年前から使い古されていると
されてるんだけどな…と

知らないんだろうけど
拾った子猫を医者にも連れて行かず、
風呂にいきなり入れるとか
下手したら死んじゃうんだけど……

もやっとしました

ネタバレあり

本当の不幸は

主人公の当麻より、美琴や一方通行のほうが人気が出ていることですね。
二人とも外伝作品も出来て、ますます人気が上がっていますw
当麻、能力は凄いですけど、地味ですからねえ・・・・
格闘ゲームだと、そのへんが露骨に出ていますw

上条さんがカッコいい

上条さんの熱血パンチにそりゃあ惚れますよ。

意見は多種多様、多々あり?

個人的には、大好きだが、
本作&関連作等々、好みはまさに多様に分類される作品。
でも、肩ひじはらずに、
まさに、ライトノベルを読むかのように、気軽に見てほしいです。
キャラ・ストーリー・設定が、どうこう気にせずにお試しあれ♪

ネタバレあり

やっぱりおもしろい!!!

やはり何回見てもおもしろい!
個性あるキャラばかりで、バトルアクション萌え要素もおさえ、なにより設定が細かく矛盾がないのが鎌池さんのすごいとこ。
シリーズ通算4回もアニメ化されてて劇場版も大ヒットしたのもうなずけます。ラノベで一番売れてる作品ですからなー。
二期ももちろん超電磁砲、OVA、Sもおもしろいのでぜひぜひ!!
この作品を見てない人はまさに「不幸だー!」ですね

ちなみに一番好きなキャラは当麻です。これでもかというくらい真っ直ぐでかっこいいヒーローキャラは最近いないですよね!上条さん最高!!!説教説教!!

な、なんですと!?

こ、これを見放題にするとは、バンダイチャンネルおそるべし…
1日8話分くらい、簡単に見れそうです。時間ないけど…ね。
ラブコメあり、ドタバタあり、シリアスあり、バトルあり、その他たくさんありありです。
あれこれ言う前に、第1話を見てみて、つまらなかったら続き見なきゃいいんですよ。
どう?、簡単なことでしょ。
だから、見てみてください。
いつ見るの?、

今でしょ!?(もう古い?)

ネタバレあり

それなりに楽しめます

作画などアニメ化にあたってのクオリティ
が高く、内容はそれなりに楽しめます。

SFっぽいモノとオカルトっぽいモノを、
キーワードだけ繋げて、俺はお前を見捨て
ない的なノリで、少年があたり構えずに上
から発言でどなりちらし、何だか判らずに
ハッピーエンドになります。

正統派ハーレムパターンです。

この作品の見所はピンチを逆転する主人公。
ギリギリの状態で伏線に気がつき、重症を
負いながら解決します。
この過程で、他の登場人物を涙を流しなが
ら罵倒し、俺はお前を愛してると結ぶ。

ラストでは(特にその気は無いのに)
命の恩人として、美少女達に惚れられてし
まいます。

計算の得意な人には不向き。
クローン兵器を2万体使い捨てにすると、
幾らかかるんだろうか?
10万8千冊を一日1冊ペースで覚えると
何年かかるのだろうか?

色々と緩いですがご愛嬌です。

考えずに楽しんでください。

ネタバレあり

全部が面白い訳ではないがシスターズ編は必見です

今現在放送中の「とある科学の超電磁砲II」と時間的にほぼ同時進行しており、電磁砲が御坂視点に対して、本家のこちらは上条視点です。
超電磁砲の方を先に見てからこちらをみた方がいいかも知れません。
逆にいうと、御坂美琴が出てこない回は余り面白くない、ということです。

トータルバランスはよい

キャラ、設定、作画などのトータルバランスはよい。安心して見れる作品。

ただ、細かな設定の不備や、主人公のいろいろとおかしな点に気付くと、それはそれは気になる。
また、各キャラクターの行動の動機など、一回見ただけではすんなり頭に入ってこない。
これは、ライトノベル原作だからだろうか。

一応2も見るつもりだが、今のところ評価は可もなく不可もなしの3です。

最近シリーズ見始めた

一方通行関連の話と前半の話はとても面白かった。
後半は少し自分には合わなかった、展開に入り込めない感じでしたね。

禁書2は更にまとまっているので禁書1が好きなら楽しめると思います。

ネタバレあり

上条の話はやたらと長くて理屈っぽいんだけど全然理にかなってないので、見てる側としては何で(登場人物の間で)話が通じているのかが分かりませんでした。『超電磁砲』のようなスカッとした爽快感もありませんので、自分には見どころが見つけられませんでした。

とある魔術の視聴感想

面白い、何が面白いかと言われると、具体的な説明になってしまうので割愛するけど、面白い。
とある休日の前日深夜、そういえば以前レールガンを見て面白かったなと、禁書目録を探してみると、第一話が無料で視聴できたので、面白くなければ全話購入しなけりゃいいさと見てみた。
とある休日の目覚めとともに、視聴を始めて気づけば夜、全話を見終わってしまった、一日がつぶれた…。
当然この投稿を終えたらシリーズⅡを全話購入&視聴開始は確定で、明日の仕事が心配だ…。
と、このくらい書けばのめりこみ度が理解できるのではないだろうか、アニメ好きじゃなくても楽しめるストーリー性の深さは一見の価値ありと思われる。

アツイねぇ上やん

魔術と超能力。
どっちも一度は「ほしい」と思った事があるはず。
そんな力が同居する世界観はとても魅力的。
レベル0の上やんはいわば俺たちと同じ普通の人なんだけど、
イマジンブレーカーという魔術も超能力も凌駕するすげー能力と
SHUZO並みの熱い想いで、正にヒーローの中のヒーローだね。
・・・にしても、インデックスさん。主役のはずなのに、活躍の場が少ないなwww

テンポは良いほうだと思うけど

展開が早く、要所に「?」と思う部分がしばしば・・・
でも「学園都市」という舞台の世界観とか登場キャラクターは魅力あって楽しいです。

電磁砲と一方通行がイイ

正直、主人公(上条)とインデックスはどうだっていいかもしれない…。

レールガンとアクセラレータ、中盤以降は「いい味」出しまくりで、いつの間にか存在感が主役級。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる