動画が再生できない場合はこちら

地獄少女 三鼎

56

1

0

0

5

7

私はあなたの中にいる―――。

TVアニメ「地獄少女」の第3シリーズ。深夜0時にだけアクセスできる「地獄通信」。ここに晴らせぬ怨みを書き込むと、地獄少女が現れて憎い相手を地獄に堕としてくれる…。怨みの連鎖を断ち切り、地獄に流れていった閻魔あいの魂が、再び人の世界に戻ってきた。賽河原市を舞台に、地獄少女の新たな物語が始まる…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(13件)

善人が

悪者じゃなくても、地獄に
ちょっとしただけ地獄に
なんだか、

メンタル強者向け傑作

1期~3期まで一気見して、途中おそらく批判を浴びるであろう展開もあったものの、振り返ればそれらの不条理もあるべくしてあったと唸らされるテーマ展開力、収束力。
アニメ史上でも、これほど真っ向から人間の業を描き抜いた力作も珍しいと思うのですが、日本アニメトップ10みたいな企画に名前が挙がる作品ではありませんよね。(3期も作られるほどの人気は獲得したものの…)もっと評価されていいと思うなぁ。

原因はわりとはっきりしていて、これ、途中で観れなくなる人続出するでしょ。
アニメでいじめシーンを見るだけでもキツい人が全話視聴すると、メンタルボロボロになるかと。

選ばれし強者向け傑作。
私はかなり弱者寄りなんで、これから銀魂観て気を紛らわせます……

ボケ

1期から見てます。
最初は仕事人みたいな勧善懲悪ものかと思ってたけど、だんだんどんな人でも地獄通信に頼めば嫌いな人を地獄に流せるという理不尽さが目立ってきました。あ、決して悪い意味でなく。世の中そんなものだし。
しかし本当の狙いは別にあるような気がします。
地獄少女は地獄に流すっていう仕事はしているけど、基本的に自分から手出しはしない、見守るだけというスタンスです。人の力の及ばない何かに自分のしていることはすべて見られているという、輪入道の「お天道様はちゃーんとみてるんだぜぇ」という言葉に尽きると思います。
それに私的にはシリアスな流れの中に、地獄少女の自然なのか意図的なのかわからないボケがクスリとさせられ、脱力していい感じでした。
しかし声優さんの使い方が贅沢ですね。チョイ役でセリフほとんどないのに有名な方だったり・・・

ネタバレあり

理不尽と業

地獄少女シリーズは、当初「必殺シリーズ」のように、因果応報、勧善懲悪の色が濃かったが、この第三シリーズ「三鼎」まで来ると、善悪の判断がし辛い、因果が理解しがたい、「なぜこの人が地獄に送られなければならないのか?」という理不尽な話が多くなった。しかしそれは現実もそうである。何も悪いことをしていなくとも、人は死に、地獄のような思いを現世で味わうことになる。近年は特にそう感じることが多くなった。富野監督でなくとも「リアルは地獄」と言いたくなる。それでも、恨みも悲しみも全て見届け、時に涙を流してくれる存在がいること、それに一抹の救いを感じる。
作画に関しては一つの頂点を極めたと言っていい作品で、今見ても何の遜色も無い。独特の美学が貫かれている。
続編を期待。

ネタバレあり

対決

1期から3期、
どの期にも各々見せ場が豊富で、私には甲乙付け難いです。

強いてこの期だけに限って、数を絞って挙げるならば、
物語中盤での 地獄博士 対 地獄少女
最終盤での ゆずき 対 つぐみ
になるのでしょうか。

勿論私の個人的な好みでの判断です。



2期のコメントでは
ゲストの登場人物の声の役に就いて書きました。

今回は
これも全期を通じての事ではありますが、もう2点程、、、
・流される人物の小舟の上での態度
・次回予告の雰囲気のあるやり取り
これらもとても見物でした。

ネタバレあり

2期よりは

面白かった(というより、観ていて心地よかった)。
というのは、2期の感想でも若干触れたけれども、本作ではしっかり「制裁」を与えている回が増えたから。

2期の終盤のジメジメ具合が酷過ぎたため?か、お仕置きシーンをポップに描くなどコメディ感も出されてて雰囲気が軽くなっていた。それゆえ、心地よさは2期よりはよい。(しかし、胸糞悪くなるシーンも相変わらず健在している笑)

また、本作は1期と同じように、地獄通信への根源的な問い、存在意義・是非を問う主題があるため、そういう点でも、面白さが1期並へ戻ってきたと思う。

地獄通信という要を除いた部分についても、純粋にヒロインのゆづきちゃんが可愛かったり、人間模様を観察出来たりして面白かった。

なので、2期の最後でダメージを受けた方は、3期を観ることをよりお勧めしたい。

ひさしぶりに見て

数年前に、三鼎を途中まで見ていて、思い出して見直しました。
最後まで見て、「なるほど!」という感じでした。
シリーズ1,2を見ていないと、分かりにくいところもあるので、
地獄少女シリーズを見たことが無い人は、前作から見たほうが良いかもです。

3期目が一番好きかも

1、2期と見てきて3期目の評価があまりよくなかったのでとりあえず見てみましたが、結果とてもよかったです。ゆずきの秘密も、あいが自分に似た彼女を最終的に守るのも、復習されるべき人物に最後復習が果たされるところもなんか肩の荷が下りた感じでした。
いい感じのシーンが入っても「どうせ最後は泥だろ・・・」と展開を醒めて見がちになりながらも納得させられます。
青い曼珠沙華のシーンは本当にきれいでした。
胸がむかつく地獄流しのときも一目蓮さんと骨女様が心の支えでした・・・
輪入道さんもかっこいいし新参の山童もよかった。くくりはあいかわらずな印象でしたが・・
骨女様が女子にもてまくる話は結果やはり泥でしたが面白かった。

でもこのアニメを見ると、鬼灯さんのアニメを1話からまた見たくなります・・・;

ネタバレあり

asterl

色々な噂を聞きつつ三鼎を観ました。
途中やっぱり見ててきつい話もありましたが最後まで観る価値はあると思います。

確かに三鼎はちょっとシュールな所が多いというか「えっそんな程度で流すの!?」とかありましたが、スタッフの遊び心というか全て見てから考えるとゆずきの出した答えも納得出来ます。

ラストにかけての畳み掛けは素晴らしいというか、やはりよく出来た作品だと思いました。
ゆずきも、あいも本当に同じだったんですよね。

ただ出した答えはあいとは違い裁かれるべき罪を全てあいが背負う。

地獄少女=あい

彼女しかいないんだな…と思いまた泣きながらコメントしています・゜・(ノД`;)・゜・

ネタバレあり

三作目・・・まさに地獄(笑)

 恐る恐るの一作目、ウケての完結二作目。
一作目でも落ち度が無いのに流されたケースがあったので
ちょっと辛いけど、まぁ良いでしょう。

三作目は無理矢理の制作!制作側も遊びに走りましたね。
私には合っていたので星四つです。

 「地獄での無限の痛みと、理不尽?な殺人」
あなたはどちらを選びますか?
私はたぶん前者です。脳が、痛みを快楽に変えてくれます。
 以前、鼻の奥の血管が破裂して救急搬送。
口側と鼻側から止血のためにタンポンを突っ込まれました。
(男なのに初タンポン・・・生理用ではないです)
粘膜に!!限界!!と思った痛みを感じているのに、
さらに押し込む医師をみて、あきらめた・・・。
すると、客観ししている自分がいました。
「これは、正しい行為、最善」
痛みをあまり感じなくなり、医者も大変だなぁと思っていました。

ネタバレあり

「不条理を認めず、生き延びる」必要性を感じ取る!!

[悪意に蝕まれていく世界があった。悪意は、代々において"権力側"に受け継がれ、時代を超えるに従い悪意から善意が派生してきた。しかし、善意は所詮、悪意から派生したものである為、"権力側"に都合よく改変され、悪意に取り込まれるといった因果律がある。]さて、地獄少女は、2つの不条理を負っている。それは、「権力側が決してできない闇仕事を担わされる不条理」と「自己の意思で動けば始末される掟が課せられている不条理」である。そのような権力側に縛られた状態で、地獄少女は、全く持って"権力側の都合の悪い部分"を、一定時間内に特定場所から消し去って、「時間が解決しない問題が作る」までを行っている。権力側は、政治、国家(行政・警察・国税)、報道、皇室、教育、組織体(宗教・団体)等あって、地獄少女の形も一つではなく複数あるだろう。キーワード:アベコミノミクス。ジョン・アクトンの言葉「権力は腐敗する」など

ネタバレあり

キャラクターデザイン好き

最後は良かった

恨みが軽かったり、現代の社会のよう

基本的には各話完結の展開なのですが……
「二籠」から糸を解く動機が不条理な分、軽く地獄流しが行われている……
ゆずき衝撃の事実など……
最後まで観ないと……この作品のテーマは見えてこないですね……
今回もエンディング、能登麻美子さんの歌は好きです。
三鼎だけでも楽しめる作品かな?

見どころ

依頼者に代わり晴らせぬ怨みを晴らす少女を描いた異色ホラーの第三作。衝撃的な最後を迎えた第二作から主人公がどのようにして復活したのかが見どころとなっており、主人公に仕える妖怪たちが思わぬ形で再登場するのに加え、新たな妖怪も登場する。「人を呪わば穴ふたつ」というテーマが全編に渡って貫かれており、見終わった後にはなんともいえない後味が残る。後半以降は大きく話が動き出し、今回も最終回に向けてあっと驚く展開が待ち受けている。毎シリーズの話題となるOPナレーションはYOUが担当。また、第22話では格闘家の長島☆自演乙☆雄一郎とタレントの加藤夏希が声優としてゲスト出演している。(アニメライター:川田鉄男)

キャラクター

閻魔あい

怨みの相手を地獄流しにする“地獄少女”。地獄に流れていったが、再び人の世界に戻ってくる…。

一目連

頭に隠れた目を持ち、どんな場所でものぞき見る事ができる。理科教師・石元蓮としてゆずきの学校にいる。(藁人形時、青)

骨女

本来はガイコツの妖怪だが、美女の姿をしている。学校では体育教師・曽根アンナとして生徒たちと接している。(藁人形時、赤)

輪入道

本当は車輪の形をした妖怪で、空を駆けるあいの乗り物になる。学校では校務員として働いている。(藁人形時、黒)

きくり

多くの謎を持つ幼女。無邪気な性格で、あいたちの前に現れては、おせっかいを焼いたり、悪戯したりする。

御景ゆずき

市立賽河原第四中学校に通う3年生。ごく普通の少女だが、地獄通信と深い関わりをもつ事になる。

山童

新しく地獄少女に使える妖怪で、普段はおとなしい少年。素直な性格で、きくりと一緒に行動する事が多い。(藁人形時、黄)

スタッフ・キャスト

スタッフ
原案・監督:わたなべひろし / 原作:地獄少女プロジェクト / シリーズ構成:金巻兼一 / キャラクターデザイン:岡 真里子 / 総作画監督:岡 真里子+秋山由樹子 / 美術監督:小木斉之 / 色彩設計:松本真司 / 撮影監督:下崎 昭 / 編集:松村正宏 / アフレコ演出:大森貴弘 / 音楽:高梨康治+水谷広実 / アニメーション制作:スタジオディーン / 製作:三鼎製作委員会 /

キャスト
閻魔あい:能登麻美子 / 一目連:松風雅也 / 骨女:本田貴子 / 輪入道:菅生隆之 / きくり:酒井香奈子 / 御景ゆずき:佐藤聡美 / 山童:椎名へきる / ナレーション:YOU /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}