動画が再生できない場合はこちら

ヴァンドレッド

27

0

0

0

3

3

貴方は覚えていますか?
思春期のときめきを・・

タラークの戦艦イカヅチを襲ったマグノ率いるメジェールの海賊船は、暴走したペークシスによってイカヅチの旧艦区と合体・融合させられ、戦艦ニルヴァーナになってしまった。地球の侵攻を知ったヒビキやディータ達は、その危機を知らせるべく、敵対しているハズの男女の呉越同船とも言える母星への帰還の旅が始まる…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(6件)

ゼントラーディとメルトランディ

男と女が敵対しているという、劇場版マクロスにも見られた設定から始まるSF。
これ自体にはあまり珍しさは無いが、植民星の住人たちを地球母星の人類のための
パーツとして刈り取る、という設定が追加されたため結構面白くなってきた。
特に終盤部分の戦闘が主人公たちにとっては絶望的状況で展開するため、
緊迫感があってなかなか良い。
2期目の見放題化次第、続編に進むとしよう。

ネタバレあり

第九話

以下、お頭からの引用。
「神様っていうのは、何も言わない。何もしてくれない。ましてや見返りなんて求めたりしないんだ。
ただ見守っているだけさ。迷える愚かな人間たちをね。」
以上。引用終わり。

個人的見解
お頭に賛同します。

ネタバレあり

早く見放題で2期目を

昔々にはまった作品。いまでも十分に面白い。
特に登場人物たちの人間的成長と、ちりばめられた名台詞がみどころ。
ご都合主義という批判など吹き飛ばす熱い熱い展開の最終2話が早く見たい。
ぜひ早めに2期目の配信をお願いします。

昔見たことあって、結構楽しかったの覚えている。名前忘れていたけど、改めてみて見つけて、作品は古いけどいまでも十分通じる。お勧めはできます。

ロボットアニメの皮を被ったジェンダーSF

(男女乗り合わせた移民船を性別で分けた先祖の業から)男のみで繁栄させざるをえなかった星と、女のみの船団。争い合う二つの文明。
 緻密な科学考証や「宇宙」という舞台を活かした戦い…といったハードSF要素は少ないものの、ソフトSFとしては、あらゆるものが「男らしさ」「女らしさ」に染まった互いの文化はもちろん、「大前提たる」単性生殖、同性間の(そういう意味での)パートナーシップといった、上記の事情を踏まえた社会描写がたまりません。
 またプロパガンダによって、互いを殆ど知らないながらも異性を「敵性異星人」としか見なしていなかった若者達が、互いを理解し「新たな」信頼関係を築いていく描写も美しい。……認識が認識(異性=異星人)なのでラブコメっぽい描写があっても、そこには恋愛感情は無いんだろうなと思わせてくれるのも含めてね。

いつ見ても面白い!

スペオペの設定も面白いですが、主人公たち(男であろうと女であろうと)の生きることへの熱い思いが伝わってきます。

見どころ

ゴンゾ・ディジメーションと言えば、3D-CGIと2Dのアニメーションを融合させた画期的作品を送り続けるプロダクション。本作では金属的な写り込みの質感を持つ巨大ロボットの宇宙戦闘シーンが、TVシリーズとは思えない高密度で展開される。そのスピード感や爽快感が、まずは見どころだ。物語は男と女に分かれてしまった人類が、新たな脅威に対して団結せざるを得ないというもの。女性だけの社会を実感させるキャラの立った美女満載で、それなりにギャグも散りばめられていて、肩が凝らずに鑑賞できる。最初は及び腰だった主人公の男ヒビキ・トカイが次第に成長を見せるのも好感が持てる。堂々たる宇宙SFの王道を感じさせる美しいビジュアルも嬉しい【アニメ評論家・氷川竜介】

キャラクター

タラーク

銀河系の中心部に位置する恒星系の衛星で、男性だけが住む、赤土の大地の惑星。その地表には外的からの侵入に対する防衛用の砲座を備える軍事国家である。人々は塹壕のような地下に都市を建設し、そこで生活を送っている。

メジェール

タラークと同一の星系の惑星にある女性だけの国家。(タラークはその惑星の衛星)テラフォーミング中の為、一部を除いては植民時の宇宙船団を中心とした船団国家を形成している。

ヒビキ・トカイ

16才。惑星タラークの3等民。機械工。売り言葉に買い言葉、男のメンツが何よりも優先し、必要以上に自分を大きく見せようと無理して、それゆえ墓穴を掘り続け・・・の16年。強い男に憧れ、自分をそう見せるために常に胸をはっている。

バート・ガルサス

16才。惑星タラークの需要産業の御曹司。士官学校第一期生。世の中金と口にモノをいわせれば渡れないものはない、と強気なポリシーを持つボンボン。口ばっかりのお調子者で、自分を有能に見せようとするタイプ。しかし、ここぞという時にはいない男。

ドゥエロ・マクファイル

17才。惑星タラークの士官学校第一期卒業生。軍医の資格を持つ士官学校の超エリート。自分の知識欲に忠実で、特に人体の構造には興味がある。そのため、ケガなどを見ると胸が高鳴り治療に燃えてしまう。(ちょっとアブノーマル?!)普段は寡黙、クールな医師で、たえず他人を観察している。冷静に出来事を判断するため、慎重なところも。

ディータ・リーベライ

16才。メジェールの海賊・見習いパイロット。UFOの存在を信じ、宇宙人との迎合を夢見る女の子。タラーク人も「宇宙人」と捉えていて、敵という認識がないらしい。何でも信じやすく、マイペース。かなりどんくさいのだが、そのことを本人は無自覚。こうと決めたら一直線、素直でストレートな性格なのはいいのだが、まわりの迷惑かえりみず暴走しまくり。暇さえあればUFOを探して星空を見上げている。もしかしてそれは現実逃避?

メイア・ギズボーン

19才。メジェールの海賊・チーフパイロット。寡黙で自分に厳しく、常に感情を表に出すことがないが、その厳しさが逆に部下の信頼を呼んでいる。より強くありたいと願い、ずっとその道を、答えを探している。一人でいることを好み、責任感が強い。パイロットの腕は超一流。

ジュラ・ベーシル・エルデン

20才。メジェールの海賊・パイロット。目立つの大好き、楽しいこと大好きで、強烈なプライドをもち、そのためならいかなる裏技もいとわない。欲しいものは絶対に手にいれるが、どちらかというと手に入れることが目的で、その後のことはあまり興味なかったりする。外ヅラが良く中身は・・・といったタイプ

バーネット・オランジェロ

18才。メジェールの海賊・パイロット。ジュラといつも一緒にいて、太陽のように輝くジュラの引き立て役に徹している。「器用貧乏」な自分を自覚しつつも、それが嫌でもある。本音を出すのが苦手?

パルフェ・バルブレア

18才。メジェールの海賊・機関長。メカと発明以外に何の興味もないらしい。ディータとは親友。どんな場合も取り乱すことがないのは、ド近眼で目の前の事態を見て、それ以外のことは何も見えていないせいか・・・。

パイウェイ・ウンダーベルク

メ11才。ジェールの海賊・看護婦。・・・といっても、メジェールの医療はシステム任せなので、クルーのコンディションのチェックが主な仕事。他人の秘密をかぎつけ、それらを記録しまくっている。誰とでも仲の良い八方美人。

エズラ・ヴィエーユ

24才。メジェールの海賊・オペレーター。いつもニコニコ、ぽよよん、とした性格で、ひたすら優しいお姉さん。ディータを妹のように可愛がっている。ディータやパルフェの話を「うん、うん」と聞いているが、実は全然理解していない。一度怒ると手がつけられなくなる・・・たぶん。

ガスコーニュ・ラインガウ

32才。メジェールの海賊・レジ・システム店長。前線に立つことは希で、メイアたちドレッドチームの整備、装備一切を賄う。自らを「黒子」と呼び、部下たちをぐいぐい引っ張る豪放磊落さがある。その言葉は常に責任者の重さがあり、少ない言葉で本質をついてくる。

ブザム・A・カレッサ

25才。メジェールの海賊・副長。艦長マグノのサポート、参謀役に徹し、現場では指揮をとって行動。クルーには憧れのかっこいいオネエサマ。

マグノ・ビバン

108才。メジェールの海賊・艦長。人生の酸いも甘いも見分けた、一種解脱した尼僧の雰囲気をもつものの、その行動は経験に裏づけられた破戒僧。海賊を結成し、タラークにもメジェールにもある種の脅威となっていたのだが・・・。

ピョロ

タラーク第1世代が現惑星に移住する際に、『イカヅチ』に搭載していた情報処理ユニット。あることをきっかけに記憶回路がところどころ復旧、より人間臭さをともなって再生した。ニルヴァーナの中を縦横無尽に動きまわり、再生後はなぜか女たちになれなれしい。ただし、都合が悪くなるとすぐにシステムダウンする得意技をもつ。

メカ・ロボット

スペシャル蛮型

ディータ・スペシャルドレッド

メイア・スペシャルドレッド

ジュラ・スペシャルドレッド

ヴァンドレッド・ディータ

ヴァンドレッド・メイア

ヴァンドレッド・ジュラ

スタッフ・キャスト

スタッフ
監督:もりたけし / チーフライター:冨岡淳広 / キャラクターデザイン:黒田和也 / メカニクスアドバイザー:前田真宏+山口 宏 / メカデザイン:宮尾佳和+海老川兼武 / 絵コンテ:前田真宏+千明孝一+水島精二 / 企画協力:飯田馬之介+樋口真嗣 /

キャスト
ヒビキ・トカイ:吉野裕行 / バート・ガルサス:関 智一 / ドゥエロ・マクファイル:田坂秀樹 / ディータ・リーベライ:かかずゆみ / メイア・ギズボーン:折笠富美子 / ジュラ・ベーシル・エルデン:浅川 悠 / バーネット・オランジェロ:根谷美智子 / パルフェ・バルブレア:豊口めぐみ / パイウェイ・ウンダーベルク:石毛佐和 / エズラ・ヴィエーユ:大原さやか / ガスコーニュ・ラインガウ:浅野まゆみ / ブザム・A・カレッサ:沢海陽子 / マグノ・ビバン:京田尚子 / ピョロ:岩田光央 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}