動画が再生できない場合はこちら

海底超特急 マリン・エクスプレス

15

0

0

0

0

3

広大な海底をゆく超特急。
次元を超えた1万年前のムー帝国、
手塚治虫スターシステムで彩られた海洋スペクタクル、
シリーズ最高傑作。

西暦2002年、人類に残された最後の資源、海底鉱脈の開発を目指して日米共同で建設された太平洋海底横断鉄道マリン・エクスプレス。これを密輸に利用しようと企む一味のため、探偵ヒゲオヤジと医師ブラック・ジャックたち乗客は殺人事件に巻き込まれる。一方、鉄道の設計者ナーゼンコップ博士は自然を破壊するこの鉄道を爆破しようと計画していた。それぞれの思惑が交錯して、あわや大惨事という瞬間、列車は途方もない時間の旅へと連れていかれる…!

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)手塚プロダクション

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(3件)

懐かしき名作

24時間テレビのアニメスペシャルが、制作されなくなったのは、いつからなのでしょう。
子供の頃、24時間テレビの中のアニメコーナーは、宝物のように輝いて見えました。
手塚治虫キャラクターが山ほど出てくることも貴重でしたが、内容の素晴らしさも、1年に1度の出会いを、かけがえのない物として心に刻んでくれたのでしょう。
今の24時間テレビは、芸能人を多用し、多額のギャランティを支払い、本来の目的であるチャリティからはかけ離れた芸能人とのふれあい体験番組と化してしまいました。
このような状態を続ける限り、2度とこのようなアニメ作品が制作されることはないでしょうし、24時間テレビから子供たちが何かを学ぶことはないのでしょう。
感動ポルノではなかった頃の24時間テレビが生み出した名作です。

これを視るものよ

究極のやっつけアニメだ!これほどのレベルなのに、後半は放送中にUP!(つまり出来ていない。)
当時、馬鹿面さげて喜んでた自分がなさけない。と、言うか手塚マジックにやられた・・・。

スタッフロールは拝んで見る様に。全員、戦士じゃよ。(化物揃いとも言う。セル画だよ。全部。多分生乾き。)

・・・良い時代でしたね、手塚先生。サイン、欲しかったです。

忘れていた作品、もう一度観たかった作品

オンエアーされたのは、日本テレビ系列の24時間テレビの中の1コーナーだったと思う。
このシリーズを今後も観て行きたいです。
PS、国際児童年の年は長編アニメ(スペシャル番組)が、多かったと思います発掘お願いします。

見どころ

手塚治虫原案・演出(出崎哲と共同)によるオリジナルアニメ。1979年の『24時間テレビ「愛は地球を救う」』の中で放送されたTV用長編の第2作目である。科学の最先端を行く海底超特急の試運転に、さまざまな思惑で集まった乗客たち。みどころは、名だたる手塚キャラが役を演じるスターシステムだ。鉄腕アトム、ブラックジャック、リボンの騎士、三つ目がとおるなど高名な手塚漫画の主演が、別の役割を振られて一同に介するビジュアルは実に壮観である。物語は殺人を発端に、列車に関するさまざまな事件を経てムー帝国に行くという、予想外の展開をし続ける。大野雄二による軽快な音楽に乗った、行き先不明、ミステリアスな旅を楽しんでほしい【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

ロック

伴 俊作(ヒゲオヤジ)

ブラック・ジャック

アダム

ナーゼンコップ

シャラク

クレジット

丸首文三

サファイア

ミリー

ドンドラ

佐々木

スカンク

スタッフ・キャスト

スタッフ
原案・構成:手塚治虫 / 企画:吉川 斌(日本テレビ)+都築忠彦(日本テレビ) / 製作:島方道年 / プロデューサー:武井英彦(日本テレビ)+山本 智(手塚プロ) / 演出:手塚治虫+出崎 哲 / 設定デザイン:坂口 尚 / チーフディレクター:出崎 哲 / 美術監督:牧野光成 / 総作画監督:清山滋崇 / 作画監督:西村緋禄司 / メカニカル作監:清水恵蔵 / 色彩設定:篠原博士 / 動画監督:四分一節子+千田幸也+鈴木まり子 / スタッフ:半田輝雄+金山明博+つちだこういち+ほか / 録音監督:佐藤敏夫 / 撮影:菅谷信行+宮本勝啓 / 編集:井上和夫 / 演出助手:康村正一+清水義裕 / 制作進行:古徳 稔+若井喜治+土屋貴彦+神井裕行 / 製作 日本テレビ+手塚プロダクション: /

キャスト
ロック:武岡淳一 / 伴 俊作(ヒゲオヤジ):富田耕生 / ブラック・ジャック:野沢那智 / アダム:清水マリ / ナーゼンコップ:勝田 久 / シャラク:肝付兼太 / クレジット:大塚周夫 / 丸首文三:雨森雅司 / サファイア:太田淑子 / ミリー:小山茉美 / ドンドラ:千葉耕市 / 佐々木:豊田真治 / スカンク:矢田耕司 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}