動画が再生できない場合はこちら

「めもりい」「人魚」「しずく」セット

31

1

0

2

1

4

手塚治虫が表現の可能性を追求するために
製作された実験アニメーション

写真の合成やデフォルメ表現を使って、思い出の不確かさを表現した作品『めもりい』。イマジネーション、空想する力こそ人間に与えられたすばらしい翼なのだと手塚治虫が語りかける作品『人魚』。手塚治虫自身が背景画まで自分で描いて自主製作した作品『しずく』。草月アニメーション・フェスティバルに出品された3作品をセットにして配信。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(8件)

たまには、・・・

こういう実験アニメを見るのもいいんじゃないかな。

日本アニメの原点

古臭いと思うなかれ、アニメーションは新メディアとして、戯画としての芸術性を追求する中で誕生した。

ほどよいブラックさです

せつないです

ランキング上位に食い込むのは無理でしょうけど、短編ですから見て損は無いと思います。
とっても切なくなるお話し?です。

アニメ化した度量と感性

人の欲望・願望・葛藤というか、ドロドロ・モヤモヤしたものを後先考えずに開放したような、いろいろと考えさせられるショートアニメ。

今よりも各方面からのしがらみ・表現規制が少なく、あくまでも個人的感性にまかせてブラック・ウィットに富んだ仕上げ方は、ちょっとエグくて笑えない…。

…そういえば昔のアニメ作品では、エネルギッシュなのに平然とバッドエンド・途中終了など、かなりエグい展開・終わり方するモノが多かったような…。

せつねぇ・・・

せつねぇ・・・

1964年製作…

という事は、東京オリンピックが開催された年ですか…

そんな半世紀前の作品なのに
トイレの便器が洋式(・∀・)スゲーッ

ネタバレあり

きついなぁ。

仕事明けに見る物じゃない。「人魚」なんて泣きそうになったよ。

スタッフ・キャスト

スタッフ
「めもりい」 : / 原案・構成・演出・作画:手塚治虫 / 製作:富岡厚司 / 原画:山本 繁 / 動画:沼本清海 / 撮影:清水達正 / 音楽:虫プロ作曲部 / 効果:大野松雄 / 「人魚」 : / 原案・構成・演出・作画:手塚治虫 / 製作:富岡厚司 / 原画:山本 繁 / 動画:沼本清海 / 撮影:佐倉紀行 / 音楽:冨田 勲 (ドビュッシー「牧神の午後への前奏曲」より) / 「しずく」 : / 原案・構成・演出・作画:手塚治虫 / 製作:渡辺忠美 / 音楽:ラヴェル作曲「ラ・ヴァルス」より / 仕上げ:進藤八枝子+小室保孝+安藤正己+ほか / 編集:古川雅士 / 撮影:佐倉紀行+清水達正+ほか /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}