動画が再生できない場合はこちら

AVENGER

32

2

1

5

2

1

赭き月と錆びた大地の狭間を、少女は復讐を求め彷徨い続ける。

人々の大半がドームに閉じこもり、各ドーム都市対抗の代表闘士戦によって限られた物資の配分を行っている時代。「ドール」と呼ばれる愛玩アンドロイドが普及していた。そんな時代を、力と意志で支配する常勝の闘士ヴォルクと、魂の安寧を与える女神ウェスタ。静止した時間の中で人類は、ゆるやかな滅びの道を歩んでいた。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(11件)

主人公に感情移入して視聴すると……

殺された家族や友人等生前の回想が無く
仇を討って状況の好転や変化を望んでも無く
ネイとともに旅をしている理由の説明も無い
復讐しかない感じの主人公に感情移入して視聴すると
困惑に見舞われそうな感じです
彼女の復讐をただ見届けるのが正解なのかもしれません

主人公に同行するネイ、スピーディと荒廃した世界は
個人的に某世紀末救世主と重なりますが
某世紀末救世主は超長尺と強敵(友)に恵まれてたなぁ
と、思いました

ネタバレあり

人を選ぶ

体調崩した病床で、今月末配信終了ということで初見、一気見
作品中で語られた「復讐は何も生まない」が最後の最後まで貫かれて、全く救いがないまま終了
過去のレビューで何じゃこりゃあ?!という酷評が多くつくのは仕方ない気はしたけれど、海外の映画ってこーゆーの見かけたよなあと、NOIRでフィルムノワールをあにめでやろーぜというコンセプトもあったのを思い出しました
救いのない海外映画が面白いというかたには楽しく見終われるかもですが、そういう作品にまったく触れたことがない、救いのない話はノーサンキューという人には全くオススメできません
とはいえ、初めてレビューを書くくらいには俺は好きな話でした

ネタバレあり

アリプロファンなら・・・

アリプロが音楽を担当しているだけあって、OPもEDも挿入歌に至るまでほぼアリプロ一色な音楽と、それと見事に調和したアニメーションは見事・・・なのだけど、ラストがちょっと中途半端なのはやや残念。

とはいえ、やはり、アリプロの楽曲にここまでマッチしたアニメーションはかなり貴重。アリプロファンは必見です!

個人的には好みだが一般受けはしないであろう作品

改めて見直してみた。 正直アニメ自体の出来は悪いと思う、視聴者の想像する余地が多分にある。 という物は言い様な感想だが、作り込みが甘いとも思える。 ただそれでも3評価なのは ①退廃した世界観を淡々と描いている ②ネイがかわいい ③OP・EDが秀逸である の三点を考慮しての数字。 ラストがもう少しまとまっていたら4だった。 ネイ可愛い重要。

なんだかな(?_?)

 地球が滅びた後の火星と月にわずかに生き残った人類の内、火星を舞台に物語が展開し、そのわずかに残された人類も新生児が誕生しないことによる緩慢な滅びの道をたどっていて、さらには代替物として存在するドールの問題や各シェルターの問題・・あたりはなんとなく分かったのですが、結局それで何を描いたんでしょうか、さっぱり分かりませんでした。
 最終回に唐突に火星の地割れから大量の水があふれ、あたかも地球の様に豊かな環境になるのかな、と思ったら物語はネイが変化を見せて唐突に終了。台詞回しも断片的で無言のシーンがやたらあったりしてかったるいことこの上ありません。一発キャラだと思っていたキャラが唐突に再登場して、しかも結局物語に絡んだわけじゃないとか意味の分からない展開もあります。いっそ13話を編集して4話くらいにしたほうがいいんじゃないでしょうか。
 アリプロの歌勿体無いです;お勧めできない作品ですね。

ネタバレあり

復讐は何も生まない。

 当時、なんじゃこれと思いながらも観ていました。

今回、一気観してやっと話が繋がりました。


 先に火星への移住(先導者12人)・地球の崩壊・地球人は月に

避難をするが大半をコールドスリープに・地球崩壊で月が火星に向かう・

地球人は火星に先遣隊を送るが、火星側は拒否して攻撃・

レイラは奇跡的に生き残り、クロスに火星で生きていく為の手段として

武道を学ぶ…レイラとしては復讐の為に。


 レイラは、ネイと遭ってネイを守る事は、自分の戦いそのものと感じる。

ネイが初の火星環境適合者として女性に成ると、レイラはその場を去ってしまう。

ネイが男性に成ったらこの後も、同行したのかな?


 最後の映像はお墓を見ている3人の子供…性別不明(たぶん女性2、男子1)

レイラの子供たちで有れば、レイラは本当の目的を見つけられたのでしょう。

ネタバレあり

演出に問題アリ、かなぁ。

テレビ本放送時に“ながら観”をしていて、
何となくイメージは覚えていたもののタイトル等が分からず探していた作品です。
ようやく全編をじっくり観ることが出来て嬉しいのですが、
世界観やキャラクターの描き方、プロットなどは興味深いものの
全体のプロットを見えにくくしている演出と、
1期全13話でまとめきれていない印象なのが残念です。

見所がわからない

作画が安定しているので、何とか見ていられましたが
「で、どこが見所なの?」と思わず言いたくなる地味な展開が続くので
正直見ていて退屈でした

うーん?

地球を後にし、火星へと移住した人類には、子孫を残す能力が既に無く後は絶滅していくだけしか無い世界。
そして、退廃を経て荒廃した文明とともにじわじわと黄昏を迎える時代。
そういった独特な世界背景に惹かれて見始めましたが…毎回、ちょっと説明不足かな?と思いました。
そうですね、まるで殆ど何も語ってくれない主人公のレイラの様…。説明されていない部分は各自で想像して下さいって事なのかな?
どう話が進み、顛末はどうなるのか…それが気になる人にとっては、ちょっと残念な作品。
世界観を楽しめたらそれでいいかも、と思える人にはそれなりに楽しめる作品だとは思います。
個人的には、もう少し描き込んで欲しかったかな…。

何を描きたかったのか?

雰囲気はそれなりによい。
ただ、まったく何を描きたかったのが不明。
ストーリ自体にもとくに深みはなく、
最初から最後まで淡々と退廃的にダークに進むだけ。

そして何よりも、ラスト。
謎の核心、物語の鍵になる部分の説明がおざなりで、結末もあいまい。
主人公のラスト部分における心理描写やその後の方向性もまったくなにも伝わってこない。

わたしにはまったく何も訴えるものを感じない作品でした。

独特の世界観。

徹底して退廃的な世界観は見る人を選びますが、個人的にスキです。

見どころ

『.hack//SIGN』『NOIR』と同様に、真下耕一監督の妖しい魅力が満載。“ALI PROJECT”が手がける音楽に乗せ、滅亡迫る火星のドームシティの世界観が、回を重ねるごとに浮き彫りとなっていく。ダウン気味で虚無と退廃の臭いがする黄昏れたトーンが逆に本作の魅力で、その雰囲気の象徴が生命のない「ドール」である。本来は子どもの代用品として作られた存在だが、表情に乏しい人形が人形を狩り出す無機質な残酷さと、主人公である女性闘士レイラの肉体同士の戦いが、絶妙な対比を成している。“Avenge”とは「報復」を意味する言葉だが、レイラは何に対して報復しようとしているのか、その謎めいた旅も物語の大きな見どころである。【アニメ評論家・氷川竜介】

キャラクター

レイラ・アシュレイ

無感情な18歳程の女闘士にして市民権を持たないバルバロイ。心を許すただひとりのドール・ネイとともにヴォルクへの復讐の旅を続け、荒野をさすらっている

ネイ

10歳程の少女ドール(愛玩用子供型アンドロイド)。レイラとともに旅をしているが、その出会い等は不明

スピーディ

自称ドールブリーダー。ドールを始めとするあらゆる物を商売にする、口八丁の男。18歳程。レイラと出会い同行することになる。

ヴォルク

ヴォルクシティの市長。この世界の実質的指導者にして最強の闘士。オリジナルダズンのひとり。

ウェスタ

全てのドーム市民にとって、信仰の対象となっている女性。ヴォルクと同じくオリジナルダズン。

スタッフ・キャスト

スタッフ
監督:真下耕一 / シリーズ構成:きむらひでふみ / 世界観設定:沢村光彦 / キャラクター原案:田上俊介 / キャラクターデザイン:番 由紀子 / メカニックデザイン:寺岡賢司 / 音楽製作:ビクターエンタテインメント / アニメーション制作:BeeTrain+ほか /

キャスト
レイラ・アシュレイ:豊口めぐみ / ネイ:かないみか / スピーディ:太田真一郎 / ヴォルク:家中 宏 / ウェスタ:島本須美 /

関連サイト

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}