動画が再生できない場合はこちら

.hack//SIGN

40

1

2

1

3

4

現実から逃避するため訪れたネットワークゲーム。
もし、そこから出られなくなったとしたら…。

ゲームであってはならない力を得た時、司は大いなる事件に巻き込まれていく。

2007年、人々はネットワークゲーム「The World」に熱狂していた。その中で“呪紋使い”を使うプレイヤー・司は、自分の身に起きた異変を抱えたまま一人で彷徨っていた。一方、この「The World」に起こりつつある大きな“異変”を憂い、プレイヤー・昴は“紅衣の騎士団”を率いて……。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)Project .hack

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(11件)

楽しかった(≧∀≦)

.hackはPS2のゲームが最初だったけど、ゲームでは明かされてないことが分かって良かったです。
最初の方の司ちゃんは態度が悪くてイラつきましたけど物語が進むにつれて良い子になっていってましたし、司ちゃんは被害者なんだって分かってからは初期の司ちゃんにイラついてた事に罪悪感を感じました(´・_・`)

最終的に司ちゃんが現実に帰還出来て良かったですし、現実の司ちゃんがめちゃくちゃ可愛かったです(//∇//)

あとTV未放映の28話はPS2版.hackのED後でPS2版.hackのキャラと.hack//SIGNキャラ同士がリンクしたのは感動しました(*^ω^*)

ネタバレあり

好きだけどおすすめは…どうだろ

当時の時代を反映されているので今の時代の学生は共感できんだろうなぁw
って感じのアニメ。時間を超贅沢につかっているのが羨ましい限り

昔FF11で社会問題になっているのがすごく覚えていますけど
あれもある意味未帰還者だよねぇ

内容的にNARUTOのような主人公タイプが好きな人は完全に向いていません。
引きこもり気質のある人、ぜひ見て下さい。

何とも…

 生活自体のせいでコノ作品を途中までしか見れず、ゲーム自体もかなり遅れて制覇しました。作品自体は監督か、脚本の出来の悪さが比較的誰にでも分かる作品です。最終的に、ゲーム連動作品の悪い点が物語の最後を濁し、不評を受ける点になったと言えます。最後などゲーム、アニメで次作がアル事を前提の中途半端な作りで、最後の最後まで、作り手達の名前先行の作品だからと設定の緩さ、中途半端な映像と相対的出来の悪い作品を心地良く見ていた視聴者を裏切るエンディング。。。
 それでも五つ星なのは、28話の出来が良かったからであって、今のアニメ作品の濃さと流れがあった28話が全てです。アニメ、ゲームをやったものなら28話だけでも見るべきです。

ネタバレあり

地味だけど

好きな感じのアニメです
番外編もおもしろかった

まぁまぁ

.hackシリーズはG.U.で知りました。
この作品は.hackシリーズの無印のさらに前の話になります。
主人公が司ということなのですが
司の性格、行動については共感できるところがありました。
放送当時はMMOを舞台としたアニメは少なかったので
ストーリーについてはあまり…というより、謎の部分がありました。
作画は…言ってはなんですが、よく崩れます。
全体的に見て、まぁまぁの出来でした。ハート4つなのは思い出補正。

中途半端なんだよな

このアニメというよりも、この作者はMMOをやったことがあるんだろうか?
その疑問が出てくる。
実際MMOをやっていてもここまでロールプレイなんてしないし、問題が出てくるとしたらもっとひどい問題が出てくる。
なんていうか、引きこもりの人がMMOをやらずに作った話という印象。

微妙

主人公がなんかムカつく

深読み出来る現実

家庭環境においてコンプレックスを抱いた経験がある方。
現実では不可能に近い事を「代償行為」としてネット上で演じる事や、
世にあるオンラインゲームをプレイした経験がある方ならば、
共感を得られる部分が少なからずあると思います。

劇中で描かれる現実は“現実的”で、
「万引きのシーンで盗んだもの」は、二次性徴を相談出来ない父子家庭の女子ならではの
フラストレーションから見出されたものだったのではないでしょうか。

昨今のアニメは狙いすぎたサービスシーンが多いですが、キャラクターで媚びる様な描写もなく、
キャラクター同士が手を繋ぐと言う行為1つが純粋かつ繊細に描かれ好感を抱けました。

オンラインゲームと言う仮想と過剰なまでもよくある現実が同時平行しながらも入り交じっているこの世界観は、ネットが普及した今だからこそリアリティのある物語ではないでしょうか。

ネタバレあり

「ここがみどころ」に騙された

進行がムダに遅い感があり、キャラがただ「佇む」とか風景をやたらと長映しするような作りには閉口した。リズム感がない。

ゲーム内のキャラとリアルのプレーヤーという二重構造が描ききれてないようで
困難に巻き込まれた主人公に関わっていく他キャラの動機や台詞が陳腐で不気味・気持ち悪くすらある。
全く持って説得力に欠けていてドラマチックにならない。

「ここがみどころ」に描いてある「評」に騙されたというのが素直な感想。

世界観には一目置けるので、説得力不足でも楽しめそうな「小中学生向き」と言ったら小中学生に怒られるかな?

今から.hackを見る方への入門に

ネットゲーム業界では黎明期が終わり、国内大手も参入する群雄割拠の時代に発表されたこの作品。当時のネットゲーマーを魅了し、あるいはこの作品をきっかけにネットゲームを始めた人も少なくはないでしょう。そんなネットゲームの要素をふんだんに取り入れたこの作品、見所のひとつは「ゲーム内キャラクター」と「そのプレイヤー」。
ゲーム内の何気ない言動や行動からリアルの姿や性格を想像するのも楽しいものですし、また、他の作品に別のキャラクターで登場する「プレイヤー」を発見する楽しみもあります。

これは、そんなシリーズの最初期を描いた作品です。未見の方の.hack世界への最初の一歩にいかがでしょうか?
未見だけど、もうちょっと明るい雰囲気のほうが……という方は、黄昏の腕輪伝説をどうぞ。

ついていきます!

「すばるさま~っ!」by銀漢

見どころ

最初にWebのURLを連想させる題名を見たとき、ネット時代もついにここまで来たかと思った。物語の大半はネットゲーム「ザ・ワールド」で進行するため、その世界でのキャラクターとしての役割と現実世界ではどういう人間なのかが、常に交錯していく。そういう二重構造自体がドラマを発生させているのだ。ログアウトできなくなった主人公ということ自体も時代の先取りだが、それをトラブルと感じず喜んで受け止め、進んで不正キャラになろうとする、司の初期における性格の悪さも、非常に「いま」を感じさせる。美麗なキャラクターと美術、美しく流れる音楽の中で一種の「困ったちゃん」がどう変わっていくか、そこが最大の注目ポイントだろう【アニメ評論家・氷川竜介】

キャラクター

BT

ミミル

ベア

銀漢

楚良

クリム

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:Project .hack / 監督:真下耕一 / シリーズ構成・脚本:伊藤和典 / キャラクター原案:貞本義行 / キャラクターデザイン:大澤 聡+番 由紀子+芝 美奈子+岩岡優子 / 音楽:梶浦由記 / アニメーション制作:ビィートレイン /

キャスト
司:斎賀みつき / 昴:名塚佳織 / BT:平松晶子 / ミミル:豊口めぐみ / ベア:中田和宏 / 銀漢:千葉一伸 / 楚良:家中 宏 / クリム:三木眞一郎 / モルガナ:田中理恵 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}