動画が再生できない場合はこちら

GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊

78

0

1

1

2

13

ネットは広大だわ…。

超高度ネットワーク社会の中で凶悪化する犯罪に対抗するため、政府は精鋭サイボーグによる、非公認の超法規特殊部隊を結成。公安9課・攻殻機動隊である。ある日、攻殻機動隊に、国際手配中の「通称:人形使い」が日本に現れるという情報が届く。草薙素子は、犯罪の中に見え隠れする「人形使い」の影を追う。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)1995 士郎正宗/講談社・バンダイビジュアル・MANGA ENTERTAINMENT

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(17件)

実写版映画公開おめでとうございます。

バブル前は、日本がどこまでも高度成長を続けていくと思われていた。
そんな中、科学技術が発達した結果、何かが取り残されていくのではないかという漠然とした不安が、こういう作品を生んだのだと思う。
人体が機械に代替できるようになった時、人とは何か?生命とは何か?を、この作品で問うている。
そしてもう一つ、人の意識がネットワークによって共有しはじめた時、人類は何を思うか。と、最後に問いかけている。
本作品は、原作を再構築し、劇場映画として簡素に作り上げたところもまた秀逸な点である。
実写版では北野武が出演しているが、当時、「草薙素子に日本アカデミー女優賞をあげたい」というような事を言っていた事も関係しているのだろう。(僕が攻殻を見るきっかけになりました。)
これ以上のアニメを作れないのか。
こういった本格作品があるからこそ、アニメブームがあったと思うが、業界の皆さん、いかがですか。

不朽の名作

初見から20年以上経ちますが、全く色あせてない素晴らしい作品です。

どんな方でも楽しめるアクション

押井監督の代表作の一つである攻殻機動隊の映像作品の第一作目である作品
当時を感じさせない映像クォリティ、夢中に見入ってしまうアクション、背景の細部にいたるまでの魅力等、事細かに素晴らしさを感じました

公開当時の1995年はネットがそこまで普及していなかった為に本作の世界観や近未来的なテクノロジーを観客はあまり理解できずに興行収入はイマイチだったみたいですね
その後、アメリカで評価されて日本でも評価された…と

公開当時僕は4歳だった為見ても一切理解できなかったでしょう
今の記憶を持ったまま鑑賞したら光学迷彩なども現代技術で再現されつつあるのでもっと身近に感じることが出来たかもしれません

90年代特有の加地さん、スパイク、寅さんのようなトグサの二枚目山寺さんボイスも必見です
気軽に押井さんの作風を楽しめる作品だと思います、オススメです!!

ネタバレあり

やっぱ、すげ~な!

ARISE見たら見返したくなって見たらやっぱすげ~な!
年月を感じさせないクオリティ!原作と押井ワールドの見事な融合
好き嫌いは別として見ておくべき作品いや見て欲しい作品でしょうか。
何度も言っちゃいますが やっぱすげ~なこの作品!

製作年月日

コレの製作年月日を考えるとこの映像は驚異的なクオリティーで有る事がわかります
今でこそ光学迷彩の表現手法や送るだけではなく仮想空間の描き方や人物や火器の動作のリアルな描写もありふれていますが当時は見事と言うしかない作品でした
のちの作品に多くの影響を与えた作品であり攻殻機動隊映像作品群の礎となった記念すべき作品です

ビジュアルはとても良い

画面はとても美しく、見ていて飽きることはありませんでしたが
2回見たいとは思わないかな。
つまらないという意味ではなく、見る人を選ぶ、という意味です。
考えさせられる部分は随所にありますしおすすめはしますが
TVシリーズのほうが個人的には好きかな~。
・・・・素子さま、裸になりすぎですよ・・・。

ネタバレあり

イノセンスの配信ムリ

イノセンスは攻殻機動隊シリーズで唯一バンダイが制作に携わっていない作品。
それ故に配信は厳しいでしょう。

難解なエンタメ

人間の意識はどこまでがほんとうに自分のものであるか、肉体と精神の境界はどこにあるのか、少佐の(押井さんの?)視点と攻殻の世界観を通して、なんとなくボンヤリ考えてムズムズさせられた作品です。

観る人を選ぶ作品ではありますが、僕にとってはその世界観やディティールも、キャラの立ち回りやセリフも、すべてがエンタメで、無機質な少佐がゴーストの探求の果てに、かりそめの肉体を酷使して、物悲しく朽ちかけるあたりなんかも、すばらしい演出だと思いました。

個人的にはイノセントより、こっちのが好き。時折思い出したように見返したくなる、良作ですね。

シリーズ全体に共通であるメッセージが今一理解不能

攻殻のシリーズ通して士郎政宗のメッセージがかいまみえるのだが、これだという核心がつかめない。
コミック、ノベライズではどうなんだろう

単純にシリーズとうして好きだから個人的には問題ないが、気になる
それと、イノセンスも配信してほしい。

う~ん・・・

とりあえず、最初から最後まで暗い。
何もかもが暗い。
娯楽作品とは呼べないと思う。
この監督の作品はいつもこうだ。
俺はあまり好きではないですね。

とりあえず

S.A.Cから入るとデザインに違和感がある。
ただ悔いるのは過去にイノセンスを見てしまったこと。
イノセンスも見れるようにしてくれよ。

はじめて見たけど

素晴らしいの一言
映像もそうだけど世界観やキャラクターに引き込まれていた
ただ少し内容が難しいし
ENDもなんだか不完全燃焼な気がする
まぁ多分原作を見ていないのが原因かもしれないが
それでも十分楽しめる作品でした

とてもいい!

もうこういう感じの作品は出てこないんじゃないかな?
だから見るべき

何度観ても面白い

 久しぶりに観たが、やはり面白い。電脳化された社会、記憶の外部化が可能になってしまった世界で、人が人たるには・・・。考えさせられる。

 放映当時では画期的だった映像も今では普通になってしまったが、格闘シーン、ガンアクション、政治的策略のもとで働く9課の個性的なメンバー達の会話などは、今でも色褪せない。

 SFものが好きな方には是非、観て頂きたい。

光学迷彩

前知識が無いから、冒頭から画や話の展開に驚きました。

科学とネット社会の可能性を追求した世界観、緻密に描かれた画はもちろんの事、銃撃戦も迫力があります。

でも個人的には打撃・格闘(マーシャルアーツ)の描写がすごくリアルでキレイで、全体的には短時間な演出ですがピンポイントで見惚れてました。

日本のアニメーション技術と発想・企画力は世界一

ネットは広大だわ

ネットは広大だわ

ネタバレあり

❤攻機のデビュー作にして「原点」❤

 1995年作。「原典」ではなく「原点」と言う訳は、その後の作品が「攻殻機動隊 S.A.C.」(2002年作)を基にしたもがほとんどで人物描写、主要メンバーのデザイン(色彩設定も含て)、少佐の瞳や表情、荒巻の表情など…「攻機S.A.C.」のスタイルで決定づけられているからだ。アニメの出来に関しては3Dテクニックなどのテクニカルな面を割り引いても、人物デザイン、色彩設定、オープニングテーマなど「攻機S.A.C.」のほうが好きだ(もちろん個人的好みだが)。ただし、「GOAST IH THE SHELL」のテーマは「攻機S.A.C.」に引き継がれている。その意味で「原点」である。
 攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG(2004年作)、攻殻機動隊 S.A.C. The Laughing Man(2005年作)、攻殻機動隊 S.A.C.Solid State Society(2006年作)

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:士郎正宗(ヤングマガジンKCDX) / 監督・絵コンテ:押井 守 / 脚本:伊藤和典 / 演出:西久保利彦 / キャラクターデザイン・作画監督:沖浦啓之 / 作画監督:黄瀬和哉 / メカニックデザイン:河森正治+竹内敦志 / 銃器デザイン:磯 光男 / 美術設定:渡部 隆 / 美術監督:小倉宏昌 / 撮影:白井久男(スタジオ・コスモス) / 編集:掛須秀一(ジェイ・フィルム) / 音楽:川井憲次 / 音響監督:若林和弘(オムニバスプロモーション) / 色彩設定:遊佐久美子 / CG制作:オムニバス・ジャパン / アニメーション制作:プロダクションI.G / 製作:講談社+バンダイビジュアル / 製作:MANGA ENTERTAINMENT /

キャスト
草薙素子:田中敦子 / バトー:大塚明夫 / トグサ:山寺宏一 / イシカワ:仲野 裕 / 荒巻:大木民夫 / 中村:玄田哲章 / 人形使い:家弓家正 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}