動画が再生できない場合はこちら

アヴァロン

32

0

1

1

3

3

喪われた真実は、フィールドにある―。
今仮想戦闘ゲーム“アヴァロン”の
禁断の扉が開かれた!

喪われた近未来。多くの若者を熱狂させていた仮想空間戦闘ゲーム「アヴァロン」。孤高の女戦士として一目置かれる存在のアッシュは、ある日、再会した昔のパーティーの仲間から、「未帰還者」となったリーダーのことを聞かされた。「アヴァロン」に隠された幻の最終フィールドへ挑戦する決意を固める…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(8件)

押井守の化けの皮

まず、評価できる点はやはりこの監督の得意とする「設定のすばらしさ」でしょう。本作での設定はほとんどそのまま.hackシリーズで再利用されます。しかしエンターテインメントとしての完成度はオリジナルであるはずのこちらがはるかに劣っています。
というのも、アニメ映画を主なフィールドとしている押井守のアニメチックな世界観をそのまま実写映画で再現しようとした結果、ひどく幼く陳腐なC級映画となっているためです。そしてなにより実写映画でのキャリアのなさが如実に現れている。
また随所に現れる「押井節」ともいえる表現は監督の引き出しの少なさを露呈しているようにしか見えませんし、すべての押井作品に言えることですが、設定・世界観のすばらしさが物語の進行や脚本のレベルの低さを引き立たせている。
一番ひどいのは低予算ゆえの戦闘シーンのしょぼさ。開始20分で回想シーン(というかただの使いまわし)が入るのも謎。

シュールです。

題材は新しく、映像はノスタルジックで昔のイタリア映画を彷彿させる映像美。モノトーンとカラーの切り替えもいいですね。でも犬は、どこ行った‼

この作品にのちの押井作品の原点がある

今の現実は本当は仮想現実ではないかという疑問、仮想現実こそ現実なのではないかという疑問、この2つの疑問がこの作品に元にあるのではないかと思うと、この後の押井監督作品が理解しやすくなるのではないかと思います。

最高の音楽

川井憲次さんによる音楽、とにかく素晴らしいです。
雰囲気のよいプロモーションビデオとともに聴けて満足です。ぜひ聴いてみてください。
……え?これ、プロモじゃなくて映画?

映像は2001年という年代や低予算であることを考えれば十分な品質だと思います。
つっこみどころが多いのは、やはり世界観の設定やストーリー。
主人公が戦う場所は、所詮はゲームです。
ゲームオーバーになっても本当に死ぬわけじゃあるまいし、役者が真面目な顔で演技するのが逆に滑稽に。
戦闘シーンでは主人公はなぜか狙撃銃を抱えて最前線に突っ込む。棒立ちの敵兵。
RPG(ロケット砲)を連発するのはゲームではよくあることだけど、実写だと不自然極まりない。
あまり深くストーリーを読み解こうとしたりせず、雰囲気だけ感じてぼーっと眺めながら
川井さんの音楽に浸るのがよさそうです。

聞き惚れる川井憲次氏担当音楽

ネタバレ目的ではないのでどのシーンで流れるかは伏せますが、
「Log In」、「Nine sisters」、「Voyage to AVALON」などは
TV番組のBGMなどで聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?
必ずしも高い評価を受けていない今作ですが、
川井氏の担当された音楽だけでも聴く価値のある面白い試みの作品です。

2000年の作品として観るべし

押井アニメが好きならば、2000年の作品としては「アリ」だと。
いや・・・かなりの佳作と言えるのかな。

役者の動き(演技?)が野暮ったく感じるのは「アニメ世界を実写に移植!?」的な
先入観の所為なのか・・・。
もっと重たいような映画っぽい質感も出せてるといいのに。制作費とかの絡みもあるのだろうが・・・デジタル処理。頑張ってるよなぁ。佳作!

是非、最新の技術で観てみたいと思いました。

押井監督によるネトゲをモチーフにした映画

しっかり睡眠をとってから臨んだほうが良い作品ですね。気を抜くと寝落ちしかねない!
個人的には同じ押井監督の『天使のたまご』並に眠くなりました。

・・・つまらなかったって事じゃないですよ!?

ネタバレあり

しっくりアヴァロン

この作品ちょうど10年前に、当時Bunkamuraで開催されていた東京国際映画祭で観ました。
それが最初で、なぜか2年に1回くらいのペースで、発作的に借りて観ています。
押井守と伊藤和典と川井憲次という押井映画の三大テノール的な映画で、実写押井映画の中では間違いなく最高傑作です!
当時観たときには、虚実入り混じったありがちな印象のいつもの押井テーマの繰り返しと思っていたのですが、観返すたびに少しずついまの実際の世界との差が埋まっている感じがして、程よいしっくり感ができてきました。なんだろ、これ?単純に時代が追いついてきたというのとはちょっと違っているのですが、どうにも文字にできません。スミマセン。
ちょうど劇場版の攻殻やパト2も何度か観返しているうちに、同じようなしっくり感を受けました。奇しくも、すべてこのトリオで作られた映画です。劇場版の攻殻やパト2を観てて、まだアヴァロンを観てない人にはオススメです。

見どころ

監督:押井守。実写部分をポーランドでロケ撮影。デジタル処理を徹底的に施し、アニメ的な方法論で近未来の仮想戦闘ゲーム「アヴァロン」の世界を徹底的に描写した作品だ。みどころは、デジタル処理でモノトーン風に変換した仮想世界の表現。孤高の女戦士アッシュの美しさも、顔のディテールを消すことで実現している。CGと実景を巧みに合成して架空の風景を現出させ、戦闘ヘリや巨大戦車など戦闘シーンも現用兵器とCGを巧みに混在させることで、押井監督のミリタリー描写へのこだわりが貫かれている。最大の驚きは、アッシュがクラスSAというステージに移行する瞬間の謎解き。これはテーマと方法論が一体になった次世代の映画なのだ【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

アッシュ

ゲームマスター

ゴースト

スタッフ・キャスト

スタッフ
脚本:伊藤和典 / 音楽:川井憲次 / 撮影監督:グジェゴシ ケンジェルスキ / 美術:バルバラ ノバク / 衣装:マグダレナ テスワフスカ / ビジュアル・エフェクト・スーパーバイザー:古賀信明 / デジタル・アート・ディレクター:林 弘幸 / 音響デザイナー:井上秀司+ランディ トム / 制作:デイズ / 製作:バンダイビジュアル+メディアファクトリー / 製作:電通+日本ヘラルド映画 /

キャスト
アッシュ:マウゴジャータ フォレムニャック / アッシュ:財前直美(日本語吹替版) / ゲームマスター:ヴァディスワフ コヴァルスキ / ゲームマスター:日下武史(日本語吹替版) / マーフィー:イエジ グデイコ(声:木下浩之) / ビショップ:ダリュシュ ビスクプスキ(声:大塚明夫) / スタンナ(日本語吹替版ではスタナー):バルテック シヴィデルスキ / スタンナ(日本語吹替版ではスタナー):山寺宏一 / 受付の女:カタジナ ヴァルギエヲフスカ / 受付の女:范 文雀(日本語吹替版) / ジル:アリシィア サプリック(声:田中敦子) / 九姉妹のマーフィー:ミハウ ブライデンヴァルド(声:大川透) / ゴースト:ズザンナ カシュ /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}