動画が再生できない場合はこちら

黒神 The Animation

53

5

2

5

1

5

運命が、人を破壊する…

幸福も不幸も、そして人の命までも『運』が支配する世界…。幼いときに母を失った高校生の伊吹慶太は、ある夜、クロと名乗る少女と出会った。彼女は、身体能力や寿命などが人間を遥かに超越している「元神霊」だった。これは、人間の少年、慶太と「元神霊」の少女、クロが出会ったことにより始まる戦いの物語である…。

エピソード一覧{{'(全'+titles_count+'話)'}}

(C)林達永・朴晟佑/スクウェアエニックス/サンライズ・バンダイビジュアル

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(18件)

こういうのも有りかと

弾の撃ち合いで「ドカーン」、刀剣で切られて「斃れる描写」
コレらもアニメ作品と言えば当たり障りの無い描写では、有るけれど

普通に殴って殴られる描写のアニメって、暴力行為の奨励風に見えるからか、少ないけど、
「戦いはカッコいい」とか、「悪は滅びろ(倒せば正義)」とか感じさせない
泥臭い戦いも、有りでは無いかと思いますね。
この年代のアニメとしては、良作品ではないでしょうか?。

韓とか日とか傾いていると、マトモな評価にならない場合もあるので視聴する際には偏見を捨てて
みるのも大事だと思いますよ?

息をつかせぬ展開で最後まで、ですが

コメントを見ても評価の分かれている作品ですが、全体的に見ればさすがのサンライズ品質。物語の方は、後半少し過ぎるくらいからぐっと緊張感を増して、一気に最後まで見せてくれます。

とはいえ、最初から最後まで殴る蹴るが続き、人死にも多い上、物語の世界を支配するシステムがそれなりに酷いので、その方面が苦手な方は用心が要るかと。

うん。。

絵はキライじゃないけど・・
やっぱ女の子がガンガン殴られてるのはちょっとな。。
耐えれませんでした(T△T)
そういうの好きなら見れるのかなぁ。
後半まで見たら変わるかもしれませんが、私は途中で終了しました。
まぁ感想は人それぞれですからね~

ネタバレあり

最悪!

女の子をボコるシーンなんて最悪だね!
韓国人の作者と、聞いてたけど、やり過ぎじゃねーの!

良作

後半は、良かった。

面白かったぁぁぁ!!

漫画でも大好きで、アニメもかなり面白かったです。見るたびにハマっていって、最後まで目が離せませんでした!本当に面白かった!黒神最高!

面白かった~

観るものなかったから、とりあえず観てみただけなんだけど、最後まで一気見しちゃいました。
面白かった!

イヤボーンの法則

ヒロインがピンチに陥り「イヤァッ!!」と叫んで、眠っていた能力が覚醒して敵の頭がボーンと吹っ飛ぶ。
「サルでも描けるまんが教室(サルまん)」で定義された「イヤボーンの法則」連発。
サルまんを読んだ方にお勧め。女の子をボコるリョナあるもよ!

最悪の人間関係

なんで、片方が命令を下して、片方がその道具のように戦ってという形なんだ?
そういう扱いが非常に気分が悪い。

ヤングガンガンで読んだことあるけど。

韓国人のマンガ家が描いている作品だということは分かっていたけど、最初から、ストーリーが複雑で分かりにくい。

ネタバレあり

最近こんなのばっかり

やたら胸のデカイ女。俺様なしゃべり方をするドール系美少女。運命に立ち向かい傷つきながら戦う少女。そして、他人と深く関わることを避ける主人公の少年。どこかで見たような設定です。
それに、女の子がボコられまくるシーンが多すぎて、正直見ていてウンザリします。必死で戦う姿を表現しているのでしょうが、女の子の顔をグーで殴ったり足で蹴りつけるというのはね。原作者にサディスティックな傾向があるのでしょうか。

ストーリー的には悪くないのですが、キャラ設定や戦闘シーンがマンネリ過ぎ。何だか、最近こんなアニメばかり。視聴者の嗜好が偏ってきているというより、制作サイドの思考が偏執的になってきているような気がします。

ネタバレあり

折角の

良い格闘エフェクトが契約覚醒後に活かされないとゆう
1話の乗りで最後まで行って欲しかった・・・

ネタバレあり

うん、

新しい技、もう少し出して欲しかったなぁ。
一気に観るとなると絶対飽きると思います、そういうのを楽しむ作品でもないですけどね。

これはこれで

良い作品と思います
戦闘に関しては良し悪しあるが
契約者との絆がメインであり
最後は自分的には
綺麗に終わっていて
結構良かったです

ネタバレあり

・・・。

話がやたらチープですね・・・見ていて残念でした。

他の原稿者同様に苛立場面もありましたが、信じる強さを観れた気がします。

ネタバレあり

なんで・・・

なぜ殴ってばかりなのだろう?なぜ、契約者は安全に突っ立っているだけなんだろう?銃で契約者を倒せば終わりだと思うのだが。というかなぜ、裸になる必要があるのだろう?アニメとはいえ、ちょっとねー。
不思議な感じのする、結構精神力の鍛えられるアニメだと思います。

ネタバレあり

ひさびさに・・・・><

主人公にイライラする作品でした。エヴァでいうとシンジに近い。
もっと性格のいい主人公(男)であってほしい。。。

見どころ

原作は林 達永、朴 晟佑の漫画。サンライズと小林常夫監督が高クオリティの映像でアニメ化、日米韓同時展開を実現。主人公の慶太は元神霊(もとつみたま)のクロと名乗る少女と出会い、心臓を交換することで「契約」を結び、「同じ顔をもつ人間が出会えば死ぬ」という「ドッペルライナーシステム」で世の中を支配しようとする勢力との戦いを開始する。本来ありえない「サブ」との契約でクロは苦戦するが、2人の成長とともに心の絆が深まり、奇跡的なシンクロを果たしていく。この壮大な世界観と成長ドラマが最大のみどころ。殴る・蹴ると肉弾戦ベースのバトルは重力など物理的にしっかりとした作画で描かれ、華麗なエフェクトが彩る映像は大迫力だ【アニメ評論家 氷川竜介】

キャラクター

クロ

清き処より東京へやってきた元神霊の少女。人間に比べて身体能力が高く、素手での格闘を中心とした戦い方が得意。ある事件をきっかけに慶太と契約を果たす。

伊吹慶太

湾岸のマンションに1人で住む高校2年生。ひょんなことからクロに出会い、契約者となる。幼いときに母を失っている。

佐野 茜

慶太の幼なじみ。現在は銀行に勤務している社会人で、いつも慶太を気にかけており、何かと面倒をみている。突然現れたクロにとまどいながらも優しく接している。

プニプニ

クロと行動をともにしている犬。食欲旺盛。

エクセル

欧州の元神霊連合組織ザ・ノーブル・ワン(TNO)に所属する少女。シュタイナーの契約者。テラを感知する能力があり、遠くの元神霊の動きを察知することができる。

シュタイナー

欧州の元神霊連合組織ザ・ノーブル・ワン(TNO)に所属する元神霊。ゲルマン・ハイ・カウンシル一族の出身。元神霊の中でも高度な戦闘能力を持っている。

蔵木大地

慶太の中学時代の同級生。自らの運命を自分の思う様に捻じ曲げようという強い意志を持つ。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:林 達永+朴 晟佑 / 掲載:ヤングガンガン / 刊行:スクウェア・エニックス / 監督:小林常夫 / シリーズ構成:吉田玲子 / キャラクターデザイン・総作画監督:西村博之 / 美術監督:吉原俊一郎 / プロップデザイン:宮本 崇 / 色彩設計:安部なぎさ / 撮影監督:和田尚之 / 編集:内浦良典 / 音響監督:菊田浩巳 /

キャスト
クロ:下屋則子 / 伊吹慶太:浪川大輔 / 佐野 茜:大原さやか / プニプニ:冬馬由美 / エクセル:田村ゆかり / シュタイナー:中田譲治 / 蔵木大地:日野 聡 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}