動画が再生できない場合はこちら

爆裂天使

34

0

1

3

2

3

地獄からやってきた4人の少女。
彼女たちは何者なのか、そしてその目的は何なのか・・・
知る者は誰もいない。

近未来、治安は乱れ、「銃と力が正義」の無法地帯と化したTOKYOー。悪党や犯罪組織の非道が横行する中、彼らが名前を聞いただけで震え上がる、謎の美少女仕事人たちがいた。ジョウ、メグ、エイミー、セイの4人である。潜入、諜報、ネットを駆使した情報収集と撹乱、国際シンジケートとのハードネゴシエイト、そして戦闘…。各々の能力を駆使して困難なミッションに挑む、素性も目的も定かでない4人の少女たち。混沌としたTOKYOを舞台に、都市の腐敗と謎の敵の陰謀に立ち向かう、“地獄から来た天使たち”の明日を賭けた戦いが、いま爆裂する!

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(9件)

全話視聴しました

OPかっこいい
メカデザインが良い
最後は釈然としなかったが・・・

ネタバレあり

奇天烈な脚本が多いような・・・?

繋がったストーリーの形式ではなく、
伏線や背景は語られていくが各話オムニバス方式に近い作品。

唐突に良く分からないキャラが出てきて不明瞭な理由で
物語が展開する事が多い。

あまり深いことを考えずに見るには良いかもしれない。

特に私が疑問に感じた事として
ジョウがサイボット相手に銃を撃ちまくるシーンが挙げられる。

このシーンは作中に非常に多いのだが全く効かない相手ばかりで
(機械相手に普通の銃が効く訳がない)
それが滑稽に思えて、テンションが下がった。

ネタバレあり

面白いけど・・・

西部劇風味の近未来アクション。
主人公の一人、ジョウがガンガン銃を撃ちまくるのが毎回爽快だった。

ただ確信犯的な肌や下着の露出などは個人的にあまり好ましくなかった。
最終回についても他の方のコメントにもあるように、なんだか尻切れトンボ。
コックの人もその名の通り、立場無し。

まあでも、結構楽しめました。お勧めします。

ネタバレあり

あれ??

戦闘物が好きなウチには毎回ワクワク物でした!

メグの拐われ具合は
「またか!!!」
って気分でしたがメグの意味深のラストには何か気になる…

ネタバレあり

うう~~~んどうなんだろう?

アニメの部分はそこそこだと思う。
だけどなんていうか、脚本とか演出のところがどうにもあれじゃないかな?
つうか、逆に原作を読んでみたくなったw

コックの少年は?

 メグ、さらわれ過ぎ。
 ラスト間近に2重にさらわれるとか、素晴らしいさらわれっぷり。
 そして、ラストは放置。

 解散チームが再集結して行方不明という、王道好きの私にはとても楽しめました。

 コックの少年は、何しに出て来たのだろう?

ネタバレあり

超おすすめ

女性キャラが多いが、決して萌えアニメではない。近未来を舞台に、かっこいいお姉さんが戦うアニメ。
見所は、美少女ガンアクションと、3DCGによるロボットアクション。

昔の作品なのに

作品が古いですが。大変面白いです。しかしながら、終わりが。

見所は…

見所はストーリーでもなく、キャラの露出でもなく、途中まで繰り出されるメグのコスプレで…
というのは冗談で22話と24話のバトルシーンはかなり出来が良いと思います。
しかし最終回のあの打ち切り臭はどうにかならなかったのかと…
というわけで評価3にしておきます

見どころ

制作集団GONZOは、一環して最先端の映像作品を作り続けてきた。しかも枠をはみでた暴れもの的テイストと茶目っ気を兼ね備えたような微妙なバランスの作品が多い。本作も、「世界トホホ映画劇場」という著書でもある大畑晃一が監督することで、突き抜けたおもしろさを硝煙と爆発、流血まみれの映像の中でしっかりと獲得している。無敵の美少女ガンマン、ジョウの持つ二丁拳銃はデザートイーグル、乗り込むロボットの名前はマカロニウェスタンから取ったジャンゴというあたり、すでに無法の臭いがぷんぷんと漂っている。なぜか必ずさらわれ縛られるメグをジョウは助けられるのか? 毎回、舞台やミッションが変わる中、大きな陰謀が明らかになる構成も楽しみのひとつだ。【アニメ評論家・氷川竜介】

キャラクター

ジョウ

(17才) 正体不明、凄腕の少女ガンマン。デザートイーグルを二挺持ち、その狙いは正碓無比。サイボット“ジャンゴ”の操作技能も第一級である。普段のテンションは低めで表情に乏しく、無愛想であるが、いざ戦闘時には凶暴な笑みを浮かべて豹変。身体に刻印を浮かび上がらせると、その勢いは誰にも止められない。趣味はホラービデオ鑑賞。通称は「地獄から来た天使」。

メグ

(15才) ジョウの迷惑をかえりみず、つきまとっている押しかけ助手。サポート役のはずなのに、いつも敵につかまっては縛りあげられてしまい、結果的に人質担当を演じている。手先の器用さを活かし、メカを扱うことも。どうやら過去、ジョウに助けられたらしい。

エイミー

(11才) ぬいぐるみ型パソコンを駆使し、あらゆるところにハッキングをしかける天才少女。コンピューターの扱いは一級で、コンビニに行くぐらいの気軽さで軍事システムへ侵入が可能だ。かわいい外見にだまされがちだが、毒舌の凄さも天下一品。

セイ

(19才) ジョウたちの仕事を世話するリーダー的役割、かつジョウたちが住んでいるトレーラーや、使用する兵器なども彼女が提供しており、スポンサーでもある。華僑系グループ「白蘭」の有力者の娘で、混沌とした努力争いが続くこの世界で、組織のためにジョウたちを使っているが、組織への忠誠と、ジョウたちへの友情の板ばさみに苦悩することも。

恭平

(18才) パティシエを目指し、料理学校に通う少年。調理師のバイトに出向いた先がセイのトレーラーだったのが運のツキで、彼女らの事件に巻き込まれる。食事の用意が終われば逃げるように帰るのだが、料理の腕を四人に見込まれてしまったため、毎回拉致同然にトレーラーに連れ戻されてしまう羽目に陥ってしまう。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:GONZO / 監督:大畑晃一 / シリーズ構成:志茂文彦 / キャラクターデザイン原案:白亜右月 / アニメーションキャラクターデザイン:堀内 修+神本兼利 / メカニックデザイン:海老川兼武 / セットデザイン:青木智由紀 / 美術ボード:佐藤豪志(KUSANAGI) / プロダクトデザイン:宇田整司 / カラーデザイン:甲斐けいこ / 3DCGIディレクター:金子友昭 / 3DCGI監修:川原智弘 / 美術監督:石渡俊和+真亜樹 / 撮影監督:北岡 正 / 音響監督:鶴岡陽太 / 音楽:西田マサラ / 音楽制作:ビクターエンタテインメント / アニメーション制作:ゴンゾ / 製作:爆天計画 /

キャスト
ジョウ:渡辺明乃 / メグ:豊口めぐみ / エイミー:高橋美佳子 / セイ:田中理恵 / 恭平:うえだゆうじ /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}