動画が再生できない場合はこちら

ぴたテン

20

0

0

0

0

4

私、美紗っス! どうもどうもっス!!
がんばってコタロー君のお役に立つっス〜!!

父親と二人で暮らす小学六年生、樋口湖太郎の隣に一人の少女が引っ越してきた。少女の名前は美紗。湖太郎に母親がいないことを知ると「私、コタロー君のお母さんになるッスよ!」と宣言して、何かと彼の世話を焼きたがる美紗。そんな美紗は、実は一人前になるために人間界へとやってきた半人前天使だったのだ…。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(4件)

漫画版とは違う結末だけど

ぴたテンの作風としてはこっちの方がハッピーなのでよいかな、、、まぁコゲどんぼっぽくはないかもしれないけど。2000年代の作品だけど、田村・沢城・釘宮と2010年代も活躍する声優陣が多いので、そういう意味でもおすすめ。あと、OPは神曲だと思います! カラオケでアニメ流れるし

ネタバレあり

くぎゅううううううううううううううううううううううううう

声豚向けのアニメかも。
キャラクターデザイン自体はそれほど個性的でもないし、可愛くもない。
作画に遊びもないし、それほど見てて面白いものでもない、はっきり言って良くない。
ただ、現在、人気の声優になっているキャストがたくさんいるので、それで楽しめる。

なかでも、ネコ耳の金髪同級生がめちゃくちゃキャラが立っている、釘宮ね。
この頃は、仕事を始めて4年目(正確には5年目か?)で、まだツンデレの女王って異名をもらってない頃なのよね。この作品の翌年にやったアルフォンス・エルリックなんかも良かったけどね。

もちろん、10年若い、田村ゆかりやゆかなも良いよ。今とぜんぜん変わらない安定感があるw。
でもね、釘宮のキャラが一番可愛くて、キャラが立ってて良いかな。
沢城みゆきはショタ声より、ロリ声のほうが好きなんです。「ダンタリアンの書架」なんか良かったな。

真の萌えアニメ、「萌え」とはこういうものだ

悪い人がいない世界、ほのぼのとして空気の中で巻き起こるドタバタなコメディ作品です。
そういった中で、時々トラブルやすれ違いも起こったりしてしまいますが、必ずハッピーエンドで終わるハートフルな作品になっています。
時々は笑え、時々は泣ける、見ていて優しくて穏やかな気持ちになれる名作です。

キャラはそれぞれ個性的で、みんな可愛く、そして、互いが互いを思いやれるような人たちばかりです。
声優さん方の作品にあった演技も素晴らしく、優しさに満ち溢れています。

「萌えアニメ」の定義は人によって違いますが、自分にとってはこの作品こそが「萌えアニメ」です。
お色気や下心がなく、可愛いキャラクター達がわいわいやっている、ただそれだけで心の底から癒され、時には感動できる、そんな真の「萌え」を是非多くの人に味わって頂きたいです。

ネタバレあり

ドタバタあり、心温まる話あり。

 全体としては、ドタバタと心温まる要素が半々といったところでしょうか。原作にあったトゲを抜いて、優しいテイストに仕上がっています。慈愛の精神でまとめられていると言っても良いでしょう。特筆すべきはラスト2話で、涙無くしては見られません。
 さて、本作の魅力の1つが、豪華な声優陣です。当時としても、十分な実力を持った方々が集まっています。一風変わった田村ゆかりさん、新人離れした沢城さんの演技力、ゆかなさんの柔らかいお声、等々が堪能できます。
 特に、紫亜さんは、ゆかなさんのハマり役であり、素晴らしいキャラになっています。優しさが人の形をしていれば、こんな様子だろうという紫亜さんに癒されることでしょう。

見どころ

原作は「デ・ジ・キャラット」のキャラデザインなどで知られるコゲどんぼによる同名コミックス。小学6年生である主人公の隣にいきなり引っ越してきた天使が巻き起こす騒動の数々。やや天然なヒロインの天使や主人公に想いを寄せる幼馴染みの猫耳少女など、キュートでかわいらしいキャラクターたちの会話シーンがたまらなく魅力的で、さりげないしぐさを見ているだけで癒されることまちがいなし。ラブコメとしても天然な中学生としっかり者の小学6年生という組み合わせは、今までありそうでなかったパターンでたまらなく新鮮で楽しませてくれる。(アニメライター:川田鉄男)

キャラクター

美紗

一人前になるために、人間界へとやってきた半人前天使の少女。樋口湖太郎のお隣に引っ越してくるや、何かと彼の世話を焼きたがる。美少女だが、言葉遣いはかなり特徴的。

樋口湖太郎

美紗に会うまでは普通の生活を送っていた、中学受験を控える小学六年生。早くに母親を亡くして身の回りのことを自分でやっているためか、大人びた性格。美紗の出現に大迷惑!?

紫亜

一人前になるために、人間界にやってきた悪魔の女の子。しかし性格は温和で働き者。美紗と同居して、献身的に世話をしてしまう。お目つけ役のニャーが頭を抱えるほどいい人だ。

綾小路 天

幼稚園の頃から湖太郎の親友で、クラスメイトの小学六年生。頭脳明晰・スポーツ万能で、女の子たちからの人気も高い。本人はそれを鼻にかけることもなく、フランクな性格だ。

植松小星

天同様、湖太郎の幼なじみでクラスメイト。幼稚園の頃に湖太郎の優しさに触れ、以来ずっと湖太郎LOVEを貫いている。しかし美紗の登場で、焦りを感じている今日この頃だ。

御手洗 大

由緒正しき御手洗家の嫡男。「大」と書いて「ひろし」と読む。成績がいつも自分より一つ上にいる綾小路をライバル視し、何かと挑戦してくる。美紗に出会い、一目惚れしてしまう。

御手洗 薫

大の妹。綾小路を兄の宿敵と知りつけ狙うが、勘違いして湖太郎を襲撃してしまう。ところが本物の綾小路を見るや、一目惚れ。おつきの忍者軍団を使って猛烈アタックする。

ニャー

紫亜のお目つけ役。猫の姿をしているが、かなりの力を持っている。悪魔らしくない紫亜に、頭を抱える毎日が続く。

早紗

美紗の姉で、天使試験を一回でクリアした優秀な天使。美紗に対しては何かと厳しいが、本当は心配でしかたがない。悪魔とは相性が悪く、特にニャーとは天敵である。

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:コゲどんぼ(メディアワークス刊) / 監督:川瀬敏文+佐藤雄三 / シリーズ構成:面出明美+小林靖子 / キャラクターデザイン:坂井久太 / 美術監督:西山礼児 / 色彩設定:児玉尚子 / 撮影監督:松田成志 / 編集:瀬山武司 / 音楽:七瀬 光 / 音響監督:たなかかずや / アニメーション制作協力:スタジオマトリックス / アニメーション制作:マッドハウス /

キャスト
美紗:田村ゆかり / 樋口湖太郎:沢城みゆき / 紫亜:ゆかな / 綾小路 天:斎賀みつき / 植松小星:釘宮理恵 / 御手洗 大:くまいもとこ / 御手洗 薫:野川さくら / ニャー:冬馬由美 / 早紗:岡村明美 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}