動画が再生できない場合はこちら

SOUL EATER ‐ソウルイーター‐

50

0

1

2

3

6

お前らの魂、見せてみろ!

死神武器職人専門学校、通称「死武専」。その生徒である「職人」と「武器」。その目的は、“99個の鬼神の卵と化した魂”と“1個の魔女の魂”を武器に食べさせ、死神様の武器「デスサイズ」を作ること。最強のデスサイズを目指してマカたち3組のコンビが、時にはぶつかり合い、時には助け合って成長していく…。
※許諾元の都合により最大帯域1.5Mbpsでの配信となります。

選りすぐりのアニメをいつでもどこでも。テレビ、パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できます。

特典・プロモ動画

  • 購入した商品の視聴期限についてはこちらをご覧ください。
  • 一部の本編無料動画は、特典・プロモーション動画に含まれることがあります。

お得な割引動画パック

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

購入済み

{{item.prodpart_txt}}

¥{{String(item.prod_tg + item.prod_zg).replace(/(\d)(?=(\d\d\d)+(?!\d))/g, '$1,')}}/{{Math.floor(item.dlvr_h/24)}}日間

カートに入れる
{{Math.round( 100 - ((item.prod_tg + item.prod_zg) / item.totalprice)*100)}}%OFF

関連作品

ファンの声(12件)

アニメも好き

原作は読んでたけどアニメは初めて最後まで見た。鬼神復活あたりで終わってたとなぜか思っていたんだけどちゃんと完結してたんですね、知らなかった……。
こっちのも素晴らしいと思う。原作よりやさしいせかいといった感じ。


そんなの知るかパンチ、世界一強いのやっぱ当たり前の最高さがある。
でも文字演出はそこまで好きじゃないです(個人的好みを最後につけるやつ~~~!)

ネタバレあり

感動涙の最終話

あの阿修羅をマカがどうやって倒すのか、感動の最終話が見所。あの華奢で細い小さな少女が最強の強敵に打たれても打たれても立ち向かっていく。倒したその瞬間、感動の涙があふれた。それも想定外だったので余計に感動が増す。ラストのもってき方が非常にうまい。それ以外にもキャラや題材が個性的で独特で面白い。声優陣はあの小山さんが死神、子安さんがエクスカリバー、意外だけどいい味出してる。OPもEDもいい曲、西川さんはやっぱりカッコイイ、OPでトミー6(元ブリグリ)の歌が聴けるのは嬉しいし貴重。見所聴き所満載、戦闘シーンもテンポがあって動きが速くて爽快、非常に良い作品。

ネタバレあり

変わり者のつぶやき

気楽に楽しめます。ところで、私は小見川さんの声とノリが凄く好きですが、そう思っているのは私だけみたい・・・。

凄い

映像的にも脚本的にも特筆するほどではないですが普通に面白いです。
ただ、この作品の主人公の声優さんは演技する気あるんですかね?
そこが気にならない人にはお勧めできると思います。

お勧めです

何気なく見始めましたが…
斜め上行くギャグに腹を抱えて笑い
超展開にハラハラし
まっすぐ過ぎるマカたちにイライラし
壮絶なラストバトルにドキドキし
爽快なエンディングに涙しました
特にギャグセンスとバトルシーンはたまらなく良いと感じます。
腐った大人の自分としては
若者たちの青い春の匂いににイラッと来ることもありましたが
お勧めします。
面白かった。


NOTから入りました。

NOTのパティとリズとは、違う一面が見れてよかったです。

マカのキャラ設定に不満

このアニメの主人公ってマカとソウルだと思うんですが
マカは優等生というキャラ設定に無理があったと思います。
優等生なら理論的な言動や行動が多少なりとも伴うところなのに
全話通してお利口さん要素少ないんですよ。
感情的だし激昂しやすく戦闘時の言葉遣いも汚い。
寧ろ敵の阿修羅の方が口調が穏やかで上品。
彼女ってグジグジ悩みを引きずったり、
魂の共鳴(?)の練習時上手くいかないと仲間に八つ当たりしたり
主人公なのに最後まで共感できませんでした。
マカの声優さんがどなたか存じませんが不快な要素の一つで
これも最後まで慣れることは無かったな。。
マカが主人公じゃなかったらハート4つでしたね。
主人公にイライラさせられるアニメは初めてだったので
DVDや本作を購入することは絶対に有りえません。

ネタバレあり

ソウルイーター

とにかく世界観とキャラクターの設定が面白い!!その独特の雰囲気故最初は一抹の入りにくさも感じると思いますが、一度浸かってしまうとその心地よさにまさしく魂を持っていかれるはずです!!
個人的にはデス・ザ・キッドのカッコよさと冴えない面の両方併せ持った所が大好きです!!

マカが格好いい。

最初の10話くらいがキャラクター紹介で退屈だったものの、その後ストーリーが走り出してからは飽きずに見られます。
マカが格好良く、クールでした。
アニメ映像の表現も良かった。

あと、エクスカリバーが最初は確かにうざかったのだけど、どんどんクセになりました。あはは、おかしい。

1つだけ除けば良い作品

マカの声だけがイライラするのは自分だけだろうか?
残念な作品。

Goood

久々の大当たりを引いた気分
2クール走り切れればサイコー

ハロハロ

マカの「大鎌さばき」がカッコいい。
ただ力任せに振り回しているわけではなく、作り手さんの「殺陣を丁寧に設定している」感じが伝わるので、第1話から華奢な体でいきなり大鎌を器用に振り回して戦う様に魅入ってしまう。
音楽も秀逸、個々の濃いキャラ設定。特にブラックスターの存在だけでもお腹いっぱいな感じになる。

見どころ

原作は大久保篤によるコミックス。死神様の武器「デスサイズ」を作るため死神武器職人専門学校(死武専)に通う武器職人の少女と、その武器である少年を主人公に、そしてその仲間たちの活躍を描いたファンタジー。原作コミックの持ち味である“にやけた太陽”などに代表されるシュールでサイケな背景も、CGなどを駆使して完璧に再現。また、軽快なテンポで展開するバトルシーンも見応えタップリで、その変幻自在なアクションは、これまでにない新しい視覚体験を与えてくれる。ダークなエッセンスを詰め込みながらも、やんちゃで明るい独特の世界観も魅力であるが、画面を彩るヒップホップを大胆に取り入れた劇中の音楽にも注目したい。(アニメライター:川田鉄男)

キャラクター

マカ=アルバーン

ソウルとコンビを組む鎌職人。浮気性な現デスサイズである父に反発し、父を超える鎌を作るため死武専に入る。成績優秀な上、性格は真面目で負けず嫌い、そして何より恐怖と戦う勇気を併せ持つ。

ソウル=イーター

“魔鎌”に変身できる武器の少年。マカとコンビを組み死神様の武器「デスサイズ」になるため、日々奮闘する。性格は皮肉屋でひねくれ者。だが、一方で常にマカを気遣うやさしい側面も持つ。

ブラック☆スター

椿とコンビを組む暗器職人。究極の目立ちたがり屋。死武専ではその性格が災いし1つも鬼神の卵と化した魂が取れない「万年0個の補習マニア」だが、天性の才能はトップクラスのもの。※☆は一筆書きになります。

中務 椿

“魔暗器”に変身できる少女。鎖鎌、忍者刀、手裏剣、煙玉の数種類に変身することができる。一見おっとりしているが、その内はとても芯が強く、そして包容力に溢れている。

デス・ザ・キッド

死神様の息子だが、後に死武専へ生徒として入学する。パートナーはトンプソン姉妹。その実力はソウルたちよりも頭1つ飛びぬけ、射撃を中心とした攻撃だけでなく接近戦もお手のものである。

リズ・トンプソン

キッドとコンビを組み、妹であるパティと“二丁魔拳銃”に変身できる。比較的まともな性格だが、お化けが大の苦手。

パティ・トンプソン

キッドとコンビを組み、姉であるリズと“二丁魔拳銃”に変身できる。能天気な、本能の赴くまま生きる性格だが、時折見せるキレた発言や態度はキッドでさえ逆らえない迫力がある。

死神様

死武専の学校長であり、この世界の実質的な神のような存在。昔はとても怖い容貌と言動であったが、子供たちに怖がられたため、今ではすっかりひょうきんなお面と言葉使いになっている。

ブレア

大きな胸と露出度の高い衣装が特徴的な女性。魔女っぽい風貌だが、その正体は魔力が強いただの猫である。その魅惑的な色香でソウルたちをいつも誘惑しているが、戦闘力はとても高い。

デスサイズ

現在最強の「武器」として存在する死神様の武器“デスサイズ”で、マカの父。本名スピリット=アルバーン。女癖が悪いため、マカの母とは別居中でありマカにも煙たがられてしまっている。

フランケン・シュタイン博士

現死武専の卒業生の中で最強の「職人」。全身つぎはぎだらけ、頭にも大きなねじがささっているマッドな容姿。「へらへら」と笑いながらいろんなものを解体しようとする危ないサディスト。

シド・バレット

ナイフ職人。元死武専教職員であり、職人の中でも最高ランクの「三ツ星」を持つ。一度死亡したが、シュタインによりゾンビ化して生き返った。生前と変わらぬ強さでマカたちに襲い掛かるが…!

メデューサ

魔女。体内に千匹の蛇を飼っており、それを駆使した魔法や技を使う。冷静沈着・非常に計算高い策略家。ある計画をひそかに進めており、後にそれは死武専を大混乱に陥ることになる。

クロナ

メデューサにいつも付き従う魔剣士。パートナーは“魔剣”ラグナロク。性別は不詳で、閉鎖的な子供。必殺技は、パートナーであるラグナロクとの悲鳴共鳴による「スクリーチα」など。

エクスカリバー

「聖剣」と呼ばれる伝説の剣。「悠久の洞窟」に安置されている。その剣を地面から解き放った者は「勇者」と呼ばれ永遠の栄光を与えられる…らしいのだが?

スタッフ・キャスト

スタッフ
原作:大久保 篤 / 掲載:月刊「少年ガンガン」 / 発行:スクウェア・エニックス / 監督:五十嵐卓哉 / シリーズ構成:大和屋 暁 / キャラクターデザイン:伊藤嘉之 / コンセプトデザイン:荒牧伸志 / メインプロップデザイン:星野 猛 / 美術監督:中村典史(GREEN) / 色彩設計:中山しほ子 / 撮影監督:宮原洋平 / 音楽:岩崎 琢 / 音響監督:若林和弘(フォニシア) / アニメーション制作:ボンズ /

キャスト
マカ=アルバーン:小見川千明 / ソウル=イーター:内山昂輝 / ブラック☆スター:小林由美子※☆は一筆書きになります。 / 中務 椿:名塚佳織 / デス・ザ・キッド:宮野真守 / リズ・トンプソン:渡辺明乃 / パティ・トンプソン:高平成美 / 死神様:小山力也 / ブレア:加藤英美里 / デスサイズ:大川 透 / フランケン・シュタイン博士:内田夕夜 / シド・バレット:木村雅史 / メデューサ:桑島法子 / クロナ:坂本真綾 / エクスカリバー:子安武人 /

注目!! みんなが作ったおすすめ動画特集 Pickup

{{mb.feat_txt}}
{{mb.nickname_txt}}

更新日:{{moment(mb.ins_t).format("YYYY/MM/DD")}}

{{mb.feat_txt}}

{{mb.featcmnt_txt}}